FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2014/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
トランスセンデンス
 人工知能の研究の第一人者であるウィルは資金集めのための講演をおこなった。一方、その他にも同じような人口知能を研究する人々もいる。その講演後、各地で研究所の研究員が殺されウィル自身も銃撃された。彼らを襲ったのはRIFTという組織でコンピューターによる人間の支配を阻止するという目的を掲げた団体であった。研究所ではジョセフという古い研究員がただ一人生きていた。一方ウィルは同じ研究をする妻のエヴリンと協力者のマックスとともにFBIのブキャナン捜査官を伴い、ウィルの開発した人口知能PINN(ピン)を見学する。しかしウィルの撃たれた銃弾にはポロニウムという放射性物質が塗られていて1ケ月でウィルは死んでしまうという。そこで、エヴリンはテロで亡くなった研究者の猿の脳をコンピューターにアップロードするという研究にすがることした。PINNの基板を持ち出しウィルの脳と同調させようとした。当初、協力していたマックスだが、土壇場でやめようと言いだし、追い出されてしまう。そんなマックスをRIFTのメンバーが誘拐する。そして、コンピューターと同期したウィル自身が神となって世界を支配するというが、単純にウィルの支配かどうかもわからなくなり、ただのコンピューターによる人間の支配になるのではという推定によるものだ。このことは、かつてマックス自身も懸念を抱き本に書いていたことだった。しかし、マックスの関心事は偏にエヴリンのことだった。ウィルの脳がアップロードされ、インターネットに繋がったのは、RIFTに襲われる直前だった。ウィルはすぐにネット上で進化を遂げ、エヴリンの持ち株が高くなるようにして資金を集めた。そしてエヴリンにコンピューターを通して、ある田舎町に行くように指示する。そして、彼はそこに一大ソーラーシステムで電力まかない、地下に量子コンピューターを設置させ、一年間でさらに巨大なシステムを構築していった。当初ゆがんでいたウィルの顔もすっかり鮮明にディスプレイに写るようになった。ウィルはネットであらゆる「障害者」の人々に呼びかけ、そうした人たちの治療をおこない、目が見えない人の目を見えるようにするという奇跡をおこす。つまり、iPS細胞研究の超先をいった治療をおこなったり、野菜の栽培をおこなったりした。ウィルもエヴリンも世界中から病気や飢餓をなくそうということで、もともと研究をはじめたのだった。一方RIFTはマックスも巻き込んで、ウィルたちが開発した町のすぐそばに拠点を置いて監視活動をおこなっていた。こうして、ウィルはどんどん力を増殖していき、彼によって治療された人々たちが、ウィルの下で働くようになっていた。そこで、RIFTとFBIとジョセフやマックスが中心になってウィルと対決する。
 前半の脳をコンピューターにアップロードするあたりは引き込まれた。AIのピンの成果とウィルの作り出した成果の違いがわからないまま、いたずらにウィルと彼のコンピューターを悪者にしているきらいがあると思った。そうした意味で、冒頭に多くの研究者を殺したRIFTの連中を逮捕しないばかりか、彼らと一体となってFBIがウィルとエヴリンを抹殺しようとするのもおかしいのではないか。マックスもエヴリンへの思いもあってRIFTに協力するのはわかる。しかし、ジョセフは自分の同僚たちを大勢殺した張本人のRIFTと手を組むというのも理解できない。病気や「障害」を治癒でき、飢餓も克服できるということがいけないのだろうか。このままでは、ウィルの意思を受け入れない者は抹殺されるとジョセフは言うのだが、それは確証なんてないのではないだろうか。しかも、ウィルは最後には自らの肉体まで再生したのに、それすらもエヴリンは否定する。こうしたあたりが、結局人間の命が不死となるというあたりが問題になるのだろう。それでも冒頭と最後に、5年後の様子が描かれていたが、インターネットは破壊されPCもガラクタになる一方、生態系も壊れてしまったというのだが、むしろそうしたことを生来させた責任はいったい誰にあるのだろうかという複雑な思いがよぎった。

監督:ウォーリー・フィスター
出演:ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、コール・ハウザー

2014年米・英・中映画   上映時間:119分
スポンサーサイト



プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -