FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2014/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
プラチナデータ
 冒頭、連続幼女殺人事件が発生する。この捜査に警察庁「特殊解析研究所」の神楽龍平が参加した。警視庁捜査一課の浅間警部補の見守る中、神楽は容疑者をずばり特定した。その容疑者を逮捕したのは、浅間たちだった。この「特殊解析研究所」によって作られたのは、DNA捜査システムだが、この開発には新世紀大学の水上利江子教授が協力し、天才数学者蓼科早樹と神楽によって完成したのだった。政府はさっそく、国民のDNAをすべて採取する法律を作った。ところが、蓼科早樹と兄の耕作が殺され、するとこの容疑者としてDNA捜査システムによって神楽が特定された。慌てて、逃げる神楽。しかし特殊解析研究所の志賀所長は東京都内に設置された監視カメラと連動した追跡装置を起動させるのだった。そして追われる神楽に特殊解析研究所の研究員の白鳥里沙が神楽に逃げるヒントをメールで知らせる。一方警視庁の浅間は神楽を追う。そして、神楽の生い立ちを調べ、彼の秘密を知った。また、殺された蓼科早樹の過去も明らかになる。神楽と蓼科の二人が水上教授を介して親しかったことも明らかになる。そうしたなか、白鳥も殺されてしまう。浅間は自らが捜査した結果を神楽と二人で会うことで、確認することにする。すると、浅間は特殊解析研究所の志賀の差し金で捜査を外れるよう上層部から命令される。すると、またしても事件が起こる。
 プラチナデータとして国民のDNAをすべて採取し、このDNAをもとに犯罪捜査にあたるという設定だ。しかし、DNAの情報は単に犯罪捜査だけではなく様々な個人情報を網羅しており、究極の個人情報なのだ。それを、一元管理し、特定の人々のDNAはDNA捜査システムからはノットファフンドという「NF」という回答がでるようになっている。この領域には政官財のめぼしい連中の家族が入り、この捜査システムでは捕まらないようになっている。こんな差別的システムは到底受け入れられないが、これを稼働させるというものだ。しかも、開発した大学教授は財団を運営し、そのデータを使えば様々な分野で金儲けもできることになる。こんな社会は唾棄すべきものといえる。
 それと、何よりも多重人格とかの設定だけで観る気がそがれてしまう。しかも、ジャニーズの二宮などどれだけ逆立ちしようと、天才には見えない。AKBの一山いくらのお姉さんたちとともに退場してもらいたいものだ。本当にクォリティの低さが目立った。


監督:大友啓史
出演:二宮和也、豊川悦司、生瀬勝久、杏、水原希子、鈴木保奈美、

2013年日本映画      上映時間:134分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -