FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2013/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
終戦のエンペラー
 1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)マッカーサー元帥が厚木基地に降り立った。さっそく、皇居前の旧第一生命ビルに本部を構えた。そして、マッカーサーはフェラーズ准将に日本の開戦に関わり判断を下したのは誰なのかを調査するよう命じた。そこで、フェラーズはリストを作り、精力的に事情聴取を開始した。会ったのは、東条英機、近衛文麿、木戸幸一、関屋貞三郎らだった。一方、フェラーズはかつて大学の同級生で日本から留学に来ていた島田あやとつき合っていた。しかし、戦争が近づき彼女の父が病気になったため帰国してしまったのだった。それでも、忘れられないフェラーズは大学卒業後陸軍に入りフィリッピンに行く途中日本に立ち寄り、彼女と再会した。彼女は静岡の女学校で英語の代用教員として働いていた。彼女と会い、彼女の叔父である日本陸軍の島田大将の家を訪ね、日本軍の行動原理について語り合った。しかし、予想外に日米開戦が迫ってきており、二人は別れざるを得なくなった。そうして、GHQの一員として日本にやって来たフェラーズは専任の通訳の高橋に命じて密かにあやの行方を捜すのだった。そして、静岡にも行くが一面焼け野原となり、結局あやは空襲で亡くなっていた。
 マッカーサーに命じられた調査を進め、ようやく皇居で関屋に会うことができた。彼は、天皇が開戦をめぐる御前会議で明治天皇の短歌を吟じたという。それは、戦争に反対するというものだという。しかしながら、文書での証拠はまったくなく、一旦はフェラーズは天皇に責任をとうという結論に達する。しかし、そんなところに木戸がやって来て、実は終戦にむけての会議で最終的に天皇の決断で降伏が決まったこと。そして、国民に自らがポツダム宣言を受け入れることを語りかけるための録音をおこなった。しかし、陸軍を中心にその録音盤を奪おうと武装して皇居に乱入した。幸い、録音盤は無事で敗戦になった。この話を基にフェラーズは天皇に責任はないという報告をおこなった。そして、ついにマッカーサーと天皇の会談が実現した。
 冒頭のマッカーサーが厚木に到着し、GHQの本部に向かう時、日本の軍隊がマッカーサーに対して後ろ向きに敬意を表すという場面は違和感があった。マッカーサーは米大統領選挙に出馬に意欲的で写真を撮りまくっていた。一方アイゼンハワーもまた大統領を狙っていて、その後マッカーサーの側近だったフェラーズは准将から大佐に降格されたという逸話も、こうした政治の反映なのだろう。結局、アメリカはソ連の影響を排し、自らの陣営に置こうという背景もあって、天皇の戦争責任を回避した。しかし、現実は天皇は11回もマッカーサーと会っており、そこには巷間言われているところとは、違っているという学者もおり、こちらの方がどうも納得がいく。


監督:ピーター・ウェーバー
出演:マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、初音映莉子、中村雅俊、西田敏行、桃井かおり、夏八木勲


2013年米映画       上映時間:107分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -