FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2012/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
宇宙人ポール
 グレアム・ウィリーとクライヴ・ゴリングスの二人の英国人は、アメリカで開催されたコミコン・インターナショナルに参加して、後は有名なエリア51を含めたUFO関連の西部地域をキャンピングカーで巡ることにした。グレアムはイラストレーターでクライヴはSF作家だった。二人は西部のカフェで休憩をし、エイリアン関連グッズのおみやげを買っていた。そこに、二人組の粗暴なおっさんが入ってきて、ビールを注文する。パフェを注文していたグレアムとクライヴに「お前らはよそ者のゲイか」と威嚇する。怖くなった二人は店を早々に出るが、誤って二人組の乗ってきた車にぶつけてしまうが、そのまま逃げてしまう。すると、誰も走っていない道路の後方から一台の車が猛スピードで追っかけてきた。あの二人組ではないかと、スピードを上げ、振り切ろうとしたが違う車だった。すると、追い抜いて行ったはずの車が急にスピンして道路の外に一回転して止まった。暗闇の中に、英語を話すエイリアンが出現した。びっくりしたクライヴは失禁して気を失った。エイリアンはポールと名乗り、60年前に不時着して助けられ、政府の秘密基地に幽閉されてから以降、米政府の様々な諮問に答えてきたのだという。ただ、最近になって、彼のもつ超能力を米政府が手っ取り早くゲットしようと、脳手術をおこなう計画があることを察知した。そこで、ポールは生まれ故郷の星に帰還しようと、米政府機関唯一の理解者の協力を得て、宇宙にコンタクトとし、UFOの着陸地点に向かう途中だったのだ。そこで、二人はポールに協力することにした。彼らはキャンピングカーが泊まれるドライブインにチエックインした。そこは、キリスト教原理主義の父子が経営していた。ところがドライブインの娘のルースは翌日ポールと会って、失神してしまった。やむなく、彼女も連れて旅にでることにする。ルースは、子どもの頃から左目の視力が失われていた。それを、ポールが治療して、視力を回復させた。あわせて、それが奇跡ではないということを、テレパシーで伝え、彼女の信ずるキリスト教原理主義の非科学的なことを解明してみせたポールだった。宗教の呪縛からあっという間に解放されたルースは、言葉使いから行動まで普通のアメリカ娘に変貌をとげグレアムと恋仲になってしまう。一方、ポールに逃げられた米政府機関では責任者のビッグ・ガイの命令でポールを捕まえるか殺すという任務を帯びたゾイル捜査官が追跡し、彼の部下二人も捜索にかり出されていた。目的地まで近づくと、ポールはある家に寄っていきたいという。そこは、60年前にポールを助けてくれた、少女が住んでいた家だった。彼女は見たままを話したのに嘘つきといわれ、近所とは交際せず孤独に暮らしている老婆となっていた。しかし、そこにも捜査官の手が回っており、銃撃戦の末何とか約束の場所に到達する。
 「ET」から始まって「未知との遭遇」などのアイディアをスピルバーグ本人がポールから聞くというくだりや、Xファイルのアイディアもすべてポールからのものということになっている。それと、アメリカの西部はけっこう保守的で「外国人」はエイリアンと呼ばれ、キリスト教原理主義者が多く進化論を否定し、学校にも行かないという子もいる。そうした風土を思いっきりパロッていて、笑えた。スラングに大麻までやるエイリアンはアメリカ人よりアメリカ人ぽかった。


監督:グレッグ・モットーラ
出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、 ビル・ヘイダー 、シガーニー・ウィーバー


2011年米・英映画   上映時間:104分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -