FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2012/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル
 IMFエージェントのトレヴァーはブダペストで、「コバルト」というコードネームの男に渡されることになっている秘密ファイルを奪うために待機していた。簡単な任務のはずだったが、このファイルを狙う組織が乱入し、銃撃戦となる。一旦はファイルを奪ったものの、トレヴァーは女殺し屋サビーヌ・モローによって殺され、ファイルもとられてしまう。そこでIMFは、ロシアの刑務所に囚われていたイーサン・ハントを救いだし、コバルトの正体を探るようにイーサンのチームに命じる。そこで、ベンジーとともにクレムリンに潜入したイーサンはコバルトの狙うファイルを入手しようとしたが、一足先にデータは全て持ち去られた後だった。すると、イーサンと同じ周波数を使った別組織によって、クレムリンは爆破される。何とか逃げ延びたイーサンだったが、救助要請をすると、そこにはIMFの長官が現れた。彼はクレムリンの爆破がアメリカに仕業と誤解されているため、大統領がIMFを機能停止にするという「ゴースト・プロトコル」を発動させたという。それでも、長官はイーサンに孤立無援になってもコバルトの正体を探れという。すると、ロシアの諜報部隊から銃撃を受け、長官は死んでしまう。残されたのは、イーサンと分析官のブラントの二人だった。それでも、チームのジェーンとベンジーと最後に残った装備の積んである貨車から必要なものを入手した。そこで、コバルトがヘンドリックスというスウェーデン出身の核物理学者だということを解明した。ヘンドリクスは、人類の進化のためには核兵器による浄化が必要であると信じていた。そのため、核兵器発射制御装置をクレムリンに潜入しヘンドリクスは、人類の次の進化のためには核兵器による浄化が必要であると信じている。そこで、クレムリンに潜入し核兵器発射制御装置を盗んだのだ。その犯行を隠すためにクレムリンを爆破したのだった。そして、ドバイでトレヴァーを殺したモローが奪ったファイルこそがヘンドリクスの装置を機動するための暗号だったのだ。それをモローから、ダイヤモンドで譲り受けようとしていたのだった。イーサンたちもドバイに乗り込み、ヘンドリクスに暗号が渡らないように準備する。しかし、今一歩というところで、ヘンドリックスに暗号を奪われてしまった。次に、インドに飛ぶイーサンたち、そこでヘンドリックスと最後の対決となる。
 次から次へと、アクションが続く。相変わらずトム・クルーズのハラハラさせる展開から目が離せない。ハイテクが次々登場するが、それでも、最後には自らが走るというローテクが勝負になったり、殴り合いでの決着になる。そういう意味で悪役のヘンドリクスは殴り合ったり、スパイ顔負けのクレムリンへの潜入など、いくら悪学者でもマッチョすぎると思う。それにしても、ドバイの世界一の高層ホテルの窓は普通開かないため、ガラスを何枚も割ってしまうのは、危なすぎると思う。例によってあまり考えないで、ただただ画面を見てるしかないようだ。


監督:ブラッド・バード
出演:トム・クルーズ、ポーラ・パットン、サイモン・ペグ、ジェレミー・レナー、ジョシュ・ホロウェイ、アニル・カプール

2011年米映画   上映時間:132分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -