FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2012/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女と銃と荒野の麺屋
 荒野にある一軒の中華麺屋が舞台。冒頭、外国の武器商人の一行がこの店に立ち寄った。主人のワンは落馬をして腰を痛めていて家で寝ていた。ワンの若い妻と修行中の従業員のリーとジャオ、女性のチェンらが店にいた。そこで、ワンの妻は三連の短銃を買った。すると武器商はデモンストレーションとして大砲を荒野に放って出て行った。すると、しばらくすると風車を回した警察の一行が駆けつけてきた。彼らは大砲を放ったのは誰かと詰問した。しかし、ワンの妻は中華麺を振る舞いその場をごまかした。その夜、ワンのもとを警察のチャンが訪ねた。チャンは、ワンの妻とリーが浮気していると告げた。ワンは強欲で子どもの出来ない妻を暴力で虐待していた。妻は、長年の夫の暴力に耐えられず、銃で殺して後はリーと逃げようと考えていた。ワンは浮気した妻を許せず、チャンに二人を殺してくれと依頼して、多額の金を提示する。翌日荒野に出かけたワンの妻とリーが馬車のなかで、ワンから暴行を受けた傷の手当てをして、二人とも昼寝をしてしまった。チャンは現場に行くが、そこにあった短銃を見つけ、二人を殺さずに銃だけ持ち帰った。その夜、店の奥の金庫を置いた隠し部屋にいたワンを訪ねたチャンはワンに二人を殺したと言い、二人の所持品を証拠として示して金をせしめた。その際、チャンは持ち帰った銃でワンを殺してしまう。金庫の金を奪おうとしたが、そこに誰か来たのでチャンは帰ってしまう。その現場に来たのはリーだったが、ワンが死んでおり、銃が残されているのを見て、妻が殺したのだと思い込みワンの死体を荒野に埋めにいくのだった。肝心の妻は酒を飲み過ぎ寝込んでいた。今度は、ジャオがチェンとともに給料をずっと貰ってないことから、金庫から金を取りにやって来た。すると、そこにチャンが現れた。チェンは単身逃げるが、ジャオはチャンに殺され、金もすべてチャンが持っていった。しかし、ワンの死体がなくなっていたことに気がついた。すると、チャンはつぎの行動をおこなう。
 コーエン兄弟のデビュー作「ブラッド・シンプル」をチャン・イーモウがリメイクした作品。荒野に色をつけたように赤色や茶色が毒々しい。登場人物も緑やピンクといった衣服を着ており極彩色の感が否めない。また、麺屋の主人が金を貯めているのだが、荒野の麺屋には客がほとんど来ていない。オリジナルに比べリーがへたれで若い妻との関係も浮気というより、若妻に利用されているという印象が強い。それに、チャンは警官で切れ者という設定なのだが、どうにも行動がちぐはぐで、最後は強行手段に出るのだが、見た目と違ってドジな印象を受けてしまう。そういう意味で、オリジナルとは別物として見ないと、期待するとがっかりしてしまう。チャン・イーモウはやはり「初恋のきた道」や「サンザシの樹の下で」などの純愛路線がいいようだ。


監督:チャン・イーモウ
出演:ヤン・ニー、ニー・ダーホン、スン・ホンレイ、チェン・イエ、マオ、マオ

2009年中国映画     上映時間:90分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。