FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2012/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル
 IMFエージェントのトレヴァーはブダペストで、「コバルト」というコードネームの男に渡されることになっている秘密ファイルを奪うために待機していた。簡単な任務のはずだったが、このファイルを狙う組織が乱入し、銃撃戦となる。一旦はファイルを奪ったものの、トレヴァーは女殺し屋サビーヌ・モローによって殺され、ファイルもとられてしまう。そこでIMFは、ロシアの刑務所に囚われていたイーサン・ハントを救いだし、コバルトの正体を探るようにイーサンのチームに命じる。そこで、ベンジーとともにクレムリンに潜入したイーサンはコバルトの狙うファイルを入手しようとしたが、一足先にデータは全て持ち去られた後だった。すると、イーサンと同じ周波数を使った別組織によって、クレムリンは爆破される。何とか逃げ延びたイーサンだったが、救助要請をすると、そこにはIMFの長官が現れた。彼はクレムリンの爆破がアメリカに仕業と誤解されているため、大統領がIMFを機能停止にするという「ゴースト・プロトコル」を発動させたという。それでも、長官はイーサンに孤立無援になってもコバルトの正体を探れという。すると、ロシアの諜報部隊から銃撃を受け、長官は死んでしまう。残されたのは、イーサンと分析官のブラントの二人だった。それでも、チームのジェーンとベンジーと最後に残った装備の積んである貨車から必要なものを入手した。そこで、コバルトがヘンドリックスというスウェーデン出身の核物理学者だということを解明した。ヘンドリクスは、人類の進化のためには核兵器による浄化が必要であると信じていた。そのため、核兵器発射制御装置をクレムリンに潜入しヘンドリクスは、人類の次の進化のためには核兵器による浄化が必要であると信じている。そこで、クレムリンに潜入し核兵器発射制御装置を盗んだのだ。その犯行を隠すためにクレムリンを爆破したのだった。そして、ドバイでトレヴァーを殺したモローが奪ったファイルこそがヘンドリクスの装置を機動するための暗号だったのだ。それをモローから、ダイヤモンドで譲り受けようとしていたのだった。イーサンたちもドバイに乗り込み、ヘンドリクスに暗号が渡らないように準備する。しかし、今一歩というところで、ヘンドリックスに暗号を奪われてしまった。次に、インドに飛ぶイーサンたち、そこでヘンドリックスと最後の対決となる。
 次から次へと、アクションが続く。相変わらずトム・クルーズのハラハラさせる展開から目が離せない。ハイテクが次々登場するが、それでも、最後には自らが走るというローテクが勝負になったり、殴り合いでの決着になる。そういう意味で悪役のヘンドリクスは殴り合ったり、スパイ顔負けのクレムリンへの潜入など、いくら悪学者でもマッチョすぎると思う。それにしても、ドバイの世界一の高層ホテルの窓は普通開かないため、ガラスを何枚も割ってしまうのは、危なすぎると思う。例によってあまり考えないで、ただただ画面を見てるしかないようだ。


監督:ブラッド・バード
出演:トム・クルーズ、ポーラ・パットン、サイモン・ペグ、ジェレミー・レナー、ジョシュ・ホロウェイ、アニル・カプール

2011年米映画   上映時間:132分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
 17世紀のフランス、ルイ13世が王位を継承したが若くて、政治の実権はリシュリュー枢機卿が握っていた。その頃、ヴェネチアでは三銃士のアトス、ポルトス、アラミスがダヴィンチの遺したある設計図を捜していた。そこにはアトスの恋人ミレディも加わり、厳重な警戒を突破して設計図を手に入れたのだが、ミレディの裏切りによって、それは敵国イギリスのバッキンガム公爵の手に渡ってしまう。失意の内に帰国した三銃士だったが彼らの前に現れたのが、ダルタニアンという田舎から出てきた若者だった。彼の父はかつて、銃士として活動していた。その父の後を継ぐ銃士になろうとパリに出てきたのだった。彼らと偶然にも剣の試合をすることになるが、そこに枢機卿の護衛隊長ロシュフォールの一隊が現れ、彼らとの戦いになった。ところが、ダルタニアンと三銃士に彼らは叩きのめされてしまう。翌日、城に呼ばれたダルタニヤンたちは、若き国王に褒められ、すぐに意気投合してしまう。ダルタニアンはアンヌ王妃の侍女コンスタンスに恋してしまう。ルイ13世も王妃アンヌも互いに思い合っているのに、うまく気持ちを伝え合うことができないでいた。そんな折り、戦争中のイギリスから和平に向けた提案をバッキンガム公が持ってくるというのだ。そして、そこにはミレディも同行してきた。しかも彼らは、ダヴィンチの設計した飛行船に乗ってきたのだ。すると、枢機卿の下に現れたミレディにある密命が下された。ミレディは金で雇われる多重スパイだったのだ。今回は、王妃アンヌが英国出身でバッキンガム公と顔見知りということもあり、彼らに不倫疑惑を押しつけようというものだった。そのため、ミレディが密かにアンヌの寝室に忍び込み、バッキンガム公からの恋文を鏡台に隠し、ルイ13世から貰ったダイヤの首飾りをバッキンガム公に渡したということを書いてあった。ミレディはこの首飾りもまんまと盗み出してしまった。彼らの帰国後恋文が発見されて、アンヌへの疑惑が持ち上がる。そこで、枢機卿の入れ知恵で、舞踏会を開催し、アンヌに首飾りを付けるように命じた。アンヌの危機を救うため、侍女のコンスタンスはダルタニアンにミレディとバッキンガム公に盗まれた首飾りを早く取り戻して欲しいと懇願する。そこで、彼らはイギリスに行くことにする。しかし、枢機卿はでっち上げのスキャンダルを使い、ルイ13世を追い落とそうともくろんでおり、ダルタニアンたちの渡航を阻止しようと、ロシュフォールたちがやって来た。何とか逃れ、英国に着いた一行は、バッキンガム公の飛行船を奪いミレディとともにフランスへ戻ろうとするが、今度はロシュフォールたちがフランスでも作っていた飛行船で迎撃する。
 何とも破天荒な内容になっている。17世紀に飛行船などありえないし、「マトリックス」のような弾丸をさけたり、「エントラップメント」のレーザーバリアを避けたりといったオマージュも使いながらミラ・ジョヴォヴィッチが暴れまくる。いわば悪役なのに、オーランド・ブルームとともに目立ちすぎ、主人公のダルタニアンが若すぎて、あまりぱっとしない。次回作があるのか、わからないがCGで派手にしすぎという感は否めない。本当は、この時代「鉄仮面」の頃なのだから、もっと暗く地味だったんだろう。


監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ローガン・ラーマン、オーランド・ブルーム、ミラ・ジョヴォヴィッチ、マシュー・マクファディン、レイ・スティーブンソン、ルーク・エバンス

2011年仏、米、英、独映画  上映時間:110分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

インモータルズ 神々の戦い
 かつて、天空で神々の闘いがあり、敗れたタイタン族はゼウスたちに地底に封印されてしまった。そして、ギリシアの人々はゼウスたち神への信仰を持ち平和に暮らしていた。そこに、ギリシアを滅ぼして世界支配をたくらむ邪悪な王ハイペリオンが攻め込もうとしていた。そんななか、貧しい農夫のテセウスは母とともに暮らしていた。彼は師と仰ぐ老人から剣や槍の使い方を学んでいた。ハイペリオン軍が近づいたという報を受け、非戦闘員は避難するよう指示があったが、貧しい人々は翌日に回され、しかも護衛がつかないということを聞いたテセウスはギリシア軍に抗議する。しかし、セテウスや彼の母アエスラを侮辱する軍人に立ち向かい、あっという間に制圧してしまう。それを見ていた指揮官は、セテウスに軍に入り一緒に闘おうと誘い、セテウスに暴言を吐いた男を軍から追放してしまう。ただ、ハイペリオン軍の動きは早く、セテウスの町も攻め込まれてしまう。逃げ遅れたアエスラはハイペリオンに捕まり、セテウスの見ている前で殺されてしまう。落胆したセテウスもハイペリオン軍に捕まり、奴隷とされた。一方、セテウス、の師だった老人は、ゼウスが変身していたことがわかる。しかし、彼は人間の闘いに神は干渉できないとして娘のアテナたちに言い聞かせる。ハイペリオンはタイタン族を解放するにはゼウスの封印を解くためのエビロスの弓を手に入れなければならないのだった。しかし、この弓もまた封印され、誰もその保管場所を知らない。そこで、ハイペリオンは、神託所の未来を予知できる巫女たちを捕まえた。そこで、巫女のパイドラと会ったセテウスは彼女の導きで脱走する。そして、わずかな人々と故郷に帰ったセテウスは母の弔いをするなかで、偶然エビロスの弓を見つけた。それを持って、ハイペリオン軍との決戦の場に向かうが、途中彼らの放った刺客や罠に陥り、苦戦をしその間にエビロスの弓を奪われてしまう。この弓を持ったハイペリオンは大軍を率いてギリシアを滅ぼそうとする。そして、ハイペリオンの放った矢でタイタン族は蘇るが、彼らの制圧のためゼウスの軍団までもが降臨してくる。そして、ついにセテウスはハイペリオンと対決する。
 ギリシア神話を元にした作品は数多い。「タイタンの戦い」に続いて「タイタンの逆襲」も公開された。日本人としては、神といえば八百万の神で、キリスト教の唯一神よりは、ギリシアの神々の方がどちらかと言えば親近感がある。この作品では、ハイペリオン役のミッキー・ロークが出色だ。それと、「300」のチームによるCG画面もいい。ただ、拷問シーンは、やはり引いてしまった。とは言え、何かもの足りなさを感じてしまう。


監督:ターセム・シン・ダンドワール
出演:ヘンリー・カヴィル、ミッキー・ローク、ジョン・ハート、スティーヴン・ドーフ、フリーダ・ピント

2011年米映画    上映時間:111分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

アンネの追憶
 世界一有名な日記の作者アンネ・フランク。彼女がアムステルダムでの隠れ家での2年間の生活を経て、ゲシュタポに逮捕されてから亡くなるまでを描いた作品。冒頭1979年アンネの生誕50周年を記念して、家族のなかで唯一生き残った父オットーが娘の一生を講演で子ども立ち聞かせる。元々フランク一家はドイツのフランクフルトで生活していた。しかし、ナチスが政権を取りユダヤ人の迫害が始まった1934年3月、オランダのアムステルダムに移住した。ここでの生活が続き、13歳の誕生日に日記帳を貰ったアンネ。しかし、その直後、侵攻したナチスから逃れるため、父オットーの職場内に作られた隠れ家にフランク一家とペルス一家ら8人が住むことなった。彼らを支援してくれたのは、この会社で働くミープという女性だった。この隠れ家での生活は、日記に記されているように大変なものだった。2年間の隠遁生活は1944年8月にゲシュタポが踏み込み、終わりを告げる。一家はポーランドのアウシュヴィッツ強制収容所へと移送された。そして、男女に分けられ、収容所での暮らしが始まった。そして、アンネと姉のマルゴーはベルゲン・ベルゼン強制収容所に送られた。残された母エーディトは殺されてしまう。アンネはベルゲン・ベルゼンで、アムステルダムで小学校からの親友だったハネリと再会することができた。しかし、マルゴーが病気で亡くなり、アンネも力尽きてしまう。ただ、アウシュヴィッツにいたオットーだけが、ソ連軍が進軍してきて助かった。
 作家になることが夢だったアンネは、自らの日記がベストセラーになったことは知らない。それにしても、ナチスが戦争も終盤になってもなおユダヤ人の虐殺を止めなかったのは、ヒトラーの命令だけというより、ナチス上層部の人間性の喪失ということで説明がつくのか。このあたりについてユダヤ人ラビと学究のナチス将校との哲学論争として表現されている。ただ、製作がイタリアで作品中の会話が英語というのが気になった。        

監督:アルベルト・ネグリン
出演:ロザベル・ラウレンティ・セラーズ、エミリオ・ソルフリッツィ、モーニ・オヴァディア、バコニー・チッラ、スルディ・パンナ

2009年伊映画    上映時間:99分

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

アンフェア the answer
 警察病院占拠テロ事件解決後、雪平夏見は東京を追われ北海道、西紋別署刑事課で勤務していた。そこで、上司でもある一条と恋人関係にあった。一方、東京の警視庁管内で、ネイルガンによる連続殺人事件が起きていた。それは、容疑者ととして浮かび上がった人間が、次に殺されるという状況だった。そして、容疑者として上がったのが佐藤和夫だった。彼は雪平の元夫で、雪平が斉木から最後に手渡されたUSBメモリの解析をおこなっていた。そのメモリを雪平に渡すため、密かに北海道に来た。そこで、次は自分が狙われると言って、やはりネイルガンで殺されてしまう。発見されたネイルガンには雪平の指紋があった。緊急逮捕された雪平。しかし、そこに東京地検特捜部の村上検事が乗り込んでくる。ところが、村上は雪平によって人質にされ、警察から逃れ東京に行く。雪平の後を追った一条。東京では、村上が用意した隠れ家に身を潜めた。しかしそこには、連続殺人犯の影があった。そして、雪平がこの連続殺人犯に襲われた。その際、雪平が犯人の顔を爪でひっかき抵抗した。間一髪のところ、一条が雪平を助けるが、犯人は逃げてしまう。そこで、雪平は一条と警視庁で信頼できる山路、三上とともに焼肉屋で話し合う。その後、まったく無関係の女性がネイルガンで殺されていた。胸には雪平ともみ合った時にとれてしまった十字架のネックレスがあり、犯人から雪平に返すというメッセージだった。今度は、三上にDNA鑑定をしてもらった皮膚から容疑者として浮かび上がった住所を調べた雪平が、犯人の外出中に家に忍び込んだ。そこで、遺留品から殺人犯との確信を深めた。そしてここで、犯人と遭遇し雪平はネイルガンで殺されかける。この後、佐藤の殺害犯もわかり、警察の巨悪に連なるメンバーの正体がわかる。
 結局、巨悪はアンフェアが常態化している。しかも警察内部だけではなく、検察にもつながっていたということがわかった。とは言え、原作はあるものの、テレビシリーズからあまりに時間がかかりすぎて、こんな結末にはがっかりしてしまう。だいたい、雪平が北海道警に移動するなどあり得ない。都道府県をまたいで移動するのは、警察庁の人事で、基本はキャリア組で都道府県採用組では警視正以上でまれに出向組で警部か警視が警察庁の職員となることがある。だいたい、裏金といえば北海道警といったあたりがすでに、時代遅れと思う。前作からのUSBメモリつながりになるが、結局思想も何もない欲に駆られた連中といった情けなさ。これと同様、連続殺人犯もハリウッド映画のモノマネで、チープすぎる。本当にがっかりしてしまった。


監督:佐藤嗣麻子
出演:篠原涼子、佐藤浩市、山田孝之、阿部サダヲ、加藤雅也、大森南朋、寺島進、香川照之

2011年日本映画   上映時間:109分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

一枚のハガキ
 太平洋戦争の最中、広島から招集された海軍の100人の中年兵は、奈良県天理市の天理教の宿舎の掃除をさせられていた。約一月で見違えるように掃除を済ませ、予科練の宿舎として使用することになった。次の任地は上官のくじで決めるという。松山啓太ら6人は幸運にも宝塚にいくことになったが、同部屋の森川定造はフィリピン行くことになった。運命の分かれ目となったくじ引きだったが、森川は松山に妻からきた一枚のはがきを見せてくれた。そこには「今日はお祭りですがあなたがいらしゃらないので 何の風情もありません 友子」と書かれていた。森川は「返事を出したいが、検閲で言いたいことを書いても消されてしまうから、書かない。俺が死んだら、このはがきを妻に届けて、確かに俺はこのはがき読んだと伝えて欲しい」言うのだった。そうして、森川は戦地に向かうが、戦死をしてしまう。残された森川の両親は、友子に定造の弟三平と結婚してこの家にいて欲しいと懇願する。それというのも両親は体が弱く、小作として極貧の生活をしていたからだ。友子は言われるままに三平と結婚するが、それもつかの間今度は三平に召集令状が届いた。こうして、三平も戦地に赴くが、彼もまた戦死してしまう。すると、こんどは舅の勇吉が倒れ、あっけなく死んでしまう。後を追うように姑のチヨが縊死してしまう。一人取り残された友子はそれでも必死に生きていく。敗戦の後松山啓太は故郷の港町に復員したが、家は空っぽだった。伯父から聞いた話では啓太の妻美江と父親が不倫の末、家を出て行ったという。自暴自棄になった啓太は新天地のブラジルで生活しようと決意する。そこで、荷物の整理をしていて森川のはがきを見つけ友子の家を訪ねることにした。山間の家を訪ね、友子に定造と自分の運命の分かれ目がくじだったことを伝えた。友子は「何であなたは生きているの」とくってかかる。しかし、啓太も自分だけ生き残ったことに十分罪悪感を持っていて、友子の責めることばにうなだれるだけだった。心づくしのごちそうでもてなしてくれた友子の言葉に甘え、一晩泊まることになった啓太。翌日の朝、村の総代で友子に横恋慕し、「めかけになれ」と言い寄っている泉屋吉五郎がやって来て、啓太にからむのだった。表へ出ろと言い放った啓太は、吉五郎ととっくみあいを始め、吉五郎を投げ飛ばししまう。けがをした啓太を看病しながら、啓太のこれからの話を聞き、一緒にブラジルは行こうという話になるのだが。
 この映画の撮影時99歳という高齢を押して演出した新藤兼人監督の実体験がベースになっているという。実際、戦死した人の兄弟と結婚するということはあったようだ。新藤監督の心から戦争は二度とやってはいけないという訴えがひしひしと感じられる。2004年の新藤監督の「ふくろう」でも大竹しのぶが好演していたが、葬儀用の鯨幕で作ったワンピースを着ていたが、今回も白と黒の模様のワンピースを着ていたのは単なる偶然ではないだろう。死者への哀悼の意味が込められていたのではないだろうか。


監督:新藤兼人
出演:豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政、柄本明、倍賞美津子、大杉漣、津川雅彦

2011年日本映画            上映時間:114分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

女と銃と荒野の麺屋
 荒野にある一軒の中華麺屋が舞台。冒頭、外国の武器商人の一行がこの店に立ち寄った。主人のワンは落馬をして腰を痛めていて家で寝ていた。ワンの若い妻と修行中の従業員のリーとジャオ、女性のチェンらが店にいた。そこで、ワンの妻は三連の短銃を買った。すると武器商はデモンストレーションとして大砲を荒野に放って出て行った。すると、しばらくすると風車を回した警察の一行が駆けつけてきた。彼らは大砲を放ったのは誰かと詰問した。しかし、ワンの妻は中華麺を振る舞いその場をごまかした。その夜、ワンのもとを警察のチャンが訪ねた。チャンは、ワンの妻とリーが浮気していると告げた。ワンは強欲で子どもの出来ない妻を暴力で虐待していた。妻は、長年の夫の暴力に耐えられず、銃で殺して後はリーと逃げようと考えていた。ワンは浮気した妻を許せず、チャンに二人を殺してくれと依頼して、多額の金を提示する。翌日荒野に出かけたワンの妻とリーが馬車のなかで、ワンから暴行を受けた傷の手当てをして、二人とも昼寝をしてしまった。チャンは現場に行くが、そこにあった短銃を見つけ、二人を殺さずに銃だけ持ち帰った。その夜、店の奥の金庫を置いた隠し部屋にいたワンを訪ねたチャンはワンに二人を殺したと言い、二人の所持品を証拠として示して金をせしめた。その際、チャンは持ち帰った銃でワンを殺してしまう。金庫の金を奪おうとしたが、そこに誰か来たのでチャンは帰ってしまう。その現場に来たのはリーだったが、ワンが死んでおり、銃が残されているのを見て、妻が殺したのだと思い込みワンの死体を荒野に埋めにいくのだった。肝心の妻は酒を飲み過ぎ寝込んでいた。今度は、ジャオがチェンとともに給料をずっと貰ってないことから、金庫から金を取りにやって来た。すると、そこにチャンが現れた。チェンは単身逃げるが、ジャオはチャンに殺され、金もすべてチャンが持っていった。しかし、ワンの死体がなくなっていたことに気がついた。すると、チャンはつぎの行動をおこなう。
 コーエン兄弟のデビュー作「ブラッド・シンプル」をチャン・イーモウがリメイクした作品。荒野に色をつけたように赤色や茶色が毒々しい。登場人物も緑やピンクといった衣服を着ており極彩色の感が否めない。また、麺屋の主人が金を貯めているのだが、荒野の麺屋には客がほとんど来ていない。オリジナルに比べリーがへたれで若い妻との関係も浮気というより、若妻に利用されているという印象が強い。それに、チャンは警官で切れ者という設定なのだが、どうにも行動がちぐはぐで、最後は強行手段に出るのだが、見た目と違ってドジな印象を受けてしまう。そういう意味で、オリジナルとは別物として見ないと、期待するとがっかりしてしまう。チャン・イーモウはやはり「初恋のきた道」や「サンザシの樹の下で」などの純愛路線がいいようだ。


監督:チャン・イーモウ
出演:ヤン・ニー、ニー・ダーホン、スン・ホンレイ、チェン・イエ、マオ、マオ

2009年中国映画     上映時間:90分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ヘルプ ~心をつなぐストーリー~
 1960年代前半、アメリカの南部ミシシッピ州ジャクソン、人種分離法(ジム・クロウ法)の下、白人以外の有色人種用の別施設が当たり前だった。そんな故郷に大学を卒業したスキータという女性が帰ってきた。彼女は作家志望で、地元の新聞社に就職した。スキータの地元の同級生たちはほとんどが結婚して子どももいた。白人の中産階級は伝統的に黒人メイドによって家事や育児をまかせていた。スキータもコンスタンティンという黒人メイドに育てられた。スキータの友人たちも、家事と育児は黒人メイドにまかせていた。ある日、スキータは同級生たちのコミュニティに参加して黒人メイド専用のトイレを家の外に作るということを友人のヒリーから聞いた。スキータはそうした友人たちの姿勢に疑問を持つ。そして、担当するコラムの参考にするため、友人の家で働くメイドのエイビリーンから話を聞くことにする。エイビリーンは何人もの白人の子どもたちを育ててきたベテランだ。しかし、白人親子間の愛情が欠如しているのではという疑問をもっていた。そんな彼女に、スキータから黒人メイドたちの本音を本にしたいとので協力して欲しいと持ちかけられた。しかし、差別が当たり前の状況下でそうしたことがばれると命の危険もあり、即決はできなかった。しかし、そんな時友人のメイドのメリーが嵐の中、外のトイレを使えといわれたのだが、竜巻起きていて、つい室内のトイレを使ったことで解雇されてしまう。それを契機にエイビリーンはスキータに自らの体験を語りはじめた。さらに、このあとある事件が起きて、協力者が増加した。そこで、メイドたちは堰を切ったように、苦しかった体験を語りはじめ、それをスキータが本にまとめた。時の公民権運動の盛り上がりもあって本は売れ、スキータはニューヨークで作家として新生活をはじめることになった。
 現在でも、フロリダ州で黒人少年射殺の白人自警団長が裁判もなしで釈放された事件が全米で注目されている。「ヘルプ」の時代から半世紀経っても、こうした事件が起きている。そうしたなか、公民権運動の盛り上がりとKKKの地元としてしられるミシシッピ-州を舞台に、当時の黒人メイドの人々の苦難の様がよく描かれている。時に、「クソ食らえ」という言葉が文字通りの意味を持つあたりは、大声で笑ってしまった。また、白人のなかでも、出身階層によって差別するのは、日常的に黒人たちを差別していることで、平気になってしまうということも描かれていて、人としての品位の問題として提起されていると思った。それと、ハッピーエンドとしていないあたり、メイド服のまま解雇されても気丈に歩いているラストは印象的だ。


監督:テイト・テイラー
出演:ヴィオラ・デイヴィス、エマ・ストーン、ブライス・ダラス・ハワード、オクタヴィア・スペンサー、ジェシカ・チャステイン

2011年米映画      上映時間:146分

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。