FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
エンジェルウォーズ
  1950年代のアメリカ。資産家の母を亡くしたベイビードールは妹とともに継父と暮らしていた。母の遺言は全財産は二人の娘にというものだった。それに怒った継父はベイビードールを手込めにしようとする。何とか逃れたベイビードールの前で今度は妹に襲いかかる継父。しかし、もみ合っている内に妹は死んでしまった。怒ったベイビードールは継父にピストルを向けたものの、引き金は引けなかった。それで、継父は金で言うことを聞く精神病院にベイビードールを強制的に入院させてしまう。すると、数日後にはロボトミーの手術をされてしまうというのだ。最初に彼女にゴルスキー先生が痛み苦しさから逃れるためには想像力で自らを癒やすのだという。すると、ベイビードールは時空を越え日本の寺院らしきところに迷い込み、そこで老師から日本刀を授けられ、自由になるための、5つのアイテムを手に入れるように指示される。そのバーチャルな場面ではベイビードールはセーラー服の戦士となるのだった。無事に帰還したベイビードール精神病院から売春宿に変わった世界に入り組んでしまう。そこでベイビードールはスイートピー、ロケット、ブロンディ、アンバーの4人とこの売春宿から逃げ出すためにアイテムを探し出すこのことに集中していた。売春宿ではベイビードールのダンスは魅惑的で、全員が見入っていた。その隙にアイテムを手に入れるのだった。他方5人は、別の時空を駆け、壮大なバトルを展開していた。こうして、次々にアイテムを手に入れるのだが、最後の彼女らの行動がばれてしまい、スイートピーとベイビードール以外は全て命を落としてしまう。二人は、精神病院の門前にたどり着くことはできたが・・・
主役のベイビードールはいかにも、小さくて可憐で、設定では20歳ということだが、自信がなさそうな雰囲気に包まれている。しかし、一端バトルの場面になるとたくましく変身する。それと、皆を魅了するというダンスは結局見ることはできなくて、少し心残り。最後も含め、全ては想像力の産物ということになるのだろか。想像力こそが、人間のパワーの源泉というこのなのか。余韻をのこす作品だ。



監督:ザック・スナイダー
出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャン

2011年米映画   上映時間:110分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -