FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
ツリーオブライフ
1950年代のアメリカのテキサス、中流の典型的な家庭で、オブライエンは3人の男の子どもを育てていた。ストーリーはほとんどなく、冒頭に、神に庇護されて生きるか世俗にまみれて生きるのかという類いのナレーションが入る。オブライエンは世俗の生き方を選び、妻は神の加護を受け貞淑に優しく子どもや夫に寄り添うのだった。しかし、長男のジャックは厳格な父が口うるさく注意するあれこれは、自らが守っていないではないかと反抗心をかき立てる。そうしたフラストレーションは弟へさまざまな形でぶつけられたり、クラスの女の子の家に忍び込み、下着を持ち出し、怖くなって捨ててしまったりする。しかし、こうした悪行は母の影響もあってか、彼の精神を甚く責めさいなむのだった。成人したジャックは、都会の喧噪のなかで、父にいわれ続けてきた「成功」をしているのだが、心は空虚で少年時代の事を思い出している。ストーリー的には特段流れはなく、ジャックと母親の神への思いが語られる。ただ、オブライエンの勤めていた工場が閉鎖され、生まれ育った家から転居を余儀なくされたり、次男が19歳で亡くなり一家で哀しみに沈みこむといったあたりが特筆されよう。
 ただ、神への思いが語られる一方、ビッグバンから始まって地球の誕生、生命と進化についてけっこうな時間をかけて再現している。さらに、テキサス時代には、オブライエン自身がオルガンを弾いたりバックにはブラームスやスメタナが流れたりする。しかし、後半は賛美歌や鎮魂歌が奏でられ、ジャックの夢想で死者とも遭遇する。総じて夢の積み重ねのような時と場所が自由に交錯するという映画だ。我々のようなキリスト教と無関係な者にはあまり理解はできない。そもそも、子に作品は監督の心象風景を自由に羅列したものなのだろうから。


監督:テレンス・マリック
出演:ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン、フィオナ・ショウ、ハンター・マクラケン
2011年米映画    上映時間:138分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -