FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2010/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
板尾創路の脱獄王
  1930年代の中頃、中国への軍事進出を狙っている時代、ほんの微罪で留置場や刑務所から脱獄する男がいた。名前は鈴木雅之と言い、胸に逆さの富士山の入れ墨があった。冒頭、いきなり収監された刑務所を数時間で脱獄してしまう。その手際よさに注目したのが看守長の金村だった。しかも、彼は看守たちによる脱獄への報復と予防のためと称しての理不尽な拷問にも耐え、時には反撃もしてみせる。そして、ほんのわずかな脱獄への手段は決して見逃さない。こうして、次々に脱獄を繰り返すのだが、逃げても意外に早く捕まるのだった。すると、脱獄の累犯は刑期を重くし、堅牢な刑務所送りにされる。一方、金村は法務省の官僚上羅から本省へ呼ばれ、出世した。世間では鈴木を呼び注目していた。次第に、戦争へ突き進んでいくころ、金村は新聞で鈴木が監獄島へ移送されることを知った。監獄島とは、孤島のなかに刑務所設備を置き、一度入ったら二度と出られないというところだった。そこで、金村は鈴木の移送に立ち会うことにした。それは、アルカトラズのようで刑務官たちは事があれば、銃を持ち出し島の中でのことは、まったくの治外法権とされていた。
 戦前の脱獄ものということで、吉村昭の「破獄」を連想していた。確かにいくらか参考にしたとは思うが、寡黙な鈴木が突然歌い出す歌が「ふれあい」であり、この時代をこえた歌の意味は何なのか、考えてしまう。当然、最後の脱獄を繰り返した理由ともからんでいると思う。また、鈴木が生まれた時のシーンは「修羅雪姫」と同様、監獄の中というのも思わせぶりだ。いっぽうで、拷問によって蛆がわくシーンや脱糞して針金を取り出すといったシーンがけっこうリアルで少しいやだったが、最後はお笑い芸人として、笑い飛ばすといったなかにこそ、板尾のねらいがあったのではないかと思う。なかなか面白かった。


監督:板尾創路
出演:板尾創路、國村隼、石坂浩二、ぼんちおさむ、木村祐一、阿藤快、津田寛治
2009年日本映画   上映時間:94分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

トロン・レガシー
  前作から数年が経って、エンコム社CEOとなったケヴィン・フリンは7歳の息子サムとケヴィンの両親の4人暮らしだった。サムの母親は、亡くなっていた。そんなある日、サムを寝かせてから出かけたケヴィンはそのまま行方不明となった。その後、エンコム社はケヴィンの親友でトロンをプログラムしたアランがCEOとなった。それから20年27歳になったサムは、新しくCEOに就任したエドワード・デリンジャー JrによるPC用のOS「ENCOM12」の発表の当日密かにエンコム社に忍び込みこれをネット上で無料開放した。その夜、アランがケヴィンからポケベルに連絡が入ったと知らされ、ケヴィンの経営していたフリン・ゲームセンターに行くことになった。そこにあった、コンピューターシステムは、サムをグリッドと呼ばれる仮想空間に転送してしまう。そして、いきなり、ゲームと呼ばれる格闘に巻き込んでしまう。何とか勝ち進むサムだが、格闘の際出血してユーザーであることがばれる。そこで、20年前のケヴィンそっくりのクルー2.0と対面する。そして、再びライト・サイクルによるゲームをすることになる。そこで、落車したところ、クオラという若い女性に助けられる。着いた所には、本物のケヴィンがいた。彼は、20年前にグリッドという仮想空間を作り上げ、クルーたちとともに完璧な世界の創造を目指していた。そこでつくられたアイソ-と呼ばれる第1世代のバーチャル人間を創ったものの、クルーによる反乱にあい、ケビンは現実世界との行き来が出来なくなってしまい、アイソ-を自らの手で消去してしまった。そこで、唯一生き残ったクオラとともに、隠遁生活をし、禅や囲碁といった東洋的な世界に入り込み、自らが動かないことによって、現実世界にグリッドの影響を及ぼさないよう自らを封じこめていた。しかし、サムは久しぶりにあった父親とともに現実世界に一緒に帰ろうと言い、秘策を練るのだった。
 前作を一応チエックしてみた。さすがに継承しているところは随所に見られた。ただ現実にもコンピュターの発達はすさまじく、現在の状況も踏まえたものになっている。ただ、3D化された作品しかなく、画面が暗く見終わって目が疲れてしまった。トロンの名前から坂村健氏のTRONプロジェクトを思い出してしまった。映画の方もさまざまなプログラムを基本的に無料開放しているが、前作同様新CEOのエドワード・デリンジャー Jr. が新OSで儲けようとしている姿は、前作に続きビル・ゲイツを彷彿させる。ともあれ、現実世界に来てしまったクオラは若いままでいることになるのかなと思った。それと、ジェフ・ブリッジスの30代の姿は「ベンジャミン・バトン 」で開発されたコンツアー・システムを使ってつくられたそうだ。


監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド、ブルース・ボックスライトナー、マイケル・シーン
2010年米映画    上映時間:126分

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

美代子阿佐ヶ谷気分
1970年代漫画家の安部慎一と美代子の同棲していた時代に描かれた短編の漫画が原作。いわば私小説漫画を映画化したもの。当時、注目された漫画誌ガロに連載された安部の作品は、わずか4ページで台詞のない作品もあった。安部は美代子をモデルに裸の写真を撮り、それを手本に作品を描くというスタイルをとっていた。そんな安部をとりまく作家志望の川本や池田との交流、さらには美代子が働くスナックの同僚真知子との浮気などが描かれる。ただ、真知子との現場を見られた安部は美代子に気がある川本とのSEXを強要する。こうしたなかで、次第に心の均衡を保てなくなり、酒に依存していく。正式に結婚した安部と美代子は子どもにも恵まれるのだが、得たいのしれない宗教にのめりこみ、ついに統合失調症を発病する。すると、美代子が生活面で全て切り盛りし、安部を支える。そんななか久しぶりに描いた作品をガロの編集者松田が手にとり、掲載を約束する。
 70年代のある種アナーキーな時代、上村一夫の「同棲時代」という劇画もあった。そんな、社会的背景もあってフーテンなどの若者も確かにいた。一方、学生運動も70年安保決戦を掲げ高揚しよど号事件を起こした赤軍派が注目された。これに対抗しようと三島由紀夫は盾の会を結成し、自衛隊市ヶ谷駐屯地に決起を訴え自決するという事件もあった。こうした社会の動きから、安部たちもけっして無縁ではないのだが、そんなところはおくびにもださないという、この作品はいまいち物足りない。


監督:坪田義史
出演:水橋研二、町田マリー、本多章一、松浦祐也
2009年日本映画  上映時間:86分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ロビン・フッド
 12世紀末イングランド王獅子心王リチャード1世の率いる十字軍遠征隊は10年にも及ぶ戦いからようやく帰途につき、フランスとの戦いをおこない、ある城攻めおとそうとしていた。この遠征部隊に、弓の名手がいた。彼はロビン・ロングストライドといい、勇猛果敢な働きをしていた。その戦いの最中、リチャード王はフランスの城から放たれた弓矢にあたり戦死してしまった。王冠だけは先にイングランドに持ち帰らなければならず、騎士のロバート・ロクスリーの一行が直ちに行動を起こした。しかし、リチャードの弟ジョンと乳母兄弟のゴドフリーがフランス王の命を受けロバートたちを待ち伏せ、王冠を奪おうとしていた。そこに、ロビンの仲間4人が通りかかり、王冠を手にし、ロバートの身代わりとしてイングランドに帰還した。そして、ロバートの故郷ノッティンガムに向かった。そこに待っていたのはノッティンガムの領主でロバートの父親ウォルターとロバートの妻マリアンだった。イングランドはリチャード王の十字軍遠征で疲弊しきっていた。しかし新しく即位したジョン王はゴドフリーを重用しさらなる重税を国民に課そうとしていた。一方ロビンはウォルターの提案でロバートの身代わりとなるのだった。やがて、ジョン王の過酷なやり方に反発する各地の領主たち。それは、フランス王にそそのかされたゴドフリーの策略だということが判明し、各地の領主たちと共に立ち上がるロビン。そして、彼の父との熱い思いがよみがえり、フランスとの戦いに赴くのだった。
 かつてのロビン・フッドのイメージを一新させるスペクタクル。さすが、グラディエータ-のリドリー・スコットとラッセル・クロウのコンビ。マックス・フォン・シドーやウィリアム・ハートは歳を重ね渋さも出ていて好演。エリザベスを演じたケイト・ブランシェットもがんばっており、楽しめた。ただ、後半マグナカルタを提起するあたりから、ロビンを再び名乗るあたりは、少し説明不足かなと思った。それと、ロビンといえば弓なのだが、見せ場はあるが、もの足りなさを感じてしまった。  


監督:リドリー・スコット
出演:ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング
2010年米・英映画  上映時間:148分

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

孤高のメス
 勤務していた病院で倒れた看護師の浪子は、そこの病院では対処できないということで、あちこちたらい回しの結果亡くなってしまった。その葬儀の際戻ってきた医師をしている一人息子の弘平は、母浪子の古い日記帳を見つけた。1989年の日記には、離婚して幼い弘平と二人暮らしのなか、仕事の愚痴がこぼしてあった。それが、ある日から変わってきたのだ。それは、浪子が当時勤務していたさざなみ市民病院に、当麻鉄彦という一人の外科医が就任した日からだった。当麻は着任早々、市内の病院から虫垂炎と誤診され、手術途中で回されてきた患者に対して緊急オペをおこなった。それは、浪子も目を見張る程鮮やかで、正確な手際だった。それは、これまでこの病院に勤務する京葉大学からきている医師たちの反発を招いた。彼らは慣例だけを重んじ、医療事故を恐れ何かあればすぐに京葉大学に搬送するというのが野本ら京葉大学のグループだった。しかし、当麻は何よりも患者の立場にたっていた。当麻の下でオペの道具を手渡す仕事をし、次第に当麻の人柄に打たれ勉強をするようになった。こうした当麻を信頼していた市長の大川が議会中に吐血して病院に運ばれてきた。大川は末期の肝硬変で、移植しか助かる道はなかった。心配する娘や親族だが肝臓移植には当時はまだハードルが高かった。しかし、親族からの移植は難しいという結論であった。すると、浪子の隣家で小学校の教師武井静の一人息子で大学の進学が決まった誠がトラックに轢かれて運ばれてきた。しかし、誠は脳死状態で回復の見込みはなかった。そんななか、静は当麻と浪子に生体間移植の申し出をおこなう。当時はまだ、法律的には問題があった。まだ日本では例のない事だが、当麻は移植の決意をする。すると野本らは警察やマスコミにこの事態を触れ回るのだった。
 現在では、脳死状態で直接本人の意志を確認することもなく、移植が日常的におこなわれることになっている。しかし、この映画の舞台となった1989年頃は、様々な制約があった。こうした中で医は仁術という患者本位の医師が主人公で、文字通り孤高の医師を堤真一が好演している。また、母子家庭で看護婦として頑張っている夏川結衣もよかった。手術場面の大胆に見せており、よりリアリティがあった。最後の場面もなかなか趣があった。


監督:成島出
出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、生瀬勝久、柄本明
2010年日本映画   上映時間:126分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

クレージー・ハート
 かつては、全米を一世風靡したカントリーソングの歌手バッドは57歳になっていた。しかし、音楽活動は続けていて、いわゆるドサ廻りを古いワゴン車を一人で運転して続けていた。数百キロの長旅を経てたどり着いたステージといえば、ボーリング場に併設されたバーのフロアーだった。そこのオーナーは彼の古くからのファンだという。それでも、場内は禁煙で、煙草をふかすバッドはバーでまずは一杯飲むが、注意をされたので、煙草をグラスに落として町に出た。バッドはかなりのアルコール依存症で酒屋に行くが、好きなウィスキーを買う金すら持っていない。それでも酒屋の主人がバッドに気づき、その酒をプレゼントしてくれる。そして、地元のバックバンドのリハーサルの呼びかけにも、ほとんど酔っ払い状態で、ようやく歌うという有り様だ。次の公演はサンタフェで、ピアニストのウェズリーから、姪が地元のローカル紙の記者をしているので、取材を受けて欲しいと頼まれる。久しく取材など受けたこともなく、いつでもいいと承諾した。そこに現れた記者はジーンという女性で、4歳の男のいるシングルマザーだった。親子程の歳が違うジーンは、バッドのことをあれこれ聞く。バッドはこれまで4回の結婚歴があった。そして、かつては弟子として、ともにステージに立っていたトミー・スウィートが現在ではトップスターになっていることもあって、そのあたりの話になると、一方的に話を止めてしまうバッド。それでも、ジーンと一夜をともに過ごし、ジーンの息子バディとも仲良くなってしまう。しかし、女としてのジーンはバッドに惹かれつつも、母親としてのジーンは躊躇してしまう。それでも、次の公演はフェニックスの巨大スタジアムだということが、マネージャーのジャックから電話が入った。何とそれは、トミーの前座だという。一旦は断るが、生活のためと割り切り、フェニックスに向かう。久しぶりのトミーは、バッドには恩師として感謝していることを伝え、新曲を作って欲しいと依頼する。その公演の後、自宅のあるヒューストンに向かう途中ジーンに電話をして彼女の所に寄りたいと伝えた。しかし、その直後事故で病院に担ぎ込まれた。怪我は足首の骨折だけだったが、医師はアルコール依存症をはじめ成人病に冒されおり禁酒と禁煙をしなければ、命の保証はないと宣告する。そこで、ジーンとともに休養をとり、ジーンとバディとの新生活を夢見るようになった。しかし、酒を止められないバッドはそのために失敗をしでかし、ジーンから愛想を尽かされてしまう。失意のなか、断酒をし人生をやり直そうと心を込めた新曲を作り上げたバッドだが。
 中高年でかつては多くのファンに愛され支持されたスーパースターが、孤独で酒浸りの人生を送っている様は「レスラー」で ミッキー・ローク演ずるランディと二重写しに見えるのはやむを得ない。舞台やリングに全てをかけ、日々の生活は酒と「女性」の刹那的で気ままなもので通してきたつけが重くのしかかってくる「老い」を目前にし、それでももう一度再起ををしようというのが本作。歌われる歌もなかなかいい。日本の映画のようにろくに歌を歌えないようなアイドルなどとは比べようもなく、 ジェフ・ブリッジスもコリン・ファレルも歌はさすがと言わざるをえない。アメリカでは歌えない役者はそもそもキャスティングされないという。それに引き替え日本では、アイドルだからといって、下手な歌を歌わせるから映画は台無しになっているのに、そんな作品でも見に行くファンもいるという情けない状況だ。ともあれ、音楽がキーポイントとなる秀作だと思う。


監督:スコット・クーパー
出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、コリン:ファレル、ロバート・デュヴァル
2009年米映画   上映時間:111分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

灰とダイヤモンド
 1945年5月ドイツの降伏によって、ソ連の影響下で労働者党政権となったポーランド。しかし、これまでドイツと戦っていたロンドンに亡命した指導部下の国内軍抵抗組織は、ソ連派の現政権に抵抗していた。その抵抗組織のアンジェイとマーチェクは新たに労働者党県委員会書記に就任したシチューカを町外れで待ち伏せていた。そこに現れたジープに乗る二人組を撃ち殺したアンジェイとマーチェク。そして、モノーポルホテルに着いた二人の前にシチューカが現れたのだった。実はシチューカが知人と会って現場を通る時間が遅れたのだった。その日ホテルでは地元の市長・シフェンツキがシチューカを歓迎するとともに自らが大臣に内定したこともあっての宴会を催すことになった。アンジェイは組織からシチューカの暗殺を実行するよう命令された。そこで、マーチェクに翌朝4時半の始発列車が出るまでに実行するように伝える。マーチェックはホテルのバーで働くクリスティーナに一目惚れをしてしまう。そしてマーチェックはクリスティーナを誘い出すことに成功する。そして、彼女とのつかの間の逢瀬にマーチェックは、このまま彼女との生活を夢見るのだが、アンジェイは冷たく任務を遂行するよう言い放つ。意を決したマーチェクは、シチューカの暗殺に向かう。
 今年、「カティンの森」を観てこの作品をもう一度観たいと思っていた。印象に残っていたマーチェクの死のきっかけが、「カティンの森」で描かれた画学生、すなわちアンジェイ・ワイダ監督を投影しているといわれているあの場面とダブってしまった。結局、戦前からソ連に蹂躙されてきたポーランドの苦しみが伝わる傑作。原作では、ドイツの強制収容所でドイツ側に寝返り「カポ」という看守助手として同胞への残虐行為をおこなった存在も描かれている。また、シチューカ父子のことも興味深い。


監督:アンジェイ・ワイダ
出演:ズビグニエフ・チブルスキー、エヴァ・クジイジェフスカ、アダム・パウリコフスキー、ボグミール・コビェラ
1958年ポーランド映画  上映時間:102分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1
 前作で、ホグワーツのダンブルドア校長が命を落としたが、彼の指導でヴォルデモートを倒すには7つに分けられた分霊箱を全て破壊せねばならないというものだった。しかし、これまで、2つしか破壊していなかった。そして、本来ならばハリーやロン、ハーマイオニーの3人はホグワーツの7年生という最終学年に進級したものの、ダンブルドアの後任として校長となったのはスネイプといこともあり、3人はホグワーツには行かない事にした。そして、ハーマイオニーは両親から自らの記憶を消して3人で闘う決意をした。そして17歳の誕生日までは、ハリーの臭いが消せないことから、騎士団のメンバーがハリーに変身してロンの実家に向かった。そして、ハリーの17歳の誕生日の日、ロンの長兄ビル・ウィズリーの結婚式がおこなわれた。そこで、ダンブルドアが残してくれたハリーら3人への形見が手渡された。この結婚式でていたルーナとともに父親ゼノフィリアスも出席していたが、彼は「ザ・クィブラー」の編集長であるのだが、不思議なペンダントをしていた。そんなところに、死喰い人が襲ってきた。3人は何とか逃げだすことが出来た。しかし、分霊箱を手に入れたものの、破壊できずにいると、その影響からか、ロンがハリーにくってかかり、一人で姿を消してしまった。二人きりになったハリーとハーマイオニーはハリーの生誕の地ゴドリックの谷に向かった。その後、死の秘宝の謎も解明するのだが、戻ってきたロンともどもルシウス・マルフォイの家に監禁されてしまった。そこには、ベラトリックスも居て3人はヴォルデモートに引き渡されそうになるが、元屋敷しもべドビーの登場で難を逃れることができた。しかし、ヴォルデモートは死の秘宝のひとつニワトコの杖をダンブルドアの墓を暴いて奪い取ってしまったのだ。
 とにかく、やっと最終巻のパート1まで、到達した。本来は昨年公開の予定だったが、ほぼ一年延びてしまった。ただ、間隔が開きすぎて分霊箱の話もそうだったぐらいしか思い出せなかった。ネットでいろいろ捜して、ようやくわかるのだが、名前からして覚えにくい。一応本もとっくに読んでしまい、これまた大半は忘却の彼方に行ってしまっている。そんなこともあってか、今回は3人が大人になってしまい、転々とキャンプを重ねたりするのだが、案外簡単に捕まってしまったり、それまでの展開もやや冗長で、あくびを何度かしてしまった。最後はわかっているのだから、さっさとやって欲しい。間違っても3Dにするための作業に手間取っているのだったら、それには及ばないと言っておきたい。


監督:デイビッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン
2010年米・英映画   上映時間:146分

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

フェアウエル
 1981年のソ連、首都モスクワに滞在しているフランス人の技師ピエール・フロマンは仏国家保安局(DST)から潜入していた上司の命をうけKGB大佐のセルゲイ・グリゴリエフと密かに接触した。グリゴリエフは情報管理を任されており、妻と大学生の息子と3人でそれなりの生活を送っていた。しかし、彼にはソ連の先行きが早晩行き詰まることが目に見えていた。そこで、スパイとは全く無縁のピエールと接触したことで、あえて彼にこれまで、米国のCIA、ホワイトハウス、ペンタゴンから集めた情報を逆に流すのだった。ピエールは、スペースシャトルの設計図やペンタゴンの秘密事項などを目にするだった。当時フランスは社会党のミッテラン大統領で閣僚に共産主義者が入っていると米のレーガン大統領からオタワサミットで見直しを要求されるが、逆にDSTから入った米の情報がソ連に漏れていることを内密に知らせることで、レーガンの要求をはねのけた。以後スターウォーズ計画やエアフォースワンの設計図なども漏洩していたことがわかった。グリゴリエフは金の要求はせず、かつて赴任していたフランス詩の本とブランデーや西側音楽のファンである息子のためにソニーのウォークマンやクイーンのカセットを要求するぐらいだった。息子には自分とは違った生き方をして欲しいと切望するのだが親子のコミュニケーションはとれずじまい。職場の女性との不倫関係を知れれたり、妻が上司と不倫していることをしってショックを受けている。ピエールも妻にDSTがらみの仕事をしていることを知られ、早く止めて欲しいと哀願される。しかしことの重大性とグリゴリエフの人柄にも惹かれ続けていた。そして、、「X部隊」のファイルが手渡された、これこそ西側にいるソ連のスパイ部隊の全貌だった。当時ソ連はこうしたスパイ活動に莫大な資金を投入していた。それは、ゼロからのスタートではなく、米国の技術を盗んでそこから次に進む方がリスクも資金も少なくてすむという発想だった。こうした、体制もそのスパイ網が無くなれば、ソ連の国家体制そのものも立ちいかなくなるという思いからの、グリゴリエフの行動だった。やがて、彼の行動が不審に思われ逮捕される。折しもソ連共産党も、ゴルバチョフが新書記長になり、グラスノスチ(情報公開)、ペレストロイカ(改革)を唱えはじめるのだが。
 モスクワの町を歩く青年たちの一団の背後に「ワルシャワ労働歌」が流れ、懐かしく聞いた。けっこうあの時点で、ソ連は行きづまっていたのは事実だ。そのうえで、あれほどの情報が流れていたことがわかり、その実行部隊が一掃されれば、そうたやすく回復することもできなかったと思った。現在ではインターネットがこれだけ普及しウィキリークスで次々に国家の機密事項がリークされている。これもまた、30年前には考えられなかった事で、こうしたことも時代の波で抗しきれないものに違いない。


監督:クリスチャン・カリオン
出演:エミール・クストリッツァ、ギョーム・カネ、アレクサンドラ・マリア・ララ、インゲボルガ・ダプクナイテ
2009年仏映画   上映時間:113分

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。