FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2010/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャタピラー
 陸軍に召集された黒川久蔵は妻のシゲ子を残し戦地に向かった。しかし、まもなく久蔵は軍の車で帰還した。しかし、顔の半分は焼けただれ、四肢は切断され喉もやられ声もほとんど出せない状態だった。しかし、彼の軍功は並々ならぬものがあったということで、勲章を貰い少尉に出世しても帰還であった。しかし、妻のシゲ子は一目夫の変わり果てた姿を見て取り乱してしまう。しかし、夫の父や戦死した兄の嫁がこれからは「生きた軍神とも呼ばれた久蔵の面倒をみてやることが軍人の妻の務めだ」といって帰っていった。二人きりになって、シゲ子は久蔵の首を絞め「後で行きますから」と力を入れようとするが、手が止まってしまった。すると、久蔵はシゲ子のもんぺの紐をくわえて哀願するような眼差しになった。シゲ子も察してもんぺを脱ぎ久蔵にまたがった。これから、シゲ子が久蔵に食べ物を食べさせ、排泄の始末をしさらに性欲の処理までになわされるのだった。やがて、野良仕事の際にも久蔵に軍服を着せて連れて行くのだった。口の聞けない久蔵に対して村人は「軍神」様と手を合わせ、シゲ子のかいがいしい世話を賞賛する。一方ラジオからは大本営発表の勝った勝ったのニセ情報ばかりが流されるが、確実に日本は敗戦への道を歩んでいた。そんな中、停電が続き食料も配給でまともに入ってこなくなると、食事も粗末な粥しかなくなってきた。それで、久蔵は怒った表情をすると、シゲ子はたまりかねて久蔵に貰った貴重品の卵をぶつける。そして、戦地に行く前には、「うまずめ」とののしられ殴られたことを思い出しながら、久蔵をぶつのだった。それからは、性的にもシゲ子がイニシアティブをとるようになった。しかし、久蔵は中国大陸で現地の女性たちを「強姦」し殺害した時のことが脳裏に浮かぶようになり、恐怖と悔恨の気持ちに支配されていった。
 日本は中国大陸で「殺しつくし」「焼きつくし」「奪いつくす」という燼滅・掃討作戦(三光作戦)を展開した。このような残虐な対応は明らかに中国人への蔑視が広くあったと思う。この映画でもで「ちゃんころ」といった差別語で呼び、人間扱いしていない。中国人は日本人を鬼とか東洋鬼と呼んでいた。一方、アメリカは日本人をジャップと呼称し、黄色い猿と呼んでいた。一方、日本ではアメリカやイギリスを鬼畜と称していた。こうした差別と憎しみを増幅したなかで、容易に相手を殺傷していくことができたのだろう。これが戦争であり、いい戦争も悪い戦争もないということを若松監督は言いたいのだろうと思った。
 ちょっと些末なことが気になったのだが、久蔵は出征する時は確か星二つの一等兵のはずだった。そんな彼が、いかに軍功をあげようとも、爆弾3勇士といわれた人たちも死んで2階級特進したというのにちょっと過大な昇進となるのではないかと思った。その上で、生きた軍神というのも本来あり得ないということをくわえて考えると、ここにも、一方で現人神の存在を象徴させた批判ともとれる。それは、金鵄勲章を誇示するという行為も含めて、現人神の虚構をいかに具現化していくかという方法の一片として機能させられたものだと思う。敗北が決定的なのに嘘の勝利報道を繰り返した報道の反省など、どこ吹く風の昨今の状況はあの時代をいまだにこえられていない気がする。そうしたなか、ただ、食べて寝て、食べて寝てというこうした暮らしが身についてしまった現代日本への現状に対して、これでいいのかという若松監督思いが滲み出ていた作品だと思う。元ちとせのエンディングの歌もよかった。


監督:若松孝二
出演:寺島しのぶ、大西信満、吉澤健
2010年日本映画  上映時間:84分
スポンサーサイト

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

おとうと
 東京の下町で薬局を営んでいる吟子は、大阪生まれだが、薬科大学を卒業後医師と結婚して一人娘の小春と姑の絹代と3人で暮らしていた。明日は小春と医師の結婚式ということで、内祝いをおこなっていた。そんな時、絹代が大阪のあの人は来るのかと聞いた。それというのも吟子の夫の13回忌に、吟子の弟鉄郎がやってきて酔っ払って大暴れしたことがあったのだ。当日、吟子の側は兄の丹野庄平 一家ぐらいだったが、新郎の方は大学の医学部の教授たちなど錚錚たる人たちだった。すると、その会場に鉄郎がどこから聞いたのか大阪から駆けつけたのだった。兄の庄平は酒を飲まないことを条件に出席を認めた。しかし、最初だけはコーラを飲んでいたのだがすぐに酒に手を出してしまい、後は披露宴を台無しにしてしまった。鉄郎が小春の結婚式に出席したのは、吟子の夫が鉄郎に娘の名付け親になって欲しいと頼まれたからだというのだった。しかし、小春の嫁ぎ先や夫から、結婚式でのこともあって離婚してしまった。そんな折り、大阪から大原ひとみという女性が訪ねてきた。彼女は、鉄郎と一緒に暮らしていて130万円を貸していたが、急に姿を消してしまったので、金を返して欲しいというのだった。そこで、吟子はなけなしの貯金から130万円を引き出してひとみに返したのだった。そのことがあってしばらくして、当の鉄郎が吟子の家を訪ねてきた。そこで、ひとみの話が出て逆ギレした鉄郎は吟子と小春に捨て台詞吐き出て行った。それでも、その時の鉄郎の様子に異常なものを感じていた。それで、警察に捜索願を出していた。すると大阪から連絡があり、がんで余命があまりないということで、ホスピスのようなボランティア施設にいることがわかった。
 笑福亭鶴瓶は前作「母べぇ」ではいい味を出していたが、今回ははっきり言って頑張ってはいるのだけど、キャラクタァー的には共感できなかった。山田洋二監督はかつて「家族」という作品を撮っているが、今回は現代の家族について描いている。それは、現実に100歳以上の高齢者が行方不明となっているのだが、これを象徴するように映画でも最初の披露宴での不始末で兄の庄平は弟鉄郎を縁切りにするということで、その後姿を見せなかったあたりに描かれている。それと、ホスピスのNGOを対照させることによって、いっそう際出させていた。


監督:山田洋二
出演:吉永小百合、笑福亭鶴瓶、蒼井優、加瀬亮、加藤治子、小日向文世、石田ゆり子
2010年日本映画   上映時間:126分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

第9地区
  ある日、南アフリカのヨハネスブルグ上空に巨大な宇宙船が飛来した。しかし、そこで止まってからまったく動かない。そこで、南アフリカ政府が宇宙船をこじ開けると、中からたくさんのエイリアンが出てきた。それ以来20年、MNU(MULTI-NATIONAL UNITED)と呼ばれる多国籍機関がエイリアンたちを第9地区と呼ばれる地域に押し込めていた。そこは、人間は立ち入り禁止となっていた。彼らはスラム化した居住地に住み、厳しい生活環境下で暮らしていた。ちなみに彼らの大好物はキャットフードだという。しかも、人間たちは彼らの外見がエビに似ていることから通称「エビ」と呼んでいた。ただ、この地区にはナイジェリア・ギャング集団も住んでいて、エイリアンたちとともに様々な犯罪行為に手を染めていた。 ある日、MNUのエイリアン担当のヴィカスは犯罪が多発する第9地区のエイリアンたちを強制的に第10地区へと移動させるプロジェクトの責任者として抜擢された。さっそくヴィカスは、クーバス大佐率いるMNU傭兵部隊に守られ、第9地区のエイリアンの家を一軒一軒訪ね、移住の同意を得て回っていた。そして、彼らは怪しい家に遭遇した。そこはクリストファー・ジョンソンと息子のリトルCJの家でなにやら化学の実験装置などが置いてあった。ヴィカスはそこにあった黒い液体の入ったカプセルを見つけて、それを開けた。その際、その液体が左手に少しかかってしまった。それから、時間が経つにつれヴィカスの身体に変調が表れた。嘔吐をし、左手の爪が剥がれて大きく腫れ上がり、黒い鼻血が出てきた。何とかごまかして家に着くが、家ではヴィカスの昇進祝いパーティが開かれていた。しかし、ここで大量の黒い血を噴出させ、救急車で病院に搬送された。すると、検査でヴィカスの左手がエイリアンたちと同じような形に変身していることがわかった。しかも、時間が経てばどんどん変身するということがわかった。そこで彼はMNUの地下にある実験施設に連行された。そして、密かに集められたエイリアンたちの武器に触れさせた。実は彼らの武器は威力はあるのだが、人間が扱っても反応しない仕組みだった。しかし、ヴィカスは彼らの武器を扱えることがわかった。するとMNUの首脳はヴィカスを生きたままあらゆる臓器を移植させエイリアンの武器を扱える人間を増やそうと考えたのだった。しかし、すんでの所で逃げ出したヴィカスは、第9地区のクリストファー・ジョンソンのところに行った。そこで、あの黒い液体が、実は彼らの宇宙船を起動させるものだということを知った。ヴィカスはクリストファー・ジョンソンとともに、黒い液体をMNUから奪い返すための行動にでるのだった。
 舞台が南アフリカということで当然エイリアンはかつてのアパルトヘイトを想起させる。また、アバターの逆パターンのようにも見えた。それと、著名なスターも出ていないし、映画そのものもドキュメンタリーのような描き方で、面白かった。それにしても、MNUに象徴される人間たちは、エビと呼んでいるエイリアンたちを切り刻み、生体解剖をしたり、彼らの武器を取り込もうとしたり、実に身勝手きわまりなく酷い実像を晒している。これは、アバターと同じようにアメリカを象徴していると思った。こうした、裏読みできる作品は印象に残る。


監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャールト・コプリー 、デヴィッド・ジェームズ、ヴァネッサ・ハイウッド
2009年      上映時間:111分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ダレン・シャン
  ダレン・シャンは16歳の高校生で、成績もよく両親に将来を嘱望されていた。彼は両親の「道を踏み外すな」という教えに従っていた。ただ、彼の親友のスティーブはちょっとヤンチャで、両親は彼とは付き合うなというのだった。しかし、ある日スティーブに誘われて「シルク・ド・フリーク」のショーを見に行った。すると、そこにはダレンが小さい時から好きな巨大なクモがいた。その毒クモマダム・オクタに見せられたダレンはついそのクモを盗み出してしまった。そして、高校に持っていったマダム・オクタが逃げだし、ステーブに噛みついてしまい、彼は意識を失い入院してしまった。そこで「シルク・ド・フリーク」の楽屋を訪ねたダレンは、マダム・オクタはバンパイアのラーテンにことのいきさつを告げた。スティーブを助けるには、解毒剤が必要であり、それを得るため、ラーテンの下でハーフ・バンパイアとなることを決意する。スティーブは助けたものの、ハーフバンパイアになってしまったこともあり、ダレンは仮死状態になり、家族には死んだと思わせ、葬式を済ませた上で、ラーテンの下に合流した。そして、バンパイアたちがやっている「シルク・ド・フリーク」の団長ミスター・トールにこのサーカス一座の下働きをしながら、修行をすることとなった。しかし、バンパイアと因縁の対抗関係にあるハンパニーズとの抗争が始まり、それを助長するミスター・タイニーも介入してきた。この世界で巨大な力を持ったミスタータイニーは元々バンパイアに興味を持っていたスティーブをハンパニーズにして、ダレンたちと闘わせることにした。そこで、ダレンの家族を誘拐し、最初にダレンが行った劇場に誘い対決することになった。
 原作の本はダークファンタジーとして長編なのだが、今回はその一部だけが映画化された。渡辺謙もミスター・トールとして出演している。ただ、バンパイアとハンパニーズやミスタータイニーなどの関係がもう少し丁寧に説明して欲しかった。また、原作にはリトルピープルという連中が出てくる。あの「1Q84」の村上春樹は当然この原作も踏襲しているのだろうと思った。「トワイライト」シリーズは恋愛ものだが同じバンパイアを描いていても「シルク・ド・フリーク」の連中の説明もなく、少しわかりづらいのはしょうがないか。


監督:ポール・ウェイツ
出演:クリス・マッソーグリア、ジョシュ・ハッチャーソン、ジョン・C・ライリー 、渡辺謙
2009年米映画    上映時間:109分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

夜よこんにちは
 1978年イタリアのローマ、若い夫婦が不動産屋に案内され広いアパートを借りることになった。彼らは、本棚の裏にある小部屋が気に入ったようだった。夫はエルネスト妻のキアラは22歳だという。しかし、実際は赤い旅団のメンバーで、マリアーノとプリモという男性も合流した。キアラは図書館に勤務してした。他の男性メンバーは元イタリア首相のアルド・モーロの誘拐を企んでいた。3月16日赤い旅団の3人はモーロの乗った車を襲撃し、ボディガードや警官を殺害して、モーロをアジトの小部屋に拉致監禁した。彼らはイタリア政府に獄中に囚われている仲間の解放を要求した。ところが、イタリア政府はテロリストの要求には屈しないという態度をとった。そこで、モーロは所属するキリスト教民主党の幹部にも手紙を書くが、交渉は成立しない。そこで、ローマ法王にも手紙を書いたモーロだった。しかし法王は赤い旅団に対してすぐにモーロを解放するようにという回答だった。こうして55日にも及ぶ監禁生活が何ら成果を上げることができず、いきずまった赤い旅団のメンバーはモーロを殺害してしまう。
 ドイツも「ハイジャック181」で描かれたようにこの70年代後半テロリストの要求には屈しないという態度をとったように、イタリアでもこうした方針が堅持され、対テロリスト向けの特殊部隊が編成されていった。そもそも、70年代後半の革命運動はハイジャックや政府や資本家などの誘拐や殺人といった戦術がヨーロッパでは目立った。しかし、こうした戦術は多くの民衆には支持はされるわけもなく、結局反発を増幅し結局組織を自ら消滅させていくことになった。そうしたなか、この作品でキアラが夢の中でモーロへの同情心が膨らんでいくという場面が妙に印象的だ。


監督:マルコ・ベロッキオ
出演:マヤ・サンサ、ルイジ・ロ・カーショ、ロベルト・ヘルリッカ
2003年伊映画      上映時間:105分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ソルト
 二年前北朝鮮で拘束された女性ソルトは、自らはリンク石油の人間と主張するが、実はスパイ容疑で連日拷問されたいた。しかし、彼女が北朝鮮に入国できたのは国際的なクモ学者マイクのつてであった。そのマイクが必死に動き、捕虜交換という形でソルトは釈放された。そして、ソルトはマイクと結婚するのだが、その際彼女はCIAのエージェントであることを打ち明けた。それから二年後の結婚記念日当日、終業30分前にリンク石油をCIAの機関であることを承知のロシア人のエージェントと名乗るオルロフという男がやって来た。対応したのはソルトだった。すると彼はソ連時代に作られたスパイ養成機関「KA12」で教官をしていたことを語りはじめた。そして、現在のロシア凋落ぶりを嘆き、かつてのソ連が超大国として君臨していた昔のようにするための作戦が稼働する主張した。そのために、KA21で養成したエージェントが動き出すというのだ。それは、ソルトという女性だと主張する。びっくりするソルト、彼女はすぐに夫の所在を確認するが連絡できない。オルロフはソルトが現在進められているアメリカ副大統領の葬儀に出席するロシア大統領を暗殺することがソルトに命じられているというのだった。防諜部のピーボディはすぐに、ソルトを拘束するように命じる。ソルトの直属の上司ウィンターは困惑しながらも、彼女を建物に閉じ込めようとする。しかも、どさくさに紛れオルロフは逃亡してしまう。ソルトも厳重な包囲網をかいくぐり自宅に向かう。すると夫がむりやりに連れて行かれた痕跡を見つけた。程なくCIAに包囲されるがここも何とか脱出する。そして、翌日の葬儀会場に髪を染めて副大統領の葬儀会場に紛れ込みロシア大統領に銃弾を浴びせたソルト。ほとんど抵抗もせずCIAに捕まったソルトだが、再び脱出するソルト。今度はホワイトハウスに変装して現れたソルトだった。
 「ウォンテッド」で見せたアンジーのアクションの続編のような作品。しかもスパイアクションということでどんでん返しの連続だが、ただ、KA21というスパイ養成機関なのだが、体制が変わっているのだから、帰属機関が消滅しているのにそこからの命令で動くというのも何か割り切れない思いがした。さらに、オルロフがCIAから逃亡する際、靴の中に隠していたナイフを使うのだが、取り調べの際に体内にガン細胞まで確認して置きながら、基本中の基本である武器の携行すらおざなりにするというのも首をかしげてしまった。総じて、アンジーの帰属のスタンスが見えにくく、すんなり受けとめがたい作品だと思った。

監督:フィリップ・ノイス
出演:アンジェリーナ・ジョリー 、リーヴ・シュレイバー 、キウェテル・イジョフォー 、ダニエル・オルブリフスキー
2010年米映画  上映時間:100分

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム
  群馬で父親と二人でこんにゃくの製造をしているアユム、かつて高校生の時ヒップホップグループB-HACKで学園祭で歌ったことがあった。そんなアユムに昔を思い出させたのは、埼玉からやって来たSHO-GUNのメンバーIKKUとTOMだった。彼らは、亡くなったタケダ先輩が北関東で伝説のコンサートをやった群馬の河原に花を手向けにやって来た。偶然、道を聞いたのがアユムだったのだ。彼女は封印していたヒッポホップをもう一度やろうとかつての仲間のミッシーのところに行った。ミッシーの親は旅館を経営していたのだが、資金繰りに困り家出をしてしまい、その後始末に東京から一人で戻ってきていたのだ。そして、倉庫にしまってあったB-HACKの写真やTKD先輩のパネルを前にミッシ-もやろう思うのだった。さらに、現在はソープで働いているマミーも誘った。さらに、ビヨンセとクド-も誘い再結成の運びとなった。5人そろってTKD先輩のDJによるライブ会場となった河原にある大きな石を訪ねた。すると、サイタマのラッパー2人もやって来た。アユムの教えた道がいい加減だったことから口論になってしまった。ここでライブをやろうとB-HACKメンバーは機材などの交渉に行った。すると100万円はかかるということだった。やむなく、皆でバイトをやり折からの市長選のウグイス嬢を引き受けた。そして、ステージの注文もあったが、それはプールサイドで水着になって歌うといういうものだった。もう20代後半にさしかかりこんなことやってられないというビヨンセとクド-は仲間を抜けてしまう。しかも、マミーが管理していたB-HACKの金を使って中絶をしてしまう。その上、ソープの経営者の外国人と夜逃げをしてしまう。ミッツーも実家の旅館が差し押さえになり行方をくらましてしまった。一人残されたアユムはヒップホップのCDなど全て捨ててしまった。それから父と二人でひたすらこんにゃく作りにお精をだしていた。そして迎えた母の命日におこなった法要にマミーとミッツ-もやってきた。さらに呼ばれてもいないSHO-GUNの二人までもがやって来た。
 基本のプロットは前作とほとんど同じだ。ただ、今回は群馬の女性たちが主人公だ。やはり前作同様行き場のない若い女性たちの「夢」も「希望」ないなかでの哀しいばかりの青春群像が今を伝えている。ただ、前作と同じで低予算の映画なので仕方がないのかもしれないが、時々台詞が聞き取れなかった。ただ前作よりはヒップポップの歌詞が少し聞き取れた。それでも字幕があった方がいいと思う。安藤和津の娘が出演しているが、顔は老け顔で猫背であまり上手とは言い難たく、親の七光りはそうそう通用しないなと思った。


監督:入江悠
出演:山田真歩、安藤サクラ、桜井ふみ、増田久美子、加藤真弓、駒木根隆介
2010年日本映画  上映時間:95分

テーマ : 最近観た映画
ジャンル : 映画

インセプション
 人間は夢の中では様々なシチュエーションのなかで、ありえない行動をとったりする。しかも、夢から醒めればよく覚えてないこともある。そうした潜在意識下に入り込んで、頭の中のアイデアを盗んでしまう仕事をしているのがドム・コブだ。ある日、コブの仕事ぶりを目の当たりにした世界的企業のトップサイトーがある依頼をしてきた。それは、ライバル企業の後継者の脳に潜入してその企業の存続を危うくさせるというものだった。他人の意識化に入り込み、影響を与えるという従来の仕事とは反対の「インセプション」は非常に難しいことだった。しかし、コブはサイトーにある約束を果たしてくれたら実行すると返事をする。こうして、この難しい作戦に取りかかった。コブは長年の相棒であるアーサーの他に夢の設計をおこなう人材を求め、恩師であり妻の父親でもある大学教授のマイルスを訪ねた。そこで、教え子の女性アリアドネを紹介してもらった。次にターゲットの思考を誘導する「偽装師」のイームスも仲間に加え、さらに眠りを深くするための鎮静剤の「調合師」ユスフも仲間に加えた。最後に、依頼者のサイトーも加わり6人で作戦を実行することになった。サイトーが買収した航空会社のファーストクラスに標的のロバートとともに乗り込んだ6人は、すぐに仕事に取りかかった。皆眠りにつき共通のバーチャル空間にいくが、そこにはあらかじめ、潜在意識の防護訓練を受けていたロバートがその深層の意識から彼を防衛するためのボディ・ガードを出現させていた。しかし、彼らの夢の構造はさらに次の層へと向かった。そこでの活動の後、最後に第三層へと潜入していく。すると、ロブの妻で自殺したモルが出現する。ロブは密かにモルと夢のなかで遭遇していた。複雑に絡み合う夢の中で、インセプションは成功するのだろうか。
 こうしたシチュエーションは映画の得意分野と言えよう。「マトリクス」や「シャッターアイランド」などすぐに思い浮かんでしまう。とりわけ、「シャッターアイランド」でも夢か現実なのかその境界がわかりづらかったが、今回もまた同様な展開だった。ディカプリオが一人眉間にしわを寄せ悩んでいるのも同じように見えた。夢か現実かコあれこれ詮索するむきが多いようだが、所詮夢なのだからと、そんなに向きにならず、見るべきだと思う。


監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、マイケル・ケイン
2010年米映画  上映時間:148分

テーマ : 最近観た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。