FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2010/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
愛の予感
 2004年6月長崎県佐世保市で小学6年生の女子生徒が同じ学級の女子生徒の首をカッターナイフで切り殺傷した事件があった。この事件を想起させるような最初の展開がある。東京で中学2年生の女性徒が同じクラスの女性徒を殺す事件が起きた。加害女性徒の母親典子はマスコミに「先方の親がさんに会ってお詫びがしたい」と語った。一方被害にあった生徒の父親順一は「先方の母親には会いたくもないし、顔も見たくもない」と語っていた。そして、典子は故郷の北海道の苫小牧にいた。一方、順一は勤務していた新聞社を辞め、北海道に渡っていた。順一は苫小牧にある製鉄所で働いていた。寮のようなところで朝食事をし、工場に行き昼食は弁当。さらに寮に帰ると、そそくさと風呂に入り夕食を淡々と食べ寝るだけのスペースの部屋で寝るという生活が続いていた。一方の典子は偶然順一の働く工場の寮で賄いの仕事をしていた。朝は、生卵を食べたくない人用に目玉焼きをひたすら焼いていた。朝の仕事を終えて、女性用の部屋に帰る際、コンビニでサンドイッチとジュースを買って一人で昼食を取っていた。そして夕方、夕食の準備にかかり、食事を提供し、その後片付けをし終わり、一人立ったまま夕食をとる典子だった。このような判で押したような生活が続いた。ある日遅い夕食の後、食器を片付ける時、さりげなくコンビニで買った菓子を典子に渡そうとした。しかし、翌日順一の部屋の前にコンビニの袋に入ったままの菓子が置かれていた。そして、ふたりはそれぞれの携帯電話をみつめる。さらに、典子は朝出勤前の順一の腕を引っ張り、びんたをするのだった。
 同じような場面が繰り返し繰り返し続き、台詞もほとんどなく、些細な場面の違いだけににじむような心の動きが見て取れる。しかし、最後にインタビュー場面で終わるあたりは、様々な連想がひろがる。


監督:小林政広
出演:小林政広、渡辺真起子
2007年日本映画  上映時間:102分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -