FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
居酒屋兆治
 函館で高校の野球部のエースとしてならした藤野英治は親友の岩下とバッテリーを組み、甲子園っへの期待もかかっていたが、肩を壊して野球をやめてしまった。その後、地元の造船会社に就職した。その後、見合い結婚で子どもできたのだが会社でやり手の専務から総務課長に抜擢されたのだが、その内実は合理化のための首切りを実行させようというものだった。そのため、英治は会社を辞めてしまう。そして、もつ焼き屋のおやじのもとで修行し、居酒屋「兆治」を妻茂子と開店する。すると、岩下をはじめドックの元同僚など多くの客が引きも切らずやって来た。向かいのスナック若草のママ峰子は歌の上手く、造船会社の進水式典に呼ばれていた。その後、藤野を退社に追い込んだ専務と久しぶりに再会する。複雑な思いになる藤野。そして、若草の常連客の井上は妻子を顧みず日々カラオケにのめりこんでいた。見かねた岩下に殴られてしまう。そうした姿とともに藤野は一人の女性のことが気になっていた。それはさよというかつての恋人のことだった。彼女は旧家の出で、当時の藤野には彼女との結婚を躊躇してしまった。やがて、二人は別れさよは資産家で牧場を経営する神谷久太郎と結婚する。藤野も見合い結婚した。お互い子どもも出来たが、交流はなかった。しかし、さよは見知らぬ男と駆け落ちをしてしまう。方々探し回り、さよを連れ戻した久太郎。しかし、その頃からさよはかつての恋人藤野のことしか頭になかった。偶然、市場で藤野と茂子を見かけたさよは動揺してしまい、帰宅してからも家事が手につかず、不注意で火事をだしてしまった。その後、家を出て行方をくらましてしまったさよだった。
 先日、亡くなった大原麗子のせつなくも哀しい悲恋物語。それと、かつて「青年会」といったコミュニティの最後の物語ともいえる。しかも、出演者は原作者の山口瞳のカメオ出演に始まり、高倉健ゆかりの人々が数多く出演している。なかでも池部良は「唐獅子牡丹」シリーズでの共演以来で実に重厚な雰囲気を醸し出している。さらに「幸せの黄色いハンカチ」で共演した武田鉄矢も出ている。田中邦衛も「網走番外地」からの共演で息もぴったりだ。WMOの細野晴臣も面白かった。特筆すべきは、嫌われ者役の伊丹十三は光っていて、印象に残った。それと、今は見られなくなってしまったちあきなおみのコミカルな演技も忘れがたい。何はともあれ、大原麗子さんのご冥福を祈るばかりだ。


監督:降旗康男
出演:高倉健、大原麗子、加藤登紀子、田中邦衛、池部良
1983年日本映画  上映時間:125分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -