FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が教え子、ヒットラー
 1944年末、「ワルキューレ作戦」の後間一髪暗殺を逃れたものの、その時の後遺症で聴力も落ち精神的にもかなりのダメージを受け、自信喪失気味のヒットラー。そうしたなかでも、何としても戦況を好転させようと必死なのが、ゲッペルス宣伝相だった。彼は起死回生の策として、1945年の新年にヒットラーの演説を15台のカメラで撮影しかつての勢いを再び喚起しようと企んでいた。それには、ユダヤ人ながら卓越した演出力を持ち教壇にたっていたアドルフ・グリュンバウムにヒットラーの演説の指導を依頼するのだった。収容所から招集されたグリュンバウムは、戸惑うもののゲッペルスに妻と4人の子どもも収容所から連れてきて欲しいと要求し、久しぶりに家族で再会することになった。一方、ヒットラーの指導は、まずはリラックスすることが必要と教える。最初は相手がユダヤ人ということもあって、抵抗するのだが、情緒不安定のヒットラーということで、そのことが逆に作用して次第にグリュンバウムに心を開いていく。そして、ヒットラーは、少年時代実父から度重なる暴行をうけ、そのことがトラウマとなって精神的に追い詰められていたことまで告白する。そうしたなかで、ヒットラーの哀れむべき状況を目の当たりにして、当初隙あらば、命を奪おうとしていたグリュンバウムの気持ちも揺らいでいった。そうして、短い期間での指導を終えたあたりで、突如ヒットラーの声の状況が悪くなり、声が出せなくなってしまった。そこで、急遽グリュンバウムが、当日の舞台の真下にいて、ヒットラーの替わりに演説をおこなうことになったのだ。
 もうすっかり、敗色濃厚なベルリンでっは、わずかに首相官邸周辺だけが残るのみで、後は瓦礫に覆われていた。小心なヒットラーは、実父の虐待とその父がユダヤ人かもしれないというところで苦悩するあたりに注目した。それと、いかにもドイツ的と思われる何をするにも書類と法令が必要というあたり、いかにもドイツと感じた。しかしそうした規範も唯一独裁者の一喝で変わってしまうあたりが、全体主義国家の所以と思った。それでも、けっこうコミカルに描かれていて、面白かった。

監督:ダニー・レヴィ
出演:ウルリッヒ・ミューエ、ヘルゲ・シュナイダー、ジルヴェスター・グロート
2007年独映画   上映時間;95分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

アマルフィ 女神の報酬
 2009年12月、イタリアの日本大使館では、G8外相会談がクリスマスをはさんでローマで開かれるということの準備で大わらわだった。菊原大使の下、西野参事官の指揮で大使館の職員は、G8 に出席する川越外務大臣の趣味のサッカーの試合の入場券や、同行する夫人の好物のジェラードをどの味にするかなど公私ともの接待の準備にも追われていた。そうした混乱のなか、慌ただしく赴任した書記官が一人いた。それが、黒田康作だった。彼は、実は外務省本省からの密命をうけてテロ対策の仕事をしていた。着任した黒田の初仕事は、G8期間中の日本大使館主催のレセプションでの警備体制について意見を述べ、厳戒体制を強化させた。そうしたなか、ローマ市内の博物館から大使館に一報が入っていた。それは、矢上紗江子という日本人女性が一緒に来た娘の行方がわからなくなったというものだった。当初、大使館ではG8 の準備で忙しく、研修生の安達を向かわせようとしたが、彼女の語学力が不安のため、黒田も同行することになった。博物館に到着した黒田は事情を聞き、紗江子から娘が一人でトイレに行きそれっきり帰ってこないということを知る。さっそく、館内に設置された監視カメラを再生するが、カメラにはトイレに入っていく少女の姿しか映っていなかった。すると、紗江子の携帯電話が鳴った。それは、娘の携帯からだった。電話に出た紗江子は、イタリア語がわからず、黒田にかわることにした。電話は娘を預かっている、10万ユーロを用意しろというものだった。いきがかり上黒田は少女の父親だと名乗った。間髪を入れず黒田はイタリア警察に通報した。犯人側が警察には通報するなといっているのになぜかと尋ねる紗江子。すると、黒田はイタリアでは誘拐犯に金を渡せば、マフィアの資金源になるところから、警察に通報することが義務であると法的に決められていることを説明した。こうして、黒田と紗江子はイタリア警察とともに誘拐された少女の救出に専念することになった。翌日、犯人の細かな指示に振り回される黒田と紗江子。そして、紗江子のバックを強奪した男を逮捕したイタリア警察。しかし、それは犯人の仕掛けた警察の関与をあぶり出す罠だった。こうした対応が娘の救出よりも、犯人逮捕を優先させていると思い、憔悴する紗江子。そんな彼女を電話で励ます藤井というロンドン在住の商社マン。彼は翌日にはローマから彼女の元にやって来た。それというのも、以前日本で胃の手術した際、看護師として働く紗江子と知り合ったのだった。彼女も夫を亡くしており、藤井もまた妻を亡くしたということで親しくなったのだった。犯人側からは、警察に通報していたということで咎める電話が入ったものの、あらためて身代金を要求してきた。その場所がローマから遠く離れたアマルフィという風光明媚な海岸にある町だった。二人はさっそくイタリア警察ともども現場に向かった。
 かつて、真保裕一原作の「ホワイトアウト」でも主演をした織田裕二が今度は、外交官として活躍する。現実にはあり得ないような外交官としての活躍ぶりはエンターティメントならでは許される。それと、イタリアの観光をアシストするような風景もよかった。ただ、夜の暗い場面のピントがいまいち合ってないような気がした。それと、天海祐希はなかなか好演なのだが、看護師という設定なのに何故たばこを吸うのか、疑問に思った。ドコモの携帯動画が見られないので、黒田のこれまでの活動を知ることができないのだが何やらポーカーで大勝負しているほんのさわりだけ見ることができた。それと、続編の構想もあるというらしい。それと、日本の外務省ということで、大使館の日常をかなり忠実に皮肉をこめ、黒田にも「無駄使いは外務省の特権」と言わせているあたりはおもしろかった。


監督:西谷弘
出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、福山雅治、サラ・ブライトマン
2009年日本映画  上映時間:125分

テーマ : アマルフィ
ジャンル : 映画

アヒルと鴨のコインロッカー
 東京で靴製造で細々と生計を立てている両親に送り出され、仙台にある大学に入学した椎名。母から言われた隣人たちへの挨拶する。そして、知り合ったのが、河崎という隣人だった。河崎はこのワンルームアパートにドルジというブータン人も住んでいると言う。河崎はこのドルジのために本屋を襲撃して広辞苑を奪おうと言う。そのためにモデルガンも用意していた。強引な河崎に引きずられ、本屋に着いた二人は、椎名が裏口にモデルガンを持って立っているだけだった。二人が好きなボブ・ディランの「風に吹かれて」を10回歌って車に戻った。しかし、待っていた河崎が持ってきたのは広辞林だった。この後、大学のキャンパスで知り合った麗子というペットショップを経営する女性から、ドルジと付き合っていた琴美というペットショップの店員についての話を聞いた。さらに、河崎が琴美の元カレだということも知った。それは、2年前のことで、ちょうど仙台ではペットを虐待する事件が多発した頃で、ペットショップに勤める琴美は絶対に許せないことだった。2年前ドルジと琴美が夜歩いていると、たまたまペット虐待をしている男女3人組と遭遇した。現場を見られた3人組は逆上して追いかけてきた。あわてて逃げる琴美とドルジだった。その際ドルジが石を投げて何とか逃げたのだが、琴美が住所や電話番号、名前まで書いたバスの定期券を落としてしまっていた。すると、彼女はドルジの心配通り3人組に襲われ拉致されようとしたのだが、河崎によって助けられた。そして、今度こそ警察届けようと決心するのだった。
 全編に流れるボブ・ディランの「風に吹かれて」、そして彼を神として扱うというくだりも面白かった。そして、国際化ということが言われているものの、現実はまだまだ外国人とりわけアジアの人々への差別的な視線、思いが底流にあることが描かれている。そうしたあたりを、現在と2年前を交差させながらうまく描かれていた。仙台在住の伊坂幸太郎原作なので、原作通りオール仙台ロケだったが、先に公開された「重力ピエロ」でも仙台ロケが行われ話題になっていた。こうした地方への注目はいいことではないかと思う。


監督:中村義洋
出演:濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、大塚寧々
2006年日本映画  上映時間:110分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

 道元は藤原家に生まれた公家だったが、8歳の時母を亡くした。当時、浄土宗が盛んだったが、死んでから浄土に行くというより、此の世に浄土を見つけたいと母との死別の際考えた。後に14歳で仏門に入り、1223年宋に渡った。そこで、寂円という僧に出会った。最初、道元は「寂円を公暁」と呼んだのだ。源公暁は道元が比叡山で修行をしていた頃からの親友だったが、源実朝を殺害したことで討ち取られ、その首はさらされた。その公暁に生き写しということで、寂円に促され天童山の如浄のもとで修行することになった。そこでの座禅修行によって悟りを開き、日本に戻った。そして、わずかな弟子とともに「只管打坐(しかんたざ)」というただただ座して修行をするという曹洞宗の教えを広めていった。そんなおり、宋で如浄禅師が亡くなったという知らせをもって
寂円がやってきた。そして彼も道元の下で修行を続けることになった。その際、京で遊女をしていたおりんという女性が道元のもとを訪ねてきた。彼女はかつて、公暁に殺されそうになったところを道元に助けられたことがあったのだ。これ以降民衆も寺にやってくるようになった。しかし、こうした評判をやっかみ比叡山の僧兵たちが大挙して道元のもとに押しかけて嫌がらせを繰り返した。見かねた、六波羅探題の波多野義重が自らの領地である越前国志比荘に移るように申し出た。そこへの移動中に達磨宗の僧侶たちが大挙して道元のもとにかけつけた。こうして、越前に永平寺を建立して、教えを広めるのだった。一方、世間では北条時頼が若くして執権となったものの、仇敵三浦氏との抗争の結果、数々の怨霊に苦しめられていた。そこで、波多野勝重を介して道元に鎌倉に来るように申し入れる。そして、北条時頼の心を開くことができた。
 以前、永平寺のなかを見学させてもらったことを思い出した。現在でも、朝には道元禅師の像に水が供えられているとのことであった。他力本願の浄土宗系に対して現世での浄土を只管打坐で見いだすという教えが対照的だ。内田有紀が好演していた。ただ、浄土真宗の親鸞のように女性を受け入れるというところは、当時は無理だったのは言うまでもない。ここらあたりは、現在でも考えるところはたくさんあると思う。


監督:高橋伴明
出演:中村勘太郎、内田有紀、藤原竜也
2008年日本映画  上映時間:127分

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

ハリー・ポッターと謎のプリンス
 前作から何年たったけ。本来は昨年公開されているところだったのに、こんなに延びてしまった。いい加減、これだけのブランクはストーリー展開もとっくに忘れてしまう。原作も読み、映画も観ているにもかかわらずだ。
 それはさておき、ホグワーツ6年になったハリーたちだが、かれらの親たちはこのままホグワーツでの生活が危険ではないかと心配していた。そんななか、ハリーをダンブルドア校長が迎えに来た。そして一緒に向かったのはヴォルデモートの重要な秘密を知る旧友のホラス・スラグホーンのところだった。そして、彼を説得して新しく魔法薬学教授として再びホグワーツに迎えることになった。それでも、混乱のなかのホグワーツだが、ハリーの親友であるロンは、ラベンダーという少女と恋に落ち、ハーマイオニーを激しく嫉妬させ、ハリーもまたロンの妹であるジニーへの淡い思いを強めるが、ここにもライバルが登場する。こうした一方、ヴォルデモートの部下となり密かにダンブルドア殺害を企てるマルコの存在があった。そして、ホラスに気に入られたハリーは、ついにヴォルデモート=トム・リドルとの秘密を入手することができた。これによって、ヴォルデモートの最大に秘密ホークラックス(分霊箱)にたどり着くことが出来た。そして、ハリーはダンブルドアとともに死力を尽くして闘いを展開した。
 最終7巻は映画2部作になるという。それでも、本はもうとっくに完結しているのだから、もったいをつけなくて、さっさと最後まで映画を公開して欲しい。ただ、今回は一応原作はなぞっているのだが、ヴォルデモートの出番は子どもの頃のみだった。原作でのヴォルデモートの出生の秘密がほとんど描かれず、ただトムが孤児院にいてダンブルドアと会い、その後ホグワーツに入学するというところだけが、断片的に描かれるに止まった。全般的にあまり見せ場もなく、凡庸な印象を持った。


監督:デヴィッド・イェーツ
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン
2008年    上映時間:150分

テーマ : ハリー・ポッターと謎のプリンス
ジャンル : 映画

リカウント
2000年11月アメリカの大統領選挙がおこなわれ民主党ゴアと共和党ブッシュの大接戦が展開された。この時、最後の激戦の舞台がフロリダ州で、この州を取った方が勝利するというものだった。当初ゴアが優勢と伝えられた。しかし、最終的には1,748票差でブッシュの勝利が伝えられ、ブッシュの勝利と報じられた。しかし、ゴアの選対ロン・クレインが同僚から投票の再集計を求めるように進言する。それというのは、この時使われた投票は、フロリダ州では見開きの投票用紙に千枚通しの様なもので穴を開けるものだった。しかし投票用紙の下にパンチ穴片がたまったり、用紙が固く高齢者や力のない人々には穴を貫通させるのが難しかったという。それにゴアとブキャナンの位置が紛らわしく間違った人が多くいたというのが理由だった。実際、集計では穴が開いていなくて上から押されてくぼみ状になった用紙は機械集計でははじかれていた。そうした状況をまず、フロリダ州務長官キャサリン・ハリスに訴えたのだった。彼女はブッシュ弟ジェブに任命されており一応再集計には同意するが、機械でカウントするようにという。しかし、その後いわゆる重犯罪人には選挙権は与えられないという州法により、これら30人は投票できなかったのだが、その際同じ名前の人や明らかに間違って約600人も同様に投票が出来なかったこともわかった。これらの人々はほとんどが黒人および有色人種のでその大半がゴア支持層だった。
 こうしたなかで、州最高裁にも手作業で再集計を求め、紆余曲折のなか、ゴアの埋もれた票が出てきてその差はわずかとなった。このままでいけば、逆転も見えてきたのだが。
 現実当時の関係者の再現ドラマがドキュメンタリー風に展開される。面白かったのはローラ・ダーン扮する州務長官キャサリン・ハリス。さすがブッシュ弟が任命しただけあって、明らかにきちんと仕事をこなせないという雰囲気が漂っていた。最初寝込みを記者会見に出るように求められた時はトレーナーにノーメークだったのが、次にはどぎついメークとドレスアップして登場するあたりが笑ってしまった。それと、ロンが述懐するように投票で勝っても、選挙には勝利できないというあたり、アメリカ大統領選挙の複雑で、しかもいい加減な状況をみることができたと思う。この後、日本の小泉・竹中といったポチたちの出現で大変な事になってしまったことを思えば、何とも残念としか言いようがない。


監督:ジェイ・ローチ
出演:ケビン・スペイシー、トム・ウィルキンソン、ローラ・ダーン、 シドニー・ポラック ジェイ・ローチ
2008年  116分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ディスタービア
高校生のケイルは前年父と二人で釣りに行き、帰宅途中で交通事故に遭い、父は亡くなってしまった。以来、父の死に後ろめたさを感じていた。そんな彼に無神経な言葉をかけた教師を教室で殴ってしまい、3ヶ月の自宅謹慎を命じられた。足首につけられた発信器で自宅から敷地内を出るとアラームが鳴り、即警察官が駆けつけるという仕組みになっている。当初、ネットゲームに夢中になっていたが、母親のジュリーに、契約を解約されてしまう。退屈な日々をごろごろしながら過ごすとのだが、訪ねてくる親友のロニーとある日、近所の様子を双眼鏡やビデオカメラで盗み見する。そして、隣に越してきた家族のなかに、アシュリーというかわいい高校生がいるのを見つけた。以来、すっかりアシュリーのことを見続けていた。そして、彼女と知り合い、ケイルたちの行動を知るが、彼女も仲間に入り三人で近所の様子を見続けていた。そのなかで、隣のターナーの行動に疑問を持ってしまう。それというのも、大きく凹んだ車がきれいに修理されていたり。独身の彼の家にきた女性の姿が見えなくなったりすることに気づくのだった。ケイルたちはネットで検索しながら、ひょっとしてターナーが連続女性殺人犯なのではという疑問を持ってしまう。動きのとれないケイルは、出かけたターナーをアシュリーに尾行させ、その隙にロニーを隣家にしのび込ませたのだった。彼らの疑問は解消するのか。
 訴訟騒ぎもあったように、明らかにヒッチコックの「裏窓」を念頭にした作品であることは間違いない。主人公は今や超売れっ子といっていいシャイア・ラブーフだが、母親役に「マトリックス」のキャリー=アン・モスが出ていた。けっこう見せ場もあり、そこそこのできだとおもった。

監督:D・J・カルーソ
出演:シャイア・ラブーフ 、デヴィッド・モース 、サラ・ローマー 、ヴィオラ・デイヴィス
2007年  上映時間:104分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

マンマ・ミーア
 ギリシアのエーゲ海にある小島にあるリゾートホテルが舞台。このホテルを経営しているのがシングルマザーのドナ。そして娘のソフィは翌日島の青年スカイと結婚する。その結婚式に出席するためにソフィの友達が船で到着する。早速、ソフィは友達にあることを打ち明ける。それは、母ドナの古い日記を見つけて、あることを知ったという。実はソフィの父のことで、彼女は生まれた時から父がいなかったのだが、ドナの日記には三人の父親候補がいたことがわかった。そこで、ソフィは母ドナに内緒で三人の父親らしき人たちに結婚式の招待状を送ったのだ。何も知らないドナはターンヤとロージーという二人の親友に結婚式に出てもらうため、久しぶりに会った。そして、狭い島で一同が鉢合わせし、いよいよ結婚式当日を迎える。一体ソフィの父は誰だったのか、20年を経ての再会から展開する人間模様はどうなるのか。
 全編ABBAのヒット曲が流れるミュージカル。元々が舞台だったものを映画化した。三人の父親候補はサムとハリーとビルでアメリカ、イギリススウェーデン人という設定。ドナの親友たちも何度も離婚結婚を繰り返したり、料理本が売れているという設定になっている。ということなのだが、そもそも、父親候補の一人サムはヒッピーなので時代は1990年頃になる。すると、インターネットは普及していないはずだと思ってしまった。それに、20歳の娘をもうけてという設定の割りにはメリル・ストリープは若作りをしているのだが少し歳をくっているのではとも思ってしまった。それは、彼女の友だちたちにもいえる。最初に出てきたターニャなどはロージーの親と思ってしまった。こんなこといっても、所詮歌と踊りの他愛のないミュージカルなのだから、アバの歌を堪能するだけの作品だと割り切るべきなのだろう。


監督:フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ、アマンダ・セイフライド、ピアース・ブロスナン、コリン・ファース2008年   上映時間:108分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

精神
自ら観察映画というネーミングで、ナレーション・テロップ無しのドキュメンタリー映画。前作「選挙」に続く2作目で、岡山県岡山市にある「こらーる岡山」という精神科診療所での山本医師と患者たちの記録だ。この患者さんたちはモザイク無しの実名で登場している。時折カメラを持った想田監督との会話が展開される。そもそも、この診療所というのも、けっこう古い住宅で、待合室も別棟の住宅だ。会わせて、牛乳などの宅配やら、食堂さらにはショートスティ用の住宅が混在している。山本医師はこの診療所で、朝の7時前には来所する患者たちの診療にあたる。ひとり一人の患者たちか、事細かに現状を聞き、最後に彼らに「どうしたらいいのか」と聞くのだ。ある人は統合失調症との数十年のつきあいで、苦しみの程を「なった者にしかわからん」と言い切る。また自殺願望にかられるという、手首に何本もの傷跡をもった女性っは「死にたい」と泣き崩れる。頭の中にインベーダーの声がするという男性は「いつか犯罪をおかすかも」とつぶやく。また高校生の時、猛勉強し無理をして発病して、山本医師に助けられたという男性は、待合室で顔見知りの患者たちに自ら作った詩をデジカメで撮った写真と一緒に披露する。彼のうんちくにもつい引き込まれてしまった。とめどなく、出てくる「小話」もおもしろい。すると「はい、カット」と笑いながら次の話題に移っていく。いっぽう、かつて結婚し、子どもが出来たが双方の親の助力がないなか、統合失調症を発病し、経験のない育児を夫の協力ないという状況下、育児ノイローゼから泣き止まぬ我が子の口を手で覆い死に至らしめたという女性の言葉もあった。
 ちょうど撮影時期が「障害者自立支援法」を立法化しようという頃なので、「精神障害」という立場から当時の小泉首相批判の声もあった。法施行後、大変な困難があの人たちをおそっているに違いないという暗澹たる思いがした。それでも、健常者と「精神障害」者という間のカーテンを取っ払うという監督の狙いは見事に患者さんたちの語る思いによって開け放たれ、深く考えさせられた作品だ。


監督:想田和弘
2008年日米合作映画   上映時間:135分

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。