FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劒岳 点の記
 1907年時の陸軍参謀本部陸地測量部は、先の日露戦争の勝利に列強からの圧力を感じ、国内の正確な地図の作成を急ごうとしていた。三角点(経度、緯度、標高)による測量法によって作成する日本地図で唯一空白となっているのが、富山県の剣岳一体であった。実は5年前、陸地測量部の古田測量手によって剣岳の測量が試みられたことがあったものの、あまりの難所に断念せざるを得なかったのである。しかし、今回は前人未踏のこの山に結成されたばかりの日本山岳会・小島烏水らも初登頂を目指していることがわかった。参謀本部では、遊び半分の民間人に先を越されたくないという思いもあって、陸地測量部の柴崎芳太郎測量士に厳命だと言って剣岳の登頂と測量を完遂するように申しいれたのだ。芝崎は先輩である古田の元を訪ね、意見を聞いた。すると、古田は地元では立山の山岳信仰が盛んで剣岳は死の山として恐れられていて、案内人を見つけるのは難しいが、自らが経験から宇治長次郎がうってつけだと紹介してくれた。柴崎はさっそく下見に富山に向かった。駅では長次郎が待っていてくれた。彼の村までは徒歩で行かなくてはならない。そして翌日柴崎と長次郎は山麓の村の総代に挨拶に行った。彼はあからさまに、剣岳への登頂には反対の意向だった。それでも、二人は晩秋の立山山麓を出発した。一帯は山岳信仰を信ずる多くの人々が行き交っていた。そんななか、長次郎の家を出て山の案内人として働く幸助の姿もあった。二人は行けども行けども厳しい剣岳への登頂の道を見つけ出せず、苦労していた。そんな折り、日本山岳会の小島烏水の一行とも鉢合わせてしまった。しかし、思ったよりも早く冬の訪れがあり、やむなく下山することになったが、途中で山にこもる行者を助けることになった。行者は「雪を背負って登り、雪を背負って降りよ」という言葉をかけるのみだった。翌年、測量隊は柴崎の他に木山竹吉、生田信が加わり、地元からも長次郎の他に宮本金作、岩本鶴次郎、山口久右衛門らが合流した。何せ、登山だけではなく三角点を設置するのだからその装備だけでも大変だった。一行が山には入るが、あたりはまだ雪渓や氷雨に見舞われていた。それでも、一行は観測も実施しながら少しずつ剣岳に近づいていった。前年、長次郎が登ろうとしたコースを生田が挑戦するが、あえなく滑落してしまった。やがて、日本山岳会の五人のメンバーも登頂しようとやってきた。
 一体何のために、山に登るのか、地図の空白部分を埋めるだけのために苦労する一行。それでもCGや空撮を一切使っていない画面は美しく、そして自然の厳しさを見せつけてくれる。木村大作初監督の作品とはいえ、かつて「八甲田山」の撮影もおこなっており、同じ新田次郎原作で相通ずるものがあると思った。現代では、登山道具は進歩しているが、当時は靴からして草鞋だし、テントや食料、灯りに至るまではるかな困難な状況だったと思われる。それに、交通手段といっても、基本は徒歩だし、そんななかでの山岳信仰に集う当時の民衆の思いもよぎるものがあった。出演者では松田龍平、仁科貴、蟹江一平らの芸能人二世も多く出ていたが、同じ二世といっても香川照之は浅野忠信とともにとてもよかった。抑制のきいた演技で、惹きつけてくれた。それと、添え物気味だが、宮崎あおいはやはり見とれてしまった。それでもなお、素晴らしいのは立山連峰から一望する山々の四季の景色は天下一品だ。


監督:木村大作
出演:浅野忠信、香川照之、中村トオル、松田龍平、モロ師岡、宮崎あおい、役所広司
2009年日本映画  上映時間:139分
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

レスラー
  1980年代人気プロレスラーだったランディ・ザ・ラム・ロビンソンは今は落ち目で、ドサ回りのプロレスを続けていた。しかし、収入は減り、今や住んでいるトレラーハウスの家賃にも困るほどだった。今や耳も悪く、ステロイドを使ってやっとのことで見せかけの体を維持していた。それでも、試合になるとラフプレイの連続で、満身創痍状態だった。そんなランディの唯一の楽しみはストリップパブで働くキャシディに会いに行くことだった。そうした無理がたたって、ある日試合の後、ステロイドの副作用で心臓発作を起こし倒れてしまった。緊急手術を終えたランディに対して医者はもうプロレスは無理だと宣告した。そこで以前からやっていたスーパーでのアルバイトの時間を増やすことにして、プロレスも引退することにした。思い悩んだランディは、キャシディに相談するが彼女はランディの娘ステファニーに会うように勧める。しかし、ランディは長い間娘とは会っていなかった。今さら、どの面さげて会えばいいのかと迷っていた。それでも、意を決して娘を訪ねた。娘は冷たく会いたくないと言う。そこで再び、キャシディに相談するランディだった。やっとのことで、娘と話すことが出来たランディはしばらくぶりで娘と心を通わす。いっぽうキャシディは息子がいることを打ち明け、ランディとのことは店の客と踊り子以上の関係にはならないと言う。その一言であれたランディは、酒を飲み行きづりの女性とはめをはずす。そして、娘との約束をすっぽかしてしまった。それで、もう2度と会わないし、声も聞きたくないと言われてしまう。そこでランディは因縁の相手ジ・アヤトラーと20年ぶりの再戦を決意する。そして、心臓手術の傷を目立たなくして、リングに立つのだった。
 かつて、俳優からボクサーへの転身をはかり、日本での試合でも「猫パンチ」と揶揄され、さんざん不興をかったミッキー・ローク。しかし、この作品では、かつての栄光を引きずり、過酷な戦いを展開していく老いたプロレスラーを好演した。皆、現実の映画界でのミッキー・ロークの姿をダブらせて見ると思うので余計に印象が深くなる。それにしても、つい先日日本でも2代目タイガーマスクの三沢選手がリング上の事故で亡くなっている。こうした現実も含め、途中からラストの予想はこれしかないと思うのだが、その通りの展開になっていった。



監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド
2008年米映画 上映時間:109分

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

ターミネーター4
 2003年サイバーダイン社で働く女性科学者セレナは、ある死刑囚のもとを訪れ「刑執行後に献体して欲しい」と申し出た。刑は執行され、死刑囚マーカス・ライトは、その死後何らかの手術を受け、そのまま施設のなかにいた。その五年後、ついに「審判の日」と呼ばれる巨大コンピューター・スカイネットによる核戦争が引き起こされ、人類は滅亡の危機に瀕していた。この機械軍対する人類の抵抗軍はジョン・コナーら世界中で戦いを続けていた。2018年ジョンは仲間とともに宇宙レーダー基地を急襲した。そこで、スカイネットの中核ともいえるコンピューターシステムにアクセスすることができた。その情報を原子力潜水艦のなかにいる総司令部に送信することができた。しかし、その後機械軍の総攻撃があり、コナー以外すべて死んでしまった。救援にきたへりから総司令部に行きコナーはある作戦について知らされた。一方、コナーが去った後の基地から一人の男がゲル状の物体に覆われた男が歩き出していた。彼こそ15年ぶりに蘇生したマーカス・ライトだった。ライトは廃墟で機械軍のターミネーターに襲われるが、危ないところをマーカス助けたのは若きカイル・リースだった。彼こそ、ターミネーター1でタイムスリップしてサラ・コナーと出会いジョンの父となる人物だった。そのためスカイネットはカイル・リースを真っ先に殺そうとしていた。二番目はジョン・コナーということだ。壮絶な戦いは続き、コナーはマーカスの手助けで、スカイネットの心臓部に入り込み、捕らえられたカイルの救出にむかう。しかし、そこにはT800をはじめとした強力なターミネーター群が立ちふさがる。
 ずいぶんと壮大な物語になったのだが、今回バットマンと同じくクリスチャン・ベールを主演に新シリーズとなった。今回はその序章ともいえるもので、とりあえずの戦闘には勝ったというもの。ただ、「猿の惑星」シリーズのようにストーリーが円環するというところまでいっていないので、まだ先が長いという感じがした。昨今の映像技術の進歩はあるものの、やはりイメージ的にはどこかでみたようなものになってしまうのは仕方ないと思った。


監督:マックG
出演:クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン
2009年米映画  上映時間:114分

テーマ : ターミネーター4
ジャンル : 映画

その日のまえに
 イラストレーターの日野原健大は、数人のスタッフをかかえ順調に仕事をこなしていた。妻とし子と健哉と大輔の中学生と小学生の二人の子どももいて幸福な生活を送ってきた。しかし、そうしたなか、突然とし子のガンが見つかった。しかも相当悪性で余命わずかということがわかった。健太は仕事をスタッフに任せ、とし子の看病に専念した。ある日、とし子とともに結婚した頃住んでいた海辺の町にあるアパートを訪ねることにした。そこで、町の様子が一変していることに驚く。そして、電車のなかで一緒だったサラリーマン風の佐藤俊治の姿をたびたび目撃する。彼はこの町の出身で幼なじみで地元で薬局を経営している石川の元をしばらくぶりで訪れたのだった。健太夫婦は一休みするために「朝日のあたる家」という喫茶店に入った。そこで、元夫のDVから逃れるために働いていた入江睦美と会い、追っかけてきた富永との修羅場に遭遇した。そうしてかつての思い出に浸った健太ととし子は無事に帰ってきた。その後、とし子の状態は悪化していった。家で留守番をしていた健哉と大輔はある夜、駅前でチェロの弾き語りをするクラムボンの演奏に注目していた。それは宮沢賢治の「永訣の朝」を弾き語っていた。そこにはクラムボンの大ファンでセールスレディをしている川田孝子の姿があった。二人の兄弟は、母と同じ名のとし子と「あめゆじゅとてちてけんじゃ」というフレーズに興味をもった。そして、とし子のその日が迫ってきた。健太は石川からの依頼で海辺の町での花火大会の準備もすすめるなか、ついにその日を迎えた。そして、その日の後の様子も描かれる。
 はっきり言って、重松清の原作とは別物だった。脚本の市川森一なのか大林監督なのか、やたらと出てくる宮沢賢治の「永訣の朝」の歌もがっかりした。賢治の作品は賢治の作品で変にチェロで歌ってもらいたくないという思いがした。わざわざ原作の和美という名をとし子に変えてまで、賢治の作品をもってこなくてもよかったのでは。たしか、「とし子」は肺結核で亡くなっているはずだし、がんとは違う。さらに上松原作では「ヒアカムズザサン」の部分も、ストリートミュージシャンの方がしっくりする。総じて、原作が短編をうまく融合させていったのに、映画ではバラバラだし、ちゃちなCGも興ざめだった。キャスティングも南原はないでしょう。つとめて笑顔を見せていた永作はよかった。それが、化粧を落とす際に見せた涙が光っていた。実際にがんの告知を受けた身にとって、あの涙には共感できた。涙を流すのは、やはり一人になったときだ。厳しいことを言えば「おくりびと」関連で峰岸徹とチェロという共通項という評価しかできないのではないか。


監督:大林宣彦
出演:南原清隆 、永作博美、筧利夫、柴田理恵、原田夏希、風間杜夫
2008年日本映画  上映時間:139分

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

レボリュショナリー・ロード 燃え尽きるまで
 第2次大戦後、ニューヨークで知り合ったフランクとエィプリル。典型的にデスクワークをおこなうフランクに役者志望のエィプリル。市民劇団での公演で一人気を吐くエィプリルだが、他のメンバーが素人すぎて浮いてしまい悲嘆にくれるがやさしく慰めるフランク。そして、結ばれた二人はニューヨーク郊外のコネチカット州、レボリューショナリー・ロード沿いの一軒家で暮らすことになる。やがて、二人の子どもにも恵まれた50年代半ば、ある日エィプリルがフランクに、こんな生活をだらだら続けていたくないというのだ。彼女はパリに移住し、向こうでNATOなどの政府機関で働きたいというのだ。給料も高く、フランクには無理に働かなくても、自己研鑽に励めばいいというのだった。フランクも妻からの提案に、いい加減現在の生活にマンネリ感を抱き続けていてすぐさま賛成するのだった。そして、隣人の夫妻はフランクたちの話に仰天する。当時の価値観では夫が働き妻は専業主婦として家庭を守るというのが一般的だったからだ。しかし、フランクたちの家を仲介した不動産屋のフランク夫妻が連れてきた息子ジョンだけはフランク夫妻の決意に理解を示した。そのジョンは精神を病んでいたのだった。フランクは会社の同僚にもパリ行きを報告し最後の仕事と思って大胆な思いつきをやり手で有名な上司に報告した。ちゃくちゃくと準備が進んだ頃、エィプリルの妊娠がわかった。このままだとパリ行きが危なくなると思った彼女は堕胎セットを密かに入手していた。それを発見したフランクは彼女を問い詰める。そして、二人の気持ちが赤裸々にぶつけられらた。そんな折り、フランクの提出した提案が認められ、新たに売り出すコンピューターの販売チームに抜擢されたのだった。夫婦の中は最悪の局面を迎える。
 タイタニックから11年ぶり共演となったレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。ケイト・ウィンスレットの方が格段によかった。ディカプリオはまた割を食ってしまった感があった。それと、本編とはあまり関係ないのだが、ジョンが「精神障害」ということなのだが、劇中彼は何十回も電気ショック療法を受けたと言っていた。それで、もともと数学者だったのが、数学についてはすべて忘れてしまったという。あの頃、ジョン・F・ケネディの妹もそうした「障害」をもち、当時として最先端の科学で治療し、ロボトミーという脳に電極を流し、取り返しのつかない状況になったということがあったことを思い出した。それはさておき、当時としては、先行した夫婦の有りようを提起したも作品だが、観た後さすがに爽快感はわかなった。


監督:サム・メンデス
出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ
2008年米映画   上映時間:119分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

フェイクシティ
ロス市警のトム・ラドロー刑事は、妻を亡くしその寂しさを紛らわすように、酒を片時も離さない。いつも、ウォッカの小瓶をポケットに入れて飲んでいた。それでも、悪には敢然と立ち向かっていた。ある日、二人の少女を誘拐し、虐待している韓国系のギャングの一味を捜し当てたトム。彼は、彼らに武器を売るという「餌」でアジトを突き止め、単身で乗り込み、有無を言わせず彼らを全員射殺してしまった。少女たちを救い出し、最初に発砲してきたのはギャングたちだというように現場を細工するトムだった。それでも駆けつけたトムの上司ジャックは、少女を無事救出したということで大喜びだった。ジャックはこの手柄をもって、出世の階段をまた一歩登るのだった。しかし、トムのかつての相棒のワシントンだけはいく悪人といえども、ちゃんとした逮捕、裁判という法の手続きをへないでいきなり射殺するのは間違いだと、トムに指摘する。そうしたワシントンの指摘を受けた警察の内部調査部のヴイックスがトムに事情を聞きに来た。おもしろくないトムは、後日ワシントンの後をつけてコンビニ入ったところでワシントンを殴ろうとしたところ、コンビニに押し入ってきた二人組がいきなりマシンガンを乱射し始めた。彼らは、ワシントンを撃ち殺し出て行った。トムは防戦一方で、みすみす目の前でワシントンを射殺されてしまった。今度もジャックが入り、コンビニの防犯ビデオに一部始終が録画されていて、まともに反撃すら出来ないトムの姿も映っていた。この事件を契機に、配置転換で閉職の苦情受け付けに回されたトムだった。そして、この事件を担当するディスカウント刑事から、実はワシントンが大金を所持しており、ロス市警内部の汚職警官の一員ではないかとの情報を得た。そこで、事件の真相を調べるため、ディスカウント刑事と行動ともにするトム。そして、スクリブルという男から情報を得て、コーツとフリーモントという二人組の存在までたどり着いた。そして彼らにたどりつきはしたが、そこから意外な事件の真相を目の当たりにすることになったトムだった。
 先に観たフランス映画「やがて復讐という名の雨」と同じように、アルコール依存症で妻を亡くしている刑事が主役という設定。さらに、警察権力によって、様々な自らに不利な箇所は徹底的に隠蔽する。この点も共通している。宣伝で、「L.A.コンフィデンシャル」が引き合いに出されているが、この本の原作者ジェームズ・エルロイが脚本を担当しているだけで。そんなに比較の対象とも違うと思った。ラストの真相とどんでん返しの場面はよかった。


監督:デヴィッド・エアー
出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー
2008年 米映画  上映時間109分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

世界一番美しい夜
 とある海辺の要村という小さな村が、出生率日本一になり内閣総理大臣から表彰されることになり、バスで大挙して東京に向かうことになった。そのバスのなかで、13歳の少女ミドリがパソコンで、そのいきさつを書き始め、物語は14年前にさかのぼる。この要村にやってきた稲穂新聞の記者水野一八は東京での不祥事が原因で、この辺鄙な支局に左遷されてきた。支局長の遠藤はアルコール依存症で昼間から酒を飲んでいた。もう一人の支局員石塚も、水野にここは何もないところで、通称「監獄」と呼ばれているところだと言う。それでも、その晩水野の歓迎会ということで、三人はスナック「天女」に行った。店のママ輝子は不思議な雰囲気を持っていた。店の常連の漁師権三はIQが高すぎて,不登校になった娘の〆子と二人暮らしなのだが、魚をもって店に来て、得意の喉を披露していた。それでも、水野は翌日から村の有力者たちを訪ねていた。村長や小学校の校長と会った後海神神社の平野宮司と会った際、彼は天女のママ輝子と港の船を生活の場としている二瓶について悪し様に言うのだった。輝子はかつて婚約者と夫を殺した過去があり、二瓶は「元過激派のテロリスト」で二人ともカルト宗教と関わりがあり何か企んでいるというのだ。そこで、水野は二人のことを調べ始めた。すると、輝子の過去も明らかになった。彼女は元々、この村の出身で、精神科医となったのだが、確かに婚約者は結婚前に亡くなっていた。その後、結婚した精神科医もまた亡くなり、それ以後彼女は医者を止め、故郷の村で母のやっていたスナックを再開したのだった。そして水野はある日、輝子がとてつもない力を持っていることを知る。さらに、権三の漁獲量が村一番の秘密は、〆子が開発した機械によるものだということもわかった。さらに、二瓶が村で発掘された縄文遺跡から縄文人のパワーの源泉の秘密を探り当て、ついに秘薬を調合することに成功したのだ。そして、この秘薬が村中を覆い、世界で一番美しい夜を迎えることができた。ただ、水野だけは、村に来ることになったいきさつを知り苦悶のなかで、蛇になってしまうのだが・・・ 冒頭のあたりは、イラストを背景にしたり、内容も荒唐無稽ということもあって、大人の寓話ということなのか。久しぶりに三上寛のドスのきいたフォークがよかった。怪優田口トモロヲはそれこそ「テロリスト岡本公三」からナレーター、そして今回の蛇まで何と芸域が広いんだと感心してしまった。ただ、石橋凌演じる二瓶が「世界中のすべての子どもたちが、わずか一晩でも安心して眠れるような夜があればいい」と現代の荒廃した世界を憂い、文字通り「愛」で世界を救うとジョン・レノンのようなメッセージを発した作品か。


監督:天願大介
出演:田口トモロヲ、月船さらら、佐野史郎、三上寛、石橋凌
2007年日本映画  上映時間:160分

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

休暇
 山梨県の拘置所に勤務する刑務官の平井は40歳を過ぎていたが、独身だった。ある日、姉の紹介で夫を亡くしたシングルマザーの美香との見合いを勧められた。幼い男の子を連れた美香と会った平井は、美香を気に入り、とんとん拍子で結婚の話が進んだ。平井の職場である、拘置所には死刑執行施設があり、金田という若い死刑囚が収監されていた。彼は模範囚で、ひたすらスケッチブックに絵を描いていた。なぜ金田が死刑判決を受けたのかはわからない。ただ唯一の身内が妹なのだが、面会にきてもお互い一言も発することはなかった。そして、平井の結婚式の日程が決まった。しかし、平井には有給休暇が残っていなかったので、新婚旅行はあきらめていた。すると、金田の死刑執行命令が告げられた。所ではしばらくぶりの死刑執行に所長以下緊張した。執行当日まで、金田本人には知らせず、気配も見せていけないというのだ。さらに死刑執行に関して現場では10人ほどの刑務官が必要とされていた。多くは上司からの命令によるが、「支え役」と呼ばれる、刑執行の際、刑場の下で落下した体を支える仕事があった。これに、自ら希望すれば、一週間の特別休暇を与えるとの話が上司から説明された。考え抜いた末、平井がその役を買って出ることになった。しかし、結婚式の翌朝に予定された金田の刑執行に対して、刑務官の同僚たちは平井に「なぜ支え役を希望したのか」と問い詰める。彼らは、死刑執行の現場に立ち会い、精神的苦痛を味わった経験から、結婚式を控え、休暇のために任務を引き受けるという行為をなじるのだった。しかし平井は新妻の美香と子どものためと自らを納得させようとしていた。そして、いよいよ刑執行前日、平井の結婚式が行われた。しかし、翌日の執行に立ち会う職員たちは一様に食欲はなかった。そして、刑執行当日、金田は執行を告げられさすがに動揺してしまう。やっとのことで、キリスト教の牧師から聖書の一節を読み聞かされるのだった。その後、妹へ書き残すことをと促されるのだが、一言も書けずじまいだった。刑執行を経て平井は、美香と子どもを連れて県内の温泉に向かった。
 森達也著「死刑」にもあったが、死刑執行ボタンは3個あって同時に三人が押すのだが、いったい誰のボタンがで床開くのかはわからない仕掛けになっているという。こうしたことも含め、死刑執行場は一般的に非公開が原則だというので、こうした場面は貴重なのだろうか。世間的には、裁判員制度がスタートしたが、こうした死刑も含めた量刑までも決めるというなかでは、誰もが裁判員への不安はかくせない。しかも、この映画でも弁護士との接見場面で再審ということが話されていたが、えん罪の可能性はなかったのだろうか。それと、死刑を前に一度だけ精神的に追い詰められ暴れる場面があったが、あんなに落ち着いていられるものなのか、疑問に思った。


監督:門井肇
出演:小林薫、西島秀俊、大塚寧々、大杉漣
2007年日本映画  115分

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。