FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
レイン・フォール/雨の牙
 国土交通省の高級官僚川村安弘が密かにUSBメモリーに落とした内部機密を持って外出し、地下鉄の車内で心臓発作を起こしそのまま死亡した。そこには、かつて米軍特殊部隊員として活動したことのあるジョン・レインの姿もあった。彼は日本人の父とアメリカ人の母との間の日系アメリカ人だ。現在はプロの殺し屋として活動をしていた。川村の死体からはメモリーは発見されなかったため、CIAアジア支局長ホルツァーは総力をあげ、レインの行方を追っていた。レインはそうしたなか、川村の自宅に向かっていた。そこには、東京都知事とも繋がりのある暴力団組長山本の配下も待ち伏せていた。川村の娘が帰宅して、襲われそうになったところを助けたのが、レインだった。しかし、新たにやって来たCIAのエージェントたちとの銃撃戦で川村の娘が死亡した。そこで、レインはあるジャズ喫茶に向かった。そこは、ジャズピアニスト川村みどりのコンサートをやっていた。有無を言わせず彼女を連れてその場を去るレイン。しかし、すぐに何者かが彼らを襲ったのだ。何とか躱して逃げる二人。一方、警視庁ではベテラン刑事、通称タツさんが上層部の命令で川村をはじめとした高級官僚の死について捜査を開始した。この14ケ月間3人の官僚が死んでいた。一応全てが事件性はないと判断されていた。しかし彼は何らかの作為を感じていた。レインとみどりは至るところに張り巡らされた監視カメラ群をさけ、レインの隠れ家に身を潜めていた。そんななか、死んだ川村が接触しようとしていたワシントンポストの記者と会ったレインは、川村の秘密を知った。記者は日本の国交省の官僚がアメリカに比べてもべらぼうな額の予算を使い日本中に道路や橋を作り続け、彼らも私服を肥やしているという現状を示した。そうしたなか、病気で余命があまりないという川村が贖罪のため、秘密を暴露しようとUSBメモリーにデーターを落とし記者に渡そうとしていたというのだ。そのメモリーが行方不明ということで、CIAや暴力団がやっきになってさがしているということをあらためて確認した。その行方の鍵を握ると思われるみどりとレインの二人とCIAさらには警視庁そして暴力団といった追跡劇が展開される。
 はっきりいって、途中でだれてしまった。CIA支局長のゲーリー・オールドマンはただただ感情むき出しで怒鳴りまくる、長谷京はやはりきれいなだけの「大根」だった。肝心の椎名桔平が孤軍奮闘なのだが、いまいちよって立つスタンスが不明のまま。長谷京と文字通り布団を隣にひいただけの寝物語にいたっては、あくびが出てしまった。中途半端感は最後まで続いてしまった。がっかり。


監督:マックス・マニックス
出演:椎名桔平、長谷川京子、ゲイリー・オールドマン、柄本明
2009年   上映時間:111分
スポンサーサイト



テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -