FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男たちの挽歌
 香港マフィアの幹部ホーは、相棒のマークとともに組織を引っ張ってきた。彼の父もかつてはこの世界の人間だったが、現在は病気で家で療養している。ある日、ホーの弟キットが、大学を卒業して警官になり、恋人のジャッキーと結婚したいというのだ。そこで、ホーは台湾でのニセドルの取引を最後に、闇社会から足を洗おうと決意する。そして、弟分のシンとともに台湾に向かった。しかし、ホーはこれまでと違う様子に疑問をもった。案の定、取引現場は地元の警察に包囲されていた。銃撃戦の末、ホーはシンを逃して、一人警察に投降した。一方、香港でもホーの実家に、怪しい男が入り込み父親を殺害しようとしていた。居合わせたジャッキーも抵抗するが、父は殺され駆けつけたキットは兄と父の正体を知り、兄を恨むことになる。さらに、マークは台湾の取引相手の暴力団に単身殴り込み、全員血祭りにするが、自らも足を撃たれてしまった。3年後、出所したホーは今度こそ足を洗う決心で、タクシー会社に就職する。そんな折り、町で足を引きずるマークを見かけた。今では、幹部になったシンの下で下働きをしている。しかし、ホーには再び組織で働き、今は香港警察で対マフィアの捜査で頭角を現したキットを牽制しようとしていた。ホーは、久し振りにキットを訪ねるが、冷たくあしらわれる。すると、シンたちはホーの勤めるタクシー会社を襲い、マークも袋だたきにあうのだった。そこまでやられては、もう我慢の限界でホーはマークと二人でシンたちの組織と対決するのだった。
 現在公開中の「レッドクリフパートⅡ」で注目を浴びているジョン・ウー監督の香港映画界での出世作とも言えるのがこの「男たちの挽歌」だ。チョウ・ユンファが単身殴り込み、銃を乱射していくあたりは、サム・ペキンパーを彷彿させる。それと、日本の東映やくざ映画のテイストも漂う。ただ、レスリー・チャンは警官役なのだが、職場でも家庭でもすぐに激して物に八つ当たりしたり、声を荒げてしまうのは、警官として冷静さに欠けると思うし違和感があった。ただ、香港がイギリスから返還される前の1986年制作ということで、後の「インファナル・アフェア」で描かれた香港警察とは違い随分小規模なものという印象をうけた。それでも、このアクションと兄弟愛、友情という側面が受けて、以後シリーズ化されるのだが、随所にこの作品から受け継がれたものが「レッドクリフ」でも散見できた。

監督:ジョン・ウー
出演:ティ・ロン 、チョウ・ユンファ、レスリー・チャン、エミリー・チュウ
1986年香港映画  上映時間:95分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。