FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2009/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12人の怒れる男
 ロシア、モスクワの裁判所で3日間に渡る殺人事件の裁判がおこなわれ、12人の陪審員による評決がおこなわれることになった。しかし、裁判所は改築中で陪審員の協議する部屋がないので、隣接する小学校の体育館を臨時の会議場とする。案内する廷吏は陪審員から携帯電話を全て回収し全員一致の評決が出るまで、何時間かかってもいいと言いながら、体育館のドアの鍵を閉めた。何か用があれば彼の元に通じている呼び鈴を押すように言うのだった。閉じ込められた12人は、簡単な事件だからすぐに結論が出るだろうと、高をくくって、広い体育館でバスケットに興じたりして、なかなか協議に入ろうとしなかった。やがて、一人二人と席に着き、ようやく協議が始まった。最後に席に着いた年配の男が議長となった。そこでさっそく評決に入る。議長は、評決を挙手でおこなうことを決め、裁決に入った。すると一人を除いて全て有罪に手を挙げた。しかし、たった一人だけ無罪に手を挙げた。その陪審員1番は、事件は簡単だというが、そもそも容疑者は少年でチェチェン人の少年で、チェチェン紛争の際、両親を亡くし、ロシア人の将校が養子としてモスクワに連れ帰り、それ以降面倒をみてきたのだ。その恩義のある養父をナイフで刺して殺したという事件で目撃証人もいるというものだ。陪審員1番は、少年が有罪になれば、この先何年も刑務所に入ることになるのだから、もう少しこの事件について語ろうと呼びかける。すると、タクシードライバーをしている陪審員3番は偏見むき出しで「あんな恩知らずなチェチェンのガキなど、有罪にしてしまえばいいんだ」と言い出す。それは、言い過ぎだとたしなめる陪審員10番に対して、そんな言い方はユダヤ人と同じだと反論する3番に「俺はユダヤ人だ」と名乗りつつ議長に再度評決を紙に書いて投票するように提案した。すると、今度は無罪が一人増えたのだ。こうして、次々に自らの置かれた地点からこの事件を再度見直していくことにした。すると、様々なこれまで見落としていたことも含め、事件の全容が垣間見えてくるのだった。
 時折り、少年がチェチェンで暮らした日々をフラッシュバックさせながら、過去の情景が映し出される。チェチェンとの関係も含め現代のロシアが抱えている様々な社会問題が絡み合っている情景も描き出している。そうしたなかで、オリジナル版「12人の怒れる男」ではヘンリー・ホンダがぐいぐいと他の陪審員をリードして、少年の無実を引き出していく。しかし、このロシア版では、一人がリードしていくというかたちではなく、それぞれの陪審員たちの出身民族とか、家庭といったなかでかかえる問題から事件を冷静に見つめ直していくといったもの。ただ、今年から施行される日本での裁判員制度とは仕組みが違うため、あのような議論は望む可くもない。そうした意味で日本の裁判員制度の問題点でもある、裁判官との合議や、量刑までも決定するといったところで、果たして日本では定着するのか、施行前から危ぶまれている。


監督:ニキータ・ミハルコフ
出演:セルゲイ・マコヴェツキイ 、 ニキータ・ミハルコフ 、 セルゲイ・ガルマッシュ
2007年ロシア映画  上映時間:160分
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

007慰めの報酬
 007カジノロワイヤルのラストから1時間後から始まるのが007慰めの報酬だ。ボンドが愛した女性ヴェスパーが死に、彼女の死にも関わる彼女を操っていたミスター・ホワイトを拉致し、尋問をおこなったMI6のMたちだったが、彼の背後には遙かに大きな巨大組織があることが判明した。この捜査をおこなうため、ハイチに飛んだボンドだったが、そこでカミーユという女性と知り合った彼女を介してドミニク・グリーンという男に目をつけた。彼は表向きは、環境保護を掲げる慈善団体グリーン・プラネットのCEOだが、彼の本当の顔をあぶりだすべく活動を開始した。しかし、ボンドの手荒な捜査方法によって、英国の高官のボディガードを殺害したということで、活動を凍結させる措置がMからだされた。しかし、退職したMI6 のマティスの協力でボリビアに向かうボンド。グリーンはCIAをも手玉にとって、ボリビアの前政権の主メドラーラ将軍に手を貸し、天然資源を独占しようと暗躍する。ボンドはグリーンの元にいたカミーユとともにグリーンの野望の証拠を確認するため、飛行機で探索に行くが、彼らを待ち構えていた飛行機に攻撃され、ボンドたちは地上に落とされる。それでも、カミーユとともにクーデターを成功させたメドラーノ将軍とグリーンの会合の場に向かうボンド。
 前作以上に、冒頭からのカーアクションの連続。至る所での追跡劇。「ジェイソン・ボーン」のマット・ディモンも真っ青の屋根から屋根、窓から窓といった飛び移りなど肉体派のボンドの面目躍如といったところか。しかし、敵の正体があまりに大きく前作との関連についても、最初だけで、全貌がわかりずらい。実際に「水男爵」とよばれる団体によって、水の支配が進行しているという現実を踏まえてのストーリなのだが、いまいち民衆を苦しめている状況が描かれず、もっぱらアクションだけというところが物足りなかった。前作の恋人ヴェスパ―が水に苦しめられ死んでいったが、今回のカミーユが火に包まれ死にそうになった場面で起死回生の脱出を成功させ、前作のトラウマを克服した。混沌とした現代では、かつてのようにわかりやすい悪は姿を消してしまったということが強調されているのか。


監督:マーク・フォースター
出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ2008年米英映画  上映時間:106分

テーマ : 007シリーズ
ジャンル : 映画

ブタがいた教室
 新幹線の高架レールが付近にある地方の小学校。6年2組の担任になった新任の教師星は、新学期早々学校に子ブタを抱えて持ってきた。そして6年2組26人の生徒に「先生はこのクラスで、ブタを飼いたいと思います。そして、大きくなったらこのブタをみんなで食べたいと思います。人は毎日命を食べて生きています。命を頂いて、生きているのです。そのことを、このブタを飼うことで勉強したいと思います」というのだった。星は校長と教頭にこのとり組みの許可を求めにいった。すると、校長は「他の生徒や近隣の住民に迷惑がかからないように、責任を持ってやる」ということを条件に認めるのだった。すると、子どもたちは土日を利用してブタ小屋を作り上げてしまった。そして、このブタをPちゃんと名をつけた。皆が交代で面倒をみるのだったが、最初に戸惑いを見せたのは、大小便の始末だった。それでも、何とか慣れていった。餌は、基本は給食の残飯を利用した。土日や休日はそれぞれ係になった生徒が家から残飯をもってきていた。すると、それぞれの生徒の家では、親子の会話が活発になった。しかし、数人の保護者は、校長にブタを飼うことで服が臭くなったとか、ブタを飼うことの意味がわからないといった苦情を持ちこんだ。しかし、校長は、生徒たちと担任の星とがしかっりとした信頼関係が作られていることをあげ、今後とも見守ってほしいと保護者たちを説得した。やがて、夏休みになり、給食もないなか、星はなんとかPちゃんの餌を確保した。そして、夏休みの花火大会をPチャンの小屋の前で皆で持ち寄った花火をやった。夏休みも終わり2学期がはじまるとPちゃんも一段と大きくなり、大きな声が他の教室のじゃまになるということで6年2組の教室で入れて授業をおこなったりした。やがて冬休みも終わるといよいよPちゃんの処遇をどうするかのクラス討論が始まった。Pちゃんを食べることことへの抵抗が強くなった。そして、一日でも生かしてあげたいという思いから、6年2組の生徒たちが卒業後にPちゃんを飼ってくれるクラスはないかと校内放送で呼びかけた。すると、3年1組が手を挙げた。しかし、充分大きくなったPちゃんは3年生にはいささか手に負えない様子だった。それでもクラスでの投票は3年1組に引き継ぐと食肉センターに送るというのが13票ずつとなった。そしてPちゃんの運命はどうなるのか。
 1990年、大阪の小学校の新任教師がブタを飼って、飼育をした後、自分たちで食べるという実践教育がおこなわれ、やがてその模様がテレビに取り上げられた。この実話をもとに作られたのがこの作品だ。実際に映画のなかでも、迫真の討論が展開された。命をつなげることの意味「いただきますは」は「命いただきます」ということの意味だということを理解してもらう作品で、小学生にぜひ観てもらいたいと思った。


監督:前田哲
出演:妻夫木聡 、田畑智子 、原田美枝子 、大杉漣
2008年日本映画  上映時間:109分

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

k-20 怪人20面相伝
1941年12月日本(大日本帝国)は米英と平和条約を締結したというところから始まる。したがって、太平洋戦争は回避されるという設定だ。舞台は1949年、日本は戦争は避けたが、国内において、天皇を中心とする華族制度が存続し、著しい格差社会となり、平民と華族との婚姻は原則禁止され、居住地域も分けられ明日の生活にも困窮するスラムや浮浪児たちの群れができていた。そんななかテレビ放送が始まり、富裕層以外は街頭テレビに見入っていた。そして、一番の関心事は怪人20面相と名探偵明智小五郎の対決だった。それと、庶民たちの楽しみはサーカース見物だった。その帝都で人気があったのは、サーカースの曲芸師遠藤兵吉だった。そんな兵吉を支えてくれていたのは、源治という細工師だった。それと南先生という団長で、格差社会に不満を言う新助という少年と兵吉に「こんな社会はいつまでも、続かない。きっと新しい希望のもてる社会がくることを信じるように」と病弱な身体であっても、希望をとくのだった。そうした折り、カストリ雑誌の記者が兵吉を訪ねてきた。彼は、南の身体の具合を心配し医者に診せるための金をえさに、兵吉に明智小五郎と羽柴華子の婚約式の様子をカメラで撮影するよう依頼するのだった。それは兵吉のサーカースの技を駆使しての盗撮だった。明智はニコラ・テスラの発明した新エネルギー伝達装置のミニチュア版を持ち去った怪人20面相を追っていた。それでも、華族のなかでも一番の資産家羽柴家の令嬢との婚約式において20面相から、羽柴家が持つ「バベルの塔」を描いた絵画を盗むという挑戦状が届いていた。明智は警視庁の浪越警部にこの際、絵をエサに20面相を逮捕しようと準備を進めるのだった。当日、カメラを持った兵吉は羽柴ビルの硝子張りの屋上からカメラを構えシャッターを押すと大音響とともに、ビルの一部で爆発が起こった。すると、上を見ていた明智の助手小林少年が兵吉を発見して、皆に知らせ一斉射撃を受けて、兵吉は軍警察に逮捕されてしまった。いくら、警察で雑誌記者に依頼されたと言っても信じてもらえず、兵吉が20面相とされてしまった。しかし、兵吉が護送されることになった時、その途中で突如異変が起き、兵吉の姿が忽然と消えてしまった。彼は、源治の仲間たちに助けられたのだ。しかし、彼らは裏の家業は泥棒だったのだ。反発する兵吉、しかしサーカースは軍警察によって焼き払われ、皆ちりぢりになってしまい、新助も浮浪児たちとやっと生きていた。そんな有り様を見て、兵吉は源治から20面相も修行したかも知れないという、秘伝の書を見せてもらい、怪盗への途を修行するのだった。そうした折り、20面相が華子追いかけているのを見つけた。そこで、華子を助け、泥棒長屋に連れ帰り庶民の生活を見せる兵吉。この体験を経て、自らの生活を見直し、兵吉の手助けをしながら20面相を追いつめる華子だった。こうして、ついに兵吉と20面相が対決する日がやって来る。
 韓国映画「ロスト・メモリーズ」は、2009年のソウルが舞台で日本の植民地支配が続いているという設定の作品で中村トオルが出演しており、K-20の上映が始まってすぐにこの作品を思い出してしまった。このような、IFの世界の設定にすると実際とちがってテレビの出現や小型ヘリの実用化など、随分と融通がきくものを出現させることが可能となった。そうして、軍警察などドイツに影響されているように思えた。とはいえ、「ぼ、ぼぼくらは少年探偵団」と歌い、BDバッチを集めた世代にとっては、怪人20面相への思い入れはひとしおだ。今回の原作の北村想のものとも違うK-20なのだが、それはそれでおもしろかった。


監督:佐藤嗣麻子
出演:金城武 、松たか子 、仲村トオル 、國村隼 、高島礼子
2008年日本映画  上映時間:137分

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

感染列島
 正月明けのいずみ野市立病院の救急救命医である松岡剛は忙しく働いていた。先輩の安藤から家族サービースで宿直を交代してくれと頼まれた。その際、高熱に苦しむ急患真鍋を診察した。インフルエンザキットを使って陰性と出たので、風邪の処方をした。ところが、その翌日真鍋は妻麻美とともに再び病院に運ばれてきた。彼の症状は高熱、吐血、下血、嘔吐、下痢といった症状だった。その際、治療にあたった安藤の顔に真鍋の吐血がもろに浴びせられたのだった。すると、その日を境に多くの患者がいずみ野市立病院に搬送されてきた。厚生労働省は新型インフルエンザの疑いがあるのではないかと考えた。それというのもいずみ野市内にある養鶏場の鶏が鳥インフルエンザにかかり大量に死んでいたのが、発見され、残りの鶏はすべて処分され、鳥インフルエンザの権威西教授がが現地入りし、調査をおこなっていた。町では、養鶏場での鳥インフルエンザが人間にも感染するように変異したのではないかという噂で持ちきりだった。その間、患者は次々に増えていった。そこで、厚生労働省はWHOから日本人メディカルオフィサーの小林栄子を派遣してもらい、陣頭指揮をとるようにした。栄子はかつて松岡の卒業した大学で助手をしていて、恋人同士だったのだ。それでも患者は爆発的に増加していった。しかし、感染源のウィルスすら特定できていなかった。そして、いずみ野市立病院を隔離病院として、治療にあたることになった。そんななか、この治療に専念するチームを募り、文字通り不眠不休の治療態勢がとられた。それでも、人手も足らず、やがて東京以外の各地でも同様の患者が増加していった。すると、厚生労働省は国民に外出を自主規制するよう呼びかけ、流通もストップし、町はゴーストタウン化してしまった。こうしたなかでも、患者は増え続けていった。一方、ウィルスの特定と感染源についても、調べていた。死者は病院のスタッフにも及んだ。このパンデミックはいったいどこまで続くのか。
 気になったのは、妻夫木扮する松岡が最初の病原菌を特定するため、小林と病院を抜けた麻美の家を訪れたり、西教授とともに東南アジアの島に行ったりするくだりは、首をかしげてしまった。パンデミック専従スタッフは看護師までも、泊まり込みで幼子にも会えないという状況なのにも関わらずだ。それと、病院だけは機能しているのだが、他のインフラはあまり機能している様子もないというのもちょっと解せない。さらに、そもそものウィルスとその発症状況が「28日後」「28週後」と同様で目からも血が流れ出るという状況が同様だが、さすがにゾンビ状態にはならないというのは救いだった。それでも最後には、小林の亡くなった弟が「たとえ明日地球が滅ぶとも、今日君はりんごの木を植える」と言った台詞と、無医村に勤務することになった松岡の姿を希望とするのだが。手放しでは評価できないという思いだ。

監督:瀬々敬久
出演:妻夫木聡、檀れい、国仲涼子、佐藤浩市、藤竜也
2008年日本映画  上映時間:138分

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

チェ28歳の革命
 1955年、27歳のアルゼンチン人のエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナは医者となっていたが、青年期に南米の多くの国をバイクで回って民衆が大変な苦痛を強いられている現状をみてきた。そうした中で知り合った、キューバ人の革命家フィデル・カストロとメキシコで意気投合する。そして、翌年12月、8人乗りのレジャーボート・グランマ号にカストロ、ゲバラら総勢82人の同志たちはキューバに乗り込んだ。しかし、バティスタ政権との戦闘で最終的にはこの82人の内12人しか生き残れなかったという。当初、ゲバラは医者として軍医的な役割りを担っていた。しかし、彼は負傷した味方の兵士たちをしっかり守り回復して戦線に復帰できるよう献身的に擁護した。さらに、部隊に新たに加わった兵士たちに読み書きの重要性を説き、戦闘の傍ら勉強をするように呼びかけた。彼らは山岳地帯に根拠地を作り次第にキューバ民衆にも支持されるようになった。そして、都市部での反バティスタ勢力とも手を組んだカストロ軍は2年間の戦いのなか、ゲバラは第2軍の司令官となり、キューバ第2の都市サンタ・クララに向けて進軍する。そこで、最後の決戦に望み激戦の末、サンタ・クララを陥落させた。そして、革命の総仕上げとしてハバナへの行軍を開始するところで、第一部が終了する。しかし、時折り、モノクロ映像で1964年ゲバラがキューバ代表としてニューヨークの国連本部での演説の場面が出てくる。これは、キューバ革命の後62年のキューバ危機を経た後のことだ。ニューヨークではキューバに持ち込まれたソ連の核ミサイルへの過剰な反応の後遺症もあって、国連に現れたゲバラへの米国民の敵意をむき出しにした反応が多かった。国連のなかでも、南米の親米政権はゲバラに敵対してきた。しかし、彼は米帝国主義への批判を展開しあわせて南米の反キューバの主張にことごとく反論を展開した。
 キューバに乗り込んだゲバラは、持病の喘息に苦しめられつつも、新たに加わった兵士たちの訓練を任され、闘う部隊を作り上げていった。彼は、愛をもって兵士や民衆に接しつつ、規律は厳しくするといったなかにその基本が貫かれていたいた。これは、虐げられた民衆の支持をえた革命という「大義」があればこその結果とも言えよう。ちなみに、「チェ」といのは、「ねぇ君」というような呼びかける時に使う言葉で、ゲバラがよく使ったことで、愛称となったようだ。ただ、国連での演説の内容やインタビューも含め、社会主義的知識が前提としてなければ、内容が分かりずらいのではないかと思った。それと、当初キューバに上陸する部隊のなかで、唯一キューバ人ではなくアルゼンチン人というなかで、警戒される場面もあったが、日本でのことを考えると、なかなか難しいのではないかと思った。余談になるが、64年に国連でゲバラが演説した際言及していたグァンタナモ米軍収容所をキューバに返還するよう求めていたが未だに解決していない。


監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ
2008年   上映時間: 132分

テーマ : チェ・ゲバラ
ジャンル : 映画

告発のとき
 2004年11月、地方都市で暮らすハンクの元にイラクに派遣された息子マイクの件で電話が入った。それは、ハンクがイラクから帰還して、外出後基地に戻って来ず、このままでは無許可離隊で処分されるというものだった。そこでハンクは妻のジョアンを残し一人で車で基地に向かった。長い旅の最初に目にしたのは、米国旗が逆さまに掲揚されているのが目に入った。ハンクは、その国旗を掲揚した外国人職員に国旗を反対に掲げるのは「救難信号」を意味するということを教えて立ち去る。基地に着くと、ハンクはかつてその基地で軍警察軍曹として働いたのだった。息子マイクと最後まで一緒に行動していた兵士仲間に事情を聞くハンク。すると、彼らからマイクは「ドク」というあだ名で呼ばれ、麻薬を常用していたことがわかった。そしてマイクの私物を見て、持ち出し禁止と言われながら密かに携帯電話をポケットに忍ばせた。すぐに、IT便利屋のような男の元に携帯を持って行った。そして、イラクの熱波で壊れかけた携帯のデーターを修復してメールで送るように依頼した。続いて地元警察に息子の消息を調べて欲しいと依頼に行った。すると、女性刑事エミリーはそれは軍警察の仕事だと冷たくあしらわれた。しばらくして、地元の警察に殺人事件の一報が入った。切断され、焼かれた遺体が発見された。エミリーたちが、捜査に出向き証拠を集めていた時、軍警察一行が到着し、現場は軍の管轄地だということで、地元警察は手を引くことになった。そして、ハンクのもとに連絡が入り、殺されたのがマイクだということがわかったという。あまりに変わり果てた姿に、声も出なかったハンク。妻のジョアンはただ一人、飛行機でやって来て、涙に暮れまた単身帰宅していった。ハンクはエミリーに殺人現場を見せて欲しいと頼み、同行する。すると、彼は殺人の現場を指摘し、軍の管轄地ではなく、公道の脇で殺された後、管轄地の方に引きずられたということまで見抜いた。さすが、かつて軍警察にいただけのことはあると驚嘆するエミリ―。そして彼女が再度この事件を警察で取り扱えるよう署長に掛けあう。エミリーの同僚たちは、元軍警察出身者もいて、彼女に冷ややかだった。彼女はシングルマザーとして、一人息子育てていた。そんなエミリーに夕食に誘われ、息子を寝かせるため、かつてイスラエルの少年ダビテがエラの谷で、巨人ゴリアテとパチンコで対決した話を聞かせ、勇気を持つように示唆した。やがて、マイクの残した携帯の動画から、イラクでの行動の一端を知ることになる。そして、マイクが麻薬に走ていった経緯もわかってきた。その後、ハンクはエミリーを補佐してついに犯人にたどり着くのだった。
 この作品は、米「プレイボーイ」に発表されたイラク帰還兵が焼死体で発見され、その犯人はかつての戦友たちだったという実在の事件を基にしたものだ。イラクにいったマイクがドクと呼ばれるようになったきっかけの動画が物語っているように、戦火の兵士たちが麻薬に溺れ、精神的に追いつめられていく様子が残された動画によって断片的にだが描かれていた。こうして、帰還した後もPTSDに苦しめられ、生と死が日常だったところから解放されない日々が続くといったあたりを伺い知ることができる。それと、ハンクがマイクから送られてきた星条旗を、わざと逆さまに掲揚し、しかも固定したというのは「大義なき侵攻」をはじめたアメリカに対する救難信号そのものという意味だろう。トミー・リー・ジョーンズ、スーザン・サランドンは文句なくいいのだが、シャーリーズ・セロンはあらためて見直した。好演している。


監督:製作:ポール・ハギス
出演:トミー・リー・ジョーンズ、シャーリーズ・セロン、スーザン・サランドン
2007年米映画   上映時間:121分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。