FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハムナプトラ3
 1946年、第2次世界大戦も終わり平和な日々のロンドン郊外に暮らすオコーネル夫妻。妻のエヴリンは時々エジプトでの冒険を本にした朗読会を開いていた。夫のリックも平穏な暮らしに、いささか飽きていた。そんな折、英外務省から“シャングリラの眼”という巨大なブルーダイヤを上海の博物館に返還してほしいという依頼がきた。さっそく、二人は上海に行くことにする。上海に行くと、そこにはオコーネル夫妻の一人息子アレックスがいたのだ。彼は大学を中退して、中国古代の遺跡を発掘し2千年前の皇帝陵を発見するという成果を上げていたのだ。上海博物館のウィルソン館長は中国を世界の最強国にしようと目論むヤン将軍と手を握り、発掘された多くの兵馬俑とともに古代中国の皇帝を復活させようとしていたのだ。その鍵を握るのがシャングリラの眼だったのだ。実は、2000年前の中国で絶大な力持っていた皇帝が妖術師の女ツイ・ユアンに不死の力獲得を命じ、部下のミン・グオ将軍を伴わせ遥かシルクロードに派遣した。二人は見事に不死の魔術を発見して帰還した。その間に愛しあうようになっていたが皇帝は二人の仲を認めず、ミン将軍を処刑しユアンの命も奪おうとしていた。命からがら逃げながらユアンは皇帝とその部下たちに呪いをかけ、陶器へと姿を変え兵馬俑へと変身させてしまったのだ。ヤン将軍たちは、何とか皇帝を復活させようと皇帝を目覚めさせることに成功し、最終的な復活を果たすためにヒマラヤへと向かった。一方、オコーネル夫妻は息子アレックスと上海でナイトクラブを経営していたエヴリンの兄ジョナサンも加わり、ヒマラヤに向かった。そして、もう一人リンという若い女性もいた。彼女は、皇帝復活を阻止するため、心臓を刺すと永遠に葬ることのできる宝剣を持っていた。一行はリックの旧友の操縦する飛行機でヒマラヤに向かい、そこで皇帝とヤン将軍たちを待ち伏せていた。
 シリーズ3作目ということだが、邦題のハムナプトラはエジプトのかつての都の名前であって、今回とはまったく関係はない。ちなみに、原題はThe Mummy Tomb of the Dragon Emperorで第1弾もThe Mummy なので、こちらは問題ないことになる。そうはいっても、今回はミイラと呼ぶには少し違うとも思う。それでも、CGを駆使しての展開はそれなりに見せ場はある。しかし、ストーリ的には「インディ・ジョーンズ4」との類似点が見られた。それは息子の登場で家族での冒険またリックの傷の回復もインディ3を想起させた。ただジェット・リーはあの皇帝役では持ち味が生かされていないのではなかろうか。またリックもインディではないのだからコミカルな持ち味が生かされていないという面あり、物足りなさは否めない。


監督:ロブ・コーエン
出演:ブレンダン・フレイザー、マリア・ベロ、ジェット・リー、ジョン・ハナー、ルーク・フォード、イザベラ・リョン
2008年  上映時間:112分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。