FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
レッドクリフ Part1
 後漢の末期、皇帝である献帝は丞相として曹操を任命。彼は、次々に国内の有力武将を屈服させていった。残るは、呉の孫権と荊州の劉備だった。これを撃つことを進言する曹操に皇帝は躊躇する。劉備は同じ縁戚で、反抗したわけでもなく大義名分がたたないということになる。しかし曹操は天下を平定し自らが皇位の簒奪を密かに狙っており、強引に掃討戦を裁可させる。こうして西暦208年、80万の大軍を率い、長坂の戦いで劉備軍を襲う。劉備軍は彼を頼ってきた民衆を守りながら退却する。その際、劉備の子阿斗と麋夫人が逃げ遅れて曹操軍に取り囲まれていた。そこに駆けつけたのが趙雲だった。彼は獅子奮迅の活躍で阿斗は助けるが、麋夫人は自ら井戸に身を投げてしまう。こうしたなか、善後策を相談する劉備たち。そこで、天才軍師の諸葛亮孔明はかねてからの主張である三者鼎立を実現するためにも、呉の孫権との同盟を主張し、自らが呉に赴くのだった。しかし、孫権は曹操との戦いに反対する老臣たちを前に躊躇する。しかし、孔明の理路整然とした主張に心を動かされた。そこで、呉の軍政の中心人物周瑜と面会する孔明。二人は琴の連弾をするなかで気持ちを通わせるのだった。さらに周瑜の妻小喬は天下に名高い美女で、曹操は呉を征服した後、彼女を手に入れようという野望もあったのだ。こうして、劉備軍と孫権軍が共に立ち曹操軍を迎え撃つことになる。連合軍は、赤壁に陣をはる。そして、長江に2000隻の大船団と陸上部隊あわせて80万の大軍が向かっていた。これに対して、初戦には孫権の妹尚香が女性の侍女たちを率い、曹操軍の先鋒を挑発し、連合軍が待ち伏せる地点に引き込んだ。そこには、孔明の八卦の陣で曹操軍を迷路に引きずり込み、後は、関羽、張飛、超雲さらには呉の甘興、周瑜までも参加して大勝利をおさめるのだった。そして、いよいよ赤壁の戦いになる。
 すでに知っている三国志の山場赤壁の戦いを描いた作品。たくさんのエキストラとCGを織り交ぜた映像は圧巻。それと、この時代の戦いが「大義名分」とか民衆を庇護する「慈悲」の心などを尊重するといったあたりも描き出されている。日本人俳優も金城武、中村獅童なども好演している。アクションシーンは関羽、超雲らの超人的な活躍がジョン・ウー監督お得意の映像でこれでもかという程見せつけられた。さらに、あらためて気がついたのは、日本で現在でも和服のことを「呉服」ともいう。孔明が着ているのは紛れもない呉服なのだが、日本の和服のルーツを見ることができた。



監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー
2008年  上映時間:145分
スポンサーサイト



テーマ : レッドクリフ
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -