FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
パコと魔法の絵本
 とある豪邸を訪ねた堀米という男に、自分の両親の伯父さんの遺影を仏壇から引っ張り出し、彼に関わる昔話をはじめた。それは、一風変わった病院での出来事だった。一代で大きな会社を築き上げ、現在も会長として君臨している大貫は偏屈でわがままで、皆から嫌われ「クソ爺い」と呼ばれていた。変わり者の医者浅野、太ももにタトゥーを入れた看護師のタマ子、同じく看護師で大貫の甥の妻の雅美、女装をしたゲイの木之元、人命救助に意欲を燃やし救急車に轢かれた消防士の滝田、銃で撃たれたヤクザの龍門寺、元子役として一世を風靡したものの大人の演技ができず自殺未遂を繰り返す室町、人間であることを嫌悪する堀米など変わった人間の集まるところだった。そんなある日、パコという少女が大貫の隣にやって来た。彼女は交通事故で車に同乗していた両親を亡くし、自分も後遺症で記憶を蓄積することができず昨日のことはすべて覚えていないのだ。彼女は、ひたすらママから貰った7歳の誕生日プレゼントの「ガマ王子対ザリガニ魔人」の絵本を読んでいた。最初、大貫はパコに意地悪をするのだがそれでもニコニコ笑っているパコに心を開いていく。しかし、パコは記憶がなくなるのだが、唯一大貫がパコの頬をなぜてくれたことを覚えていた。そして、ガマ王子のことと自らのことを重ね合わせ、反省し心を入れかえパコの記憶に残せるようにと、サマークリスマスの劇で「ガマ王子対ザリガニ魔人」を上演するように申し出る。そしてすべてはパコのためにということに共感した皆が取り組むことになった。
 極彩色の映像と、劇中劇が3Dアニメになったりと、舞台の雰囲気も取り込んだり、特殊メイクも効果的だ。パコとの関わりによって、他者へのいたわりと癒しの涙に浸る大貫の姿が感動的だった。全体として、笑いかつ泣かされてしまう作品。ただ、最後のフィードバックで2度泣きをさせられてしまったのは、反則だと言いたい。


監督:中島哲也
出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ
2008年日本映画 上映時間:105分
スポンサーサイト



テーマ : パコと魔法の絵本
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -