FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネクスト
 ラスベガスでマジックショーをおこなっているクリス・ジョンソンは、自らに関係する2分先のことが見えるという特異な能力を持っていた。ある夜、クリスはマジックの仕事を終え、カジノで自らの能力を使って稼いでいた。彼は目立たぬように、そこそこ稼いでいたが、監視カメラにチェックされガードマンが彼のもとへ向かって来た。それを察知したクリスは急いで換金しようとしていた。すると、一人の男が換金所で銃を出し、二人を撃ち金を奪って逃げていく姿を見てしまった。そこで、クリスは、この強盗にタックルして床に倒していた。しかし、周囲にはクリスが突然男に暴力をふるったかのように映っていた。すると、カジノのガードマンたちはクリスの後を追うのだった。何とか逃げ帰ったクリスの前にカリー・フェリスという女性のFBI捜査官が現れた。彼女はテロリストが核兵器でロサンゼルスの爆破を企てていることを察知し、クリスの特異な能力もって爆弾の隠し場所を探し出そうとしていた。しかしクリスにはフェリスが現れることを予知できたため、自宅から逃れていた。そして、彼は何度も見ていた運命の女性リズとの出会いの場所であるカフェレストランに向かった。そして運命の時間たしかにリズは現れた。しかし、彼女を追ってストーカーの男も現れた。クリスは、迷惑がるリズから、男を追い払ら彼女との出会いを上手くやろうといろいろとシュミレーションをしながら、リズと出会うことができた。その後リズの車で、移動することになった。すると、FBIもクリスの動きを察知してすぐに彼らの後を追った。するとテログループもまたFBIの動きを察知し、クリスを一足先に殺そうと動き出すのだった。こうした事態にクリスは、2分先の予知能力をフル稼働させ、危機を回避するのだが。
 予知能力という未知の能力をクローズアップさせるのだが、肝心なところで、2分先から運命の女性との出会いやその後、ラストに関わる予知夢のような展開については、あまりに都合がよすぎる。先が読めるということとやり直しが可能という展開には、ずるいんじゃないかと思ってしまう。それと、今や悪役のオールマイティのテロリストグループもFBIに関わらずテロに専念していれば、主人公クリスにさえ関わらなければ彼の予知能力を封ずることができるたのに、ここいらの整合性が説明できていない。まっ、最後にもう一回というゲームのリセットみたいな終わり方では首をかしげてしまった。


監督:リー・タマホリ
出演:ニコラス・ケイジ、ジュリアン・ムーア 、ジェシカ・ビール
2007年米映画  上映時間:95分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ゲット・スマート
マックスウェル・スマートは米国秘密諜報機関コントロールで働くアナリストだ。彼は、世界中にお張り巡された盗聴マイクであらゆる会話をチェックしていた。そうした情報を元にした分析能力は評価されていた。しかし、スマートはエージェントになりたいという希望があるものの、なかなか認められなかった。そんななか、国際犯罪組織「カオス」がコントロールに侵入し本部を破壊してしまった。彼らは、ロシアで核爆弾を製造し世界中に売りこもうとしていることがわかった。そこで、コントロール内で「カオス」に顔が判明していないスマートと整形したばかりのエージェント99がロシアに潜入することになった。二人は何とか任務を遂行するが、スマートはエージェント23の証言で身柄を拘束されてしまった。しかし米大統領を狙ったテロ攻撃に対して、ブルースとロイドの協力で拘束を逃れ、テロ攻撃を阻止するため活動する。
 かつて、テレビで放映された「それいけスマート」のリメイク作品で懐かしかった。ただ、テレビ版のスマートはもっとドタバタな感じだった。映画版では、基本的にはアナリストとしてはそれなりに優秀ということになっている。ただ、お約束のまじめな顔で不器用な仕草は、どうもなじめない。エージェント99役のアン・ハサウェイは美人なのだが、どうも人形のような印象で損をしている。何はともあれ、ネタ不足のハリウッドは世界中からリメイクできそうな作品を物色しあわせてかつての人気作品をリメイクするといった、オリジナリティがなくなっている現状を表している。


監督:ピーター・シーガル
出演:スティーブ・カレル、アン・ハサウェイ、アラン・アーキン、テレンス・スタンプ
2008年米映画  上映時間:111分

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

容疑者Xの献身
 東京の下町、江戸川にある河川敷のグランドで全裸で顔や手足をつぶされ焼かれた男の死体が発見された。男は富樫慎二ということがわかり、貝塚北署に捜査本部が置かれた。警視庁から草薙らが出張ってきた。所轄からは内海らが担当し、容疑者リストのなかから富樫の元妻花岡靖子の周辺の捜査をおこなった。実際のところ、富樫が花岡の家を訪ねていた。富樫は、かつて靖子がホステスをしていた際、店に通い、前の夫との間にできた娘美里を連れて結婚していたことがあった。しかし、結婚後DV気味でまともに働かないこともあり離婚し、その後連絡をとっていなかった。靖子は働いて近所に弁当店「みさと」を開いていた。そうしたなか、花岡母子の元へ富樫がやってきた。靖子は、金を渡し早々に富樫を帰そうとしたが、しつこくつきまとう素振りを見せたため、乱闘となり富樫を二人で殺してしまった。ただならぬ物音に気づいた隣に住む高校の数学教師石神哲哉が靖子の家を訪ねた。この日から、石神による花岡母子への指示が始まった。捜査のなかで、石神が草薙や湯川と同じ帝都大学の卒業生だということがわかり、事件についてアドバイスをして欲しいとの依頼をする内海に湯川は、石神についてはっきり覚えていた。湯川をして石神は天才と言わしめた程優秀な男だったが、家庭の事情で大学院には進まず高校教師となっていたのだ。石神は花岡母子が隣に越して来てから、ずっと数学一筋で生きてきて始めて、異性である靖子に恋心をいだき、毎朝みさと亭で弁当を買っていた。石神は明晰な頭脳で警察の先を見越し、適切な指示を出していた。こうしたなか、湯川と石神は17年振りに再会し数学談義をするのだった。やがて、石神の狙い通り容疑者は靖子から他の方向に向いていった。しかし、湯川の推理が冴え渡る。
 テレビでシリーズ化されたガリレオものとは、原作からして違っていたので、危惧があった。案の定と思った。そもそも、原作とは違いテレビ化にあたって、内海という女性刑事が設定され、本作でもテレビの延長線上、大規模実験のためのエピソードを挿入したり、原作にはない登山場面まで入れている。しかし、論理では解けない「愛」については共通項として残してはいるものの、物理学者湯川の本領発揮というよりは、情緒に揺らぐ人間湯川の一面を見せている。しかし、原作も含め、いわゆる「ホームレス」への差別的な眼差しは黒澤明の「天国と地獄」で見せた薬物依存症患者への差別的な態度と同様、後味の悪さを痛感した。


監督:西谷弘
出演:福山雅治 、柴咲コウ、北村一輝 、松雪泰子、堤真一
2008年日本映画  上映時間:128分

テーマ : 容疑者Xの献身
ジャンル : 映画

靖国
 映画は靖国神社内で、現在でも鍛えられ製作される日本刀の場面で始まる。そして、この刀が靖国神社のご神体と紹介される。しかし、靖国神社の祭神はいわゆる「明治」以来の戦争で亡くなったいわゆる「英霊」であり、ここは事実誤認ということになろう。それでも、通称「靖国刀」といわれた日本刀鍛錬会により作られた日本刀は8000振りといわれている。これらの刀は、陸海軍の将校に供給された。そして、当時の新聞にも掲載された南京大虐殺を象徴する中国人捕虜の百人斬り競争の象徴としてもこの日本刀が紹介されている。また中国人の監督だと推察される日本語が少しおぼつかないインタビューに対して、現在でもまだこの刀を製作している90歳の刀工は、日本刀の切れ味を自慢する。曰く何人切っても刃こぼれなどしないとか、昔は敵の機関銃の銃身までも切り落としたという話を披露していた。こうした描写が適宜写され、一方で8月15日前後の靖国神社を参拝する人々の様子が淡々と写し出される。かつての軍人たちが当時の軍服姿で参拝する。現代の現役自衛官たちが集団で上官の指揮の下参拝する。またアメリカ国籍の人がビラを配布しながらの参拝に対しては、手を差し伸べる者、「ここは米国人が来るところではない」という者との対応があった。また、慰霊式典に対して反対の声を上げた若者に集団で殴りかかり、血だらけにしてしまい、興奮した男性が「中国人は帰れ」としつこく罵声を浴びせていた。また、一方浄土真宗の僧侶は自らの父親が靖国神社に祭られていることへの疑問を述べている。同じようにキリスト教徒に対しても靖国神社に祭ってしまっていることへの疑問も出されていた。そして、台湾からもかつての植民地支配の結果あの戦争へかり出され戦死してしまった人々をも靖国に祭ってあることへの抗議と分離を求める強い申し出でが写し出されていた。
 全体の印象としては、中国人の監督のインタビューも含め多少意思疎通がかけていたきらいが見受けられた。そうしたなかで、靖国刀がご神体といったところも含め、稲田議員を筆頭にした難癖がつけられたものと思われる。それと、この映画に文化庁からの助成金が支出されているということをもって腹を立てているということだが、それこそ金を出しているからといって芸術への政治介入は強引すぎる。しかも、映画は基本的には淡々と事実を映し出し、小泉のどさくさ参拝も含めてただ事実をナレーションなしで映像化しているだけのものであって、何を目くじら立てるのかと思うような内容であった。靖国参拝に賛成する立場の人、反対の立場の人、それぞれに我が意を再確認する作品と言えよう。


監督:李纓
2007年日本・中国映画  上映時間:123分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ブラックサイト
 オレゴン州ポートランド、FBIでサイバー犯罪を専門に取り締まる女性捜査官ジェニファー。彼女が立ち向かうのはクレジットカード詐欺、ポルノサイトなどネットを舞台にした犯罪を取り締まるため日々闘っている。彼女の夫は警察官で殉職、残された娘とジェニファーの母との3人暮らしをしていた。ある夜、ジェニファーが気になったのは、鼠取りに引っかかった猫をなぶり殺すというサイトだった。そこには、頭蓋骨のレントゲン写真を載せ「kill with me.com」というものだった。猫を殺した後、今度は人間が縛られそのサイトにアクセスが集中するだけ、被害者に様々な力がかかるように設定されていた。その模様がネット中継されるや、どんどんとアクセスが殺到し、増えれば増えるだけ致死量もまた増加していき、その結果男性の命が奪われてしまった。すると第2のケースが、引き起こされこれもネット中継され、衆人環視の下、殺人が実行される。ジェニファーも仲間たちとともにこの画面を注視していた。その後、ジェニファーの家がこのサイトで中継され、娘が家を出てカメラを探すと、乗り捨てられた車から殺された男の死体が出てきた。家を知られたため、娘と母を疎開させ地元の刑事と捜索にあたるジェニファーだった。すると、こんどはあろうことか、ジェニファーの同僚グリフィンが行方不明になった。彼もまた、ネット中継されながら、殺されそうになっていた。それでも、彼は最後の力を振り絞り瞼の開閉でモールス信号を使い、犯人の情報を発信した。それによって、犯人の手がかりが判明したものの逮捕にはいたらず、グリフィンも殺されてしまった。落ち込んでそまうジェニファーに、犯人から再び接触があった。
 きわめて巧妙なサイバー犯罪を展開する「犯人」、これはFBIの対サイバー犯罪対策を凌駕するものだった。今や解き放たれたパンドラの箱のように、毎日世界を駆け巡るネットでの様々な情報。実際、これまでも、処刑の場面をネット中継するということもあった。こうした現実を踏まえ、細部にわたっても緻密な準備をしたうえでのサイバー犯罪の設定なのだが、むしろ無責任にこうしたサイトを見ながら他人の不幸を嘲るような風潮に一石を投じようという趣旨にはうなずける。


監督:グレゴリー・ホブリット
出演:ダイアン・レイン、ビリー・バーク、コリン・ハンクス
2008年米映画 上映時間100分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

暴力脱獄
 ポール・ニューマン追悼で「スティング」「明日に向かって撃て」「評決」などとともに、忘れてはいけない名作が「暴力脱獄」だ。邦題が何ともセンスのないものになっているが、原題は「クールハンド、ルーク」という。クールハンドとは「ずうずうしい」という意味だそうだがその後にカードがつけば「空っ手」というポーカーで役のない手だともいうそうだ。そうした意味ではこちらの方に近いのかもしれない。それはさておき、この作品は1967年の製作ということなので、舞台は60年代のアメリカ。おそらくはベトナム戦争もしくは朝鮮戦争からの帰還兵で勲章も貰っているルークはある夜、酔ってパーキングメーターを次々に切断していた。駆けつけた警官に逮捕され、懲役2年の判決で刑務所というのか犯罪者矯正のための道路補修整備作業キャンプに入れられた。そこは、50人の収容者がひとつの部屋に入れられ、2段ベットが並んでいた。所長は安楽椅子に座り威張りちらしていた。普段は、ライフルを持った看守たちが見張る中、道路脇の雑草を刈ったり、側溝を作ったり、アスファルトで舗装をしたりという作業に明け暮れていた。この囚人たちのなかで君臨しているのがドラッグラインという男だった。彼は、ルークにいちゃもんをつけ、土曜日の休日に認められているボクシングでルークを痛めつける。しかし、ルークは殴られても殴られても立ち上がり不適な笑みをみせつつ立ち上がる。そんな姿に、逆に圧倒されてしまうドラッグライン。すっかり、ルークを気に入った彼はルークゆで卵の大食いを持ちかける。すると、ルークは1時間で50個という。囚人たちの賭で注目のなか悪戦苦闘の末やりきるルーク。そして、ポーカーでも何も役がないにもかかわらずブラフで勝ったルーク。彼は次第に囚人たちの注目の的になっていた。しかし、ある日面会に来た母が病気で死期が近いことがわかる。差し入れられたバンジョーを弾きながら歌う故郷の歌は切ないものだった。そして、ルークに母の死の知らせがあると、所長は逃亡の恐れがあるということで、1メートル四方ほどの粗末な懲罰房に閉じ込めてしまった。ようやく解放されたルークは独立記念日のドンヤン騒ぎの最中単身脱獄する。しかし、逮捕され連れ戻されたルークは足に鎖の足かせを着けられた。しかし、かれは、またしても脱獄する。しかも、逃亡先から雑誌に載ったルークが二人の女性と撮った写真まで掲載されていた。しかし、また逮捕されたルークは徹底的に痛めつけられてしまう。
 この映画で見逃してはならないのは実存主義ということだ。雨で作業を中止となった時、ルークが思わず神の不在を口にし、それ以降、看守たちの憎悪を受け続けていた。そして、最後に無人の教会に入ったルークが「なあ、神様。確かに俺はちっぽけな、ろくでもない人間さ。だが、そんなことはわかってるはずだ。耐えられないような厳しい試練を与えるのはあんたじゃないか。なぜいつも俺を追いつめるんだ。俺のやることは何もかも間違ってるのか。おかげで、俺はいつも何が間違いで、何が正しいのかもわからなくなるんだ」と問いかける場面にもはっきりとでている。ただいくつかの疑問点もある。「プリズンブレイク」じゃないけれど、脱獄してからの行動が大事だと思うのだが、あまりそこらあたりが説明されていないと思った。囚人たちが絶賛していた「ルークスマイル」は不屈の闘志を秘めた笑いだけではなく、どこかニヒルで先行き希望のない不安を打ち消すための「笑い」に思えてならなかった。


監督:スチュアート・ローゼンバーグ
出演:ポール・ニューマン、ジョージ・ケネディ、ルー・アントニオ、デニス・ホッパー
1967年米映画  上映時間:127分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

パコと魔法の絵本
 とある豪邸を訪ねた堀米という男に、自分の両親の伯父さんの遺影を仏壇から引っ張り出し、彼に関わる昔話をはじめた。それは、一風変わった病院での出来事だった。一代で大きな会社を築き上げ、現在も会長として君臨している大貫は偏屈でわがままで、皆から嫌われ「クソ爺い」と呼ばれていた。変わり者の医者浅野、太ももにタトゥーを入れた看護師のタマ子、同じく看護師で大貫の甥の妻の雅美、女装をしたゲイの木之元、人命救助に意欲を燃やし救急車に轢かれた消防士の滝田、銃で撃たれたヤクザの龍門寺、元子役として一世を風靡したものの大人の演技ができず自殺未遂を繰り返す室町、人間であることを嫌悪する堀米など変わった人間の集まるところだった。そんなある日、パコという少女が大貫の隣にやって来た。彼女は交通事故で車に同乗していた両親を亡くし、自分も後遺症で記憶を蓄積することができず昨日のことはすべて覚えていないのだ。彼女は、ひたすらママから貰った7歳の誕生日プレゼントの「ガマ王子対ザリガニ魔人」の絵本を読んでいた。最初、大貫はパコに意地悪をするのだがそれでもニコニコ笑っているパコに心を開いていく。しかし、パコは記憶がなくなるのだが、唯一大貫がパコの頬をなぜてくれたことを覚えていた。そして、ガマ王子のことと自らのことを重ね合わせ、反省し心を入れかえパコの記憶に残せるようにと、サマークリスマスの劇で「ガマ王子対ザリガニ魔人」を上演するように申し出る。そしてすべてはパコのためにということに共感した皆が取り組むことになった。
 極彩色の映像と、劇中劇が3Dアニメになったりと、舞台の雰囲気も取り込んだり、特殊メイクも効果的だ。パコとの関わりによって、他者へのいたわりと癒しの涙に浸る大貫の姿が感動的だった。全体として、笑いかつ泣かされてしまう作品。ただ、最後のフィードバックで2度泣きをさせられてしまったのは、反則だと言いたい。


監督:中島哲也
出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ
2008年日本映画 上映時間:105分

テーマ : パコと魔法の絵本
ジャンル : 映画

ウォンテッド
 毎日の仕事に疲れ切ったウェスリーは、精神的に追いつめられていた。それで、住んでいるのは電車の騒音がするような安アパートに恋人と同棲していた。しかし、この恋人もウェスリーの職場の同僚と浮気をしていた。しかも、その彼は厚かましく、ウェスリーにコンビニの支払いを肩代わりさせるのを日課としていた。さらに、職場の上司の太った女性はウェスリーにおパワハラ気味のいじめを連発し、精神安定剤が欠かせないウェスリーだった。そんな、彼のしょぼくれた人生を一新する事件が起こった。いつものように、コンビニよったウェスリーに微笑みかけた美女が、いきなり銃を取りだし、店の中で男と銃撃戦を展開した。この女性フォックスとともに店の外に出てから、男とのカーチェイスをしながら銃撃戦を続けた。しかし、男を取り逃がし、ウェスリーはフォックスに伴われ、紡績工場に連れて行かれた。そこは、フラタニティという謎の組織の本拠地であった。この組織は、かつて機織りの職人たちが作った暗殺集団で、一人の悪を倒すことによって1000人の命を救うということを趣旨とした一団だった。その集団のまとめ役的存在のスローンが言うには、この組織に裏切り者が現れ、この組織の一員として働いていたウェスリーの父親も裏切り者クロスに殺されたというのだ。小さい時に生き別れになり、父の秘密を聞かされたウェスリーは自分にも暗殺者としての資質があることに気がつき、父の敵を取るため猛特訓を受けることになる。しかし、それは半端な訓練ではなく、大変な訓練の日々だった。それは、重力や引力を無視するようなものだった。それとともに、回復室という肉体のダメージをも驚異的に回復させる湯船も存在していた。何度かの実践をへたなか、ついにスローンからクロスの暗殺指令が出された。すると、その直後スローンはフォックスにウェスリーの暗殺指令も出すのだった。
 監督が「ナイト・ウォッチ」シリーズを手がけたティムール・ベクマンベトフだということで派手なアクションには納得した。それでも、弾丸がカーブしたり、急停車した車に吸い込まれるように乗ったりの場面は唖然としてしまった。それに電車の上での動きなど少しやり過ぎ。それと、まったく関係のない人が乗り合わせた電車まで脱線させてしまうのも、明らかにやり過ぎだ。そしてフラタニティという組織とスローンの関係もまた説明不足でいかがわしすぎる。ここらも「ナイトウォッチ」シリーズと同じかと思った。勧善懲悪でもなし、さえないサラリーマンからの変身ものとしてもアクションだけ派手で、薄っぺらで何なのだよという欲求不満の残る作品。


監督:ティムール・ベクマンベトフ
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ、モーガン・フリーマン、トーマス・クレッチマン
2008年米映画  上映時間:110分

テーマ : ウォンテッド
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。