FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
4分間のピアニスト
 ドイツにある女性刑務所でピアノ教師をしているクリューガーはグランドピアノを購入した。しかし、ピアノのレッスンの生徒は看守のミュッツェも含め4人だった。ところが、ジェニーの同房の女性が自殺してしまう。彼女もまたピアノレッスンを希望していた。わずか3人だけのレッスンが始まった。クリューガーは自殺した女性のための教会での葬儀の際、パイプオルガンを演奏しながら、ジェニーの音楽に合わせて手の動きに注目していた。しかし、ジェニーの傍若無人の振る舞いに、レッスンを打ち切る。すると、ジェニーは看守のミュッツェに八つ当たりし瀕死の重傷を負わせてしまう。ところが、ジェニーの略歴を調べると、子どもの頃ピアノコンクールで数々の受賞歴があったのだ。でも、ある時点からいっさいコンクールには出場しなくなり、生活が荒れていき、ある若い男と知り合い妊娠したが死産となった。そのことを引きずってか、彼の父親を殺して刑務所に入ってしまったというのだ。いっぽう、クリューガーは第二次大戦中ピアノの勉強をしていたが、戦下のさなか病院での勤労動員で看護活動を手伝っていた。彼女は同性愛者であり、好きな女性がいたがコミニュストであることが判明し、戦時下で処刑されたのだった。このことが、クリューガーを60年以上も経って依然として苦しめているというのだった。それで、ジェニーはあらためてクリューガーに手ほどきを受け、ピアノをはじめる。そして、コンクールの予選を次々に勝ち上がっていった。ところが、怪我が治ったミュッツェはジェニーへの恨みから同房の女性をけしかけ嫌がらせを画策していた。しかし、逆に彼女たちを血祭りに上げたジェニー。これで、決勝コンテストへの出場が危ぶまれた。そんな時、クリューガーの元を訪ねたジェニーの養父。実は彼こそが、ジェニーを英才教育していたが、反抗されて娘をレイプしてしまったのだった。そのことを悔いており、殺人事件についても、無実だというのだった。そんな、苦悩を抱えたなかで、クリューガーのある決断があった。
 ラスト4分間のピアノ演奏は、賛否が分かれるところだろう。また、すぐに切れてしまうジェニーの心の闇は、冤罪であっても、罪を受け入れてしまうというなかにまで現れているように感じた。それでも、クリューガーはともかく、ジェニーの今後はどうなるのか、ピアノは、それに事件の真相は、等々けっこう気になる結末だが、それはそれで余韻を残すということでいいのではないかと、勝手に思ってもみた。


監督:クリス・クラウス
出演:モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシ、ュプルング、スヴェン・ピッピッヒ
2006年 独映画 上映時間:115分
スポンサーサイト



テーマ : 映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -