FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2008/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エディット・ピアフ 愛の賛歌
1915年第1次世界大戦の最中エディット・ジョバンナ・ガションはパリで生まれた。母のアネッタは歌手を目指し路上で歌っていた。従軍中の父は娘が虚弱体質でちゃんと育てられていないことを知り、自らの母親ルイーズの元に連れて行くのだが、そこは「売春宿」だった。そこで働く「売春婦」のティティーヌらにかわいがられるエディットだったが、ある日角膜炎を患い、目が見えなくなってしまった。そこで、聖テレーズに祈りを捧げ、しばらくすると、奇跡的に目が見えるようになった。そんな日々の後、父が復員しエディットとともに大道芸の旅に出たのだった。そして、父の芸の後エディットが歌を披露し大喝采を得たのだった。その後、母と同じようにエディットも歌手を目指しパリに住むようになった。そこで街頭で歌うエディットの歌声に目を向けたのが名門クラブ、ジェルニーズのオーナーのルイ・ルブレだった。彼に見いだされたエディットだった。芸名は子スズメという意味の「ピアフ」と決まり、連日満員の盛況だった。しかし、ルイ・ルブレが何者かに殺害された。落ち込むエディットにレイモン・アッソという著名な作詞・作曲家が彼女の才能をさらに引き出そうと本格的なレッスンをおこなった。これを機に本格的に、大舞台でのデビューが実現。名実ともに彼女はフランスを代表するシャンソン歌手となっていった。しかし、十代の頃からの飲酒と薬物依存によって身体がむしばまれていった。やがて、アメリカでも評価され、しばしば公演もおこなっていた。そんなとき、プロボクサーのマルセルと知り合い、彼が世界チャンピオンになると、彼に妻子がいることを承知で結ばれたのだった。すっかり彼にのめり込んでいったピアフ。しかし、彼の乗った飛行機が事故で帰らぬ人となったマルセル。すっかり気落ちしたピアフは薬物依存で立ち直れぬ状態になり、ついに舞台で倒れてしまう。リハビリもうまくいかず彼女ももう一人のマルセルのことを気にしながら、息を引き取った。
 少女の頃から年老いた頃までを力演したマリオン・コティヤール。あえて幼少の頃と晩年に絞り込んで描き、第二次大戦中のエピソードなどは排除されている。愛に生き、酒と薬物に依存してしまう、もろさをもった天才歌手の半生。アメリカ公演で、マレーネ・ディトリッヒとの出会いの場面は秀逸。繊細な神経ゆえ、舞台になかなか上がれず一人で部屋に閉じこもり、神に祈るピアフ。しかし、ひとたび舞台に上がれば、豊かな声量と技量で聞く者を圧倒する。子役も含めてピアフを実に好演していたと思う。

監督:オリヴィエ・ダアン
出演:マリオン・コティヤール 、 ジェラール・ドパルデュー
2007年 仏、英、チェコ映画  上映時間:140分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

エリザベス ゴールデン・エイジ
 前作のラストで白塗りのメークで「国家と結婚する」と言い放って終わってからの続編。新教がようやく定着してきたものの、まだまだ根強いカトリックの勢力も存在していた。こうしたイギリスに敵意をむき出しなのが、スペインであった。当時、スペインのフェリペ2世はカトリック教徒でプロテスタントのイギリスをカトリックの支配におこうと、国土の森林の木を大量に伐採し、無敵艦隊と呼ばれた大船団をの建造をおこなっていた。そして、イギリス国内のカトリック教徒とも連携し、イングランドでエリザベスの監視下にいたスコットランド女王メアリー・ステュアートを担ぎ上げようとしていた。メアリーは庶子であるエリザベスより自分こそが正統なイングランドの王位継承権者であると主張していたのだ。国内のこうした不穏な動きに対してエリザベスの側近のウォルシンガムはいろいろと策を張り巡らしていた。一方、新大陸帰りの船乗りウォルター・ローリーがエリザベスの元に謁見に訪れた。彼を気に入ったエリザベスは侍女のベスを通じて、彼を呼び寄せ、彼に様々な経験談を披露させた。そして、彼を近習として働くよう求めた。そして、カトリック派の陰謀が動きだし、フランスから帰国したウォルシンガムの弟まで関わりがあった。彼らは教会でエリザベスの暗殺をはかった。しかし、この企みは失敗に終わったものの、メアリー・ステュアートの関与が明らかになり、彼女を反逆罪で死刑にするよう求められたエリザベスだが、自らの母アン・ブーリンの最後を思い、承諾に躊躇するのだが、結局処刑に同意し、実行されてしまう。これを待っていたかのように、スペイン無敵艦隊が反プロテスタントの旗を掲げ、怒濤の進撃を開始した。イギリスの海域に入った大船団を前に敗北の不安を抱えながら、スペイン軍迎撃の最前列にたつエリザベスだった。
 スペイン無敵艦隊を迎えるにあたり、自ら甲冑に身を固め閲兵したエリザベスが檄を飛ばす場面は、気迫と貴賓にあふれていた。白塗りのメーキャップと鬘、ウエストをこれっきり細く締めたドレスも似合っていたケイト・ブランシェット。前作から10年ほど経っているが、これだけの時間があって、逆にけっこうはまっていた。この時代、シェークスピアも活躍しており、映画「恋におちたシェークスピア」でジュディ・デンチ扮するエリザベスが観劇に訪れるシーンがあった。結局、前作であった恋愛は今回はキスだけで、国に身を捧げたエリザベスの凛々しい姿が印象的だった。


監督:シェカール・カプール
出演:ケイト・ブランシェット 、ジェフリー・ラッシュ 、クライヴ・オーウェン
2007年英映画  上映時間 : 114分

テーマ : エリザベス:ゴールデン・エイジ
ジャンル : 映画

スウィニー・トッド
 19世紀イギリスのロンドンで腕のいい理髪師として働き、美しい妻と生まれたばかりのかわいい娘との幸せな暮らしをしていたベンジャンミン・パーカー。しかし、彼の妻を見そめた悪徳判事ターピンンはベンジャンミンを罪に陥れ(これぞ冤罪)終身刑で遠くオーストラリアに投獄されてしまった。それから15年、島から抜け出し船でロンドンに戻ってきたベンジャミンは、スウィーニー・トッドと名を変えていた。彼の暗い表情は、15年間の苦しい日々を雄弁に語っていた。彼は昔と同じフリート街に理髪店を出そうとしいた。ロンドン一不味いパイ店と評判のミセス・ラベットのもとを訪ね、かつてと同じ場所で理髪店をやりたいというトッドの申し入れを快く承知するラベット。彼女は、トッドが昔のパーカーだとわかると、彼の妻ルーシーがターピン判事に辱められ、ヒ素をあおり、娘ジョアナは判事が引き取り後見人として育てられていると語った。トッドは復讐の鬼と化し何としてもターピンとその手下バムフォードを亡き者にしようと愛用のカミソリに誓うのだった。そんなおり、トッドを助けて船でロンドンまで連れてきてくれた若い船乗りのアンソニーはターピン判事の家の前で美しい娘ジョアナを一目見て恋してしまう。しかし、ジョアナとの結婚をもくろむターピン判事の命令でバムフォードによって痛い目に遭わされるアンソニー。そして、このバムフォートに近づくため、イタリアの理髪師ピレリと腕を競ったトッドだったが、ピレリに正体を見破られたトッドは彼を殺害するのだった。これを契機に次々にカミソリで喉を掻き切るトッド。そして、この死体の処理もかねてミセス・ラベットがミートパイを焼き一躍評判になった。しかし、ミセス・ラベットのパイ焼きの窯から上がる黒煙と異臭も人目をひき、絶えず店の周囲をうろつく物乞いの女性がいた。収入が増えたミセス・ラベットはトッドに復讐など止めて、二人で海辺に家を買い結婚して一緒に暮らそうと言う。しかし、トッドはひたすら復讐をやり遂げようとしていた。
 暗い画面とメーク、歌声までも暗い。ティム・バートンとジョニー・デップが醸し出す世界。細かい疑問点は数々あるのだが、まぁいいかと思わせてしまう。ただ、本来が復讐劇で不条理な階級社会にも対抗するというところに、もっとこだわってもらいたかった。結果的に無差別殺人ということになりつつも、最後は因果応報といことで幕というのも無理からぬことか。


監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ 、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン 、ティモシー・スポール
2007年米映画  上映時間:117分

テーマ : スウィーニー・トッド
ジャンル : 映画

ジャンゴ
壇ノ浦の合戦から数百年。平家の落人の住む山あいの寒村「根畑」に、埋蔵金の噂を聞きつけ押し寄せてきた。そんな彼らを追い払ったのが、清盛率いるの平家ギャングたちで、赤色の衣装をまとっていた。しかし、その後村にやって来たのが義経率いる源氏のギャングで白い衣装を着ていた。彼らは、平家たちに「お宝」を探させ、発見したところで横取りしようとしていた。そんな中に、ひとりのガンマンがやって来た。清盛も義経も凄腕のガンマンを用心棒にしようとする。源氏側にいきかけたガンマンに声をかけ、思いとどまらせたのが茶店の女主人ルリ子だった。彼女は一人息子アキラを清盛に殺され残された孫の平八と暮らしていた。平八の母、静は息子平八を守るため、元々源氏の生まれであったので、義経の庇護を受け、彼らの館に身を寄せていた。そして、源氏の弁慶が密かに新型の武器を仕入れ一気に平家との決着をつけようとした際、逃げ遅れた静を助けるため源氏の与一に捕まり傷ついたガンマン。そのなかで、殺された静だったが、平八とともにガンマンを山奥に連れて行き、看病したルリ子が、幼なじみのトシオに頼み武器を手に入れ、変身し傷を癒したガンマンとともに村に戻るのだった。
 1966年公開のマカロニウエスタン「続・荒野の用心棒」に登場するさすらいの用心棒が「ジャンゴ」というフランコ・ネロが扮していた。棺桶を引きずり、中からガットリング銃が出てきて、撃ちまくるという内容だった。あの意表をついた登場で、「荒野の用心棒」のクリント・イーストウッドにつぐマカロニウエスタンのスターになった。そもそも、「荒野の用心棒」も黒澤明の「用心棒」のリメイクだし、同じ黒澤作品「七人の侍」が「荒野の七人」としてハリウッドで映画化されたのを受けて作られている。こうしたマカロニウエスタンとともに日活でも小林旭、赤木圭一郎、宍戸錠などが主演した無国籍映画のなかでもウエスタンものもけっこう作られていた。こうした、作品群のオマージュとしてこの「ジャンゴ」がある。映画の台詞はなぜか、すべて英語なのに主題歌「さすらいのジャンゴ」(荒野の用心棒の主題歌)を北島三郎が日本語の歌詞で歌っているという奇妙さ。小林旭と浅岡ルリ子のコンビをなぞっていると思う役名。でも、タランティーノは「アキラのアキラはアニメのアキラからとった」と言っていた。それでも、彼も「キル・ビル」では日活や東映の任侠映画からの影響をもろ出していた。それは、そうとこの作品では、主役の伊藤英明があいかわらず存在感がない。石橋貴明も相変わらず下手だけど、桃井かおりだけが存在感を発揮していた。昔のマカロニウエスタンを知っている世代としては、あのジャンゴーという歌声に惹かれてしまうのはやむを得ないが、あまりに破天荒だが見どころにかけた凡作といえよう。

監督:三池崇史
出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり、木村佳乃、クエンティン・タランティーノ
2007年日本映画 上映時間121分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ラストコーション
 1942年日中戦争の最中、香港の大学で学ぶことになったワンは、誘われて学生演劇の舞台に立つことになった。時代は抗日運動全盛期で、演劇のリーダークヮンに密かな恋心をいだいて参加したワンだった。芝居は大盛況で、大はしゃぎの学生たちだった。すると夏休みを前に、クヮンが仲間たちに国民党政府の特務機関を牛耳るイーは売国奴であり、彼を暗殺することが国のためだと語る。そこで、彼らは急遽豪邸を借り、たまたまイーと顔見知りの親戚を通して、彼に近づくことに成功した。ワンは貿易商の夫人としてイー夫人たちと麻雀仲間になった。そして、イーの動向を探り「色じかけ」でイーに迫ろうとした。しかし、あと一歩というところで、イーが上海に移動することになったため、計画は頓挫してしまう。3年後、上海でひっそりと暮らしていたワンのもとへクヮンが突然姿を現した。彼は、昔の仲間たちとともに現在でも、イーを狙っているということだったが、昔のように学生時代のような単独の行動ではなく、党の指示で動いているということだった。ワンも誘われ、今度は失敗すれば自決するよう青酸カリ入りのカプセルを渡されるのだった。そして、3年の空白を埋めるべく偽の情報をたたき込まれ、再びイー夫人との再会をもって、イーの屋敷に入り込むことに成功した。その後、イーに誘われ肉体関係をもち、イーとの逢瀬を重ねる。ワンは次第に憎しみと、愛情のしがらみに気持ちを整理することが困難になっていく。そして、クヮンや党の幹部に早くイーを殺してて欲しいと言うが、もう少し彼から情報を得て欲しいと言われるのだった。そんななか、日本の料亭に呼ばれたワンは日本人たちが帰った後の座敷でイーと会い日本人の芸者たちの三味線と小唄をが微かに聞こえる中で、「天涯歌女」という中国の歌を歌う。それを聞いたイーは涙ぐみ、愛の証のダイヤをプレゼントすることに。
 前半の、クヮンたち大学生の抗日運動は、直接日本に向けられることなく、親日ということで売国奴イーを「暗殺」という計画になる。しかも、演劇を少しやったくらいで、三文芝居じゃなく時の政府を相手に、特務機関の非常に用心深く狡猾な大人の男を相手にするには、ちと幼すぎる。泥縄式に拳銃の練習をしたり「色じかけ」のため経験を重ねるといったところなど危なかっしいことこのうえない。後半、イーとワンの情交シーンが話題になっているが、題名に色戒とあり英題のラストコーションも「情欲の戒め」ということか微妙な女心の妙といえばそうなのだが、クヮンのなんと無責任で罪作りことか。精神的にもなんと幼く闘士としての風格もなく、哀れさすら感じてしまう。前半の学生の企みの部分はもう少し短くてよいのではないか。なんとしても長すぎ。「ブラック・ブック」とも通じる作品だが、あまり残らなかった。タンウェイという少し酒井美紀に似ている主人公もそんなに魅力的でもなかったからだろうか。


監督:アン・リー
出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン
2007年  上映時間158分

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

アメリカン・ギャングスター
 1968年、ニューヨークのハーレム暗黒街を仕切っていた黒人バンビー・ジョンソンが心臓発作で急死した。彼の側近でその死の現場に居合わせたのが、フランク・ルーカスだった。彼はバンビーからいろいろ教えられ、服装も決して目立ったものは着ていなかった。しかし、ボスの死でのさばってくる者もいたが、フランクは麻薬を産直で手に入れようと考えた。そして、時あたかもベトナム戦争の真っ最中で、戦場での恐怖から米兵たちが現地の麻薬に手を染めるというニュースを見て、フランクはタイに全財産を持って飛んだ。そして、奥地のケシ畑にまで行き、そこから100キロもの麻薬を仕入れることになった。それを、義理の従兄弟で白人の米軍人ネイトを通じて、軍用機でアメリカに持ち込むことに成功した。そして、仕入れた麻薬はそれまでの出回っていたものの2倍の純度で、しかも値段は半額ということにした。こうしてフランクはたちまち、ハーレームに君臨しイタリアン・マフィアとも手を結んだ。それでも、用心深いフランクはできるだけ目立たぬよう振る舞っていた。しかし、やがて結婚する恋人のエヴァと、モハメド・アリの世界戦を観に行った際彼女から贈られた毛皮のコートと帽子をかぶっていった。それに、目をつけた人間がいたリッチー・ロバーツというエセックス郡麻薬捜査特別班の責任者だった。彼は元は警察官だったが、ある捜査でニューヨークのギャングが隠していた秘密の金100万ドルを見つけ署に届けたのだった。しかし、当時警察は、ギャングとの癒着が横行し、そうした金を見つけたら当然ねこばばするのが大半だった。そうしたなか、正直に金を届けたことでかえって警察内部からは浮いてしまった。そんなリッチーに声をかけたのがエセックス郡の検察だった。彼を責任者に麻薬を扱うギャングを撲滅しようとしていた。ただ、リッチーは女性関係が派手で離婚調停中だった。それでも、彼は夜学に通い、司法試験にも挑戦していた。そして、目をつけたフランクの周辺から、彼が捌いている麻薬が「ブルーマジック」と呼ばれた小分けしたものだということを突き止めた。フランクは、故郷のサウス・カロライナから呼び寄せた兄弟や従兄弟たちにも仕事を手伝わせ、ほんの数年で巨万の富を稼いだ。しかしベトナム戦争が終焉を迎えようとし、最後の麻薬を戦死した米兵の棺に隠して持ち込もうとするが、リッチーも何とか立ちはだかろうとするのだった。
 実話をもとにした映画で主人公の二人は現在もアメリカのテレビに出たこともあるという。人種差別もあって、白人のマフィアたちが産直の麻薬ルートを確立することができなかったものを、ものの見事にやってのけたのが黒人だったということを、素直に受け入れないといった場面も出てきたし、ベトナム戦争の一方で公民権運動もあり黒人への差別撤廃にむけた運動もあった時代のことだ。虐げられた黒人たちのやり場のない、追いつめられた状況のなかで、つい麻薬に手を染めるということがあったのだろう。しかも、いくら安いとはいえ、これを手に入れるための金を得るため強盗など犯罪に走る者も多くいたことは想像にかたくない。さらに、本来はこうした麻薬を根絶するための組織であるはずの警察ギャングたちに買収され、そのうえ上前をはねることまであったというのだから、救われない。ただ、映画はリドリー・スコット監督の職人技で一気にみせてくれる。


監督:リドリー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン 、ラッセル・クロウ 、キウェテル・イジョフォー
2007年 米映画 上映時間157分

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。