FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーテンコール
 東京の出版社で、契約社員として働いている橋本香織は、正社員をめざしスクープを狙っていた。数ヶ月の張り込みの後、政治家と女優の密会現場の写真撮影に成功した。これで、晴れて正式な記者になれると思っていた矢先、当の女優が自殺未遂を起こしてしまった。これによって、香織は謹慎処分になってしまう。そんな香織の姿を見かねた編集長が、博多のタウン誌でしばらく働いてみないかと言うのだ。香織の実家は下関で、実家には父が一人で暮らしていた。元々、香織は大学を卒業して、実家に戻ってくるということで、東京に行ったのだった。博多での仕事は、懐かしマイブームを担当することになった。読者からのはがきで香織が目に止めたのは下関のみなと劇場という映画館に1962年から、映画の幕間に出ていた芸人のことだった。さっそく、みなと劇場を訪ねていった。そこは、昔ながらの映画館で、客もまばらだった。支配人は2代目で5年前に先代の父が亡くなり、昔のことはよく分からないというのだ。しかし、古くから劇場で働いている宮部絹代という女性から話を聞くことがでをきた。その芸人は安川修平といった。彼は、劇場に雇われていた青年だったが、客の呼び込みから、ビラまき、フィルムの運搬などあらゆる雑務をこなしていた。そして、ある日「座頭市物語」の上映中フィルムが切れ、上映再開まで時間がかかるということで、大入りの客を前に、修平がマイクを握り映画に関わるコントや歌を披露した。それは、客に大受けをし、いつしか幕間には修平が様々な趣向をこらして舞台に上がり人気を博していた。そんななか、彼のファンであったOLの平川良江と知り合うことに。いつしか二人は、みなと劇場のロビーでのデートを重ね、結婚することになった。やがて、娘美里が生まれ、今度は親子三人でロビーのソファーで弁当を食べるようになった。そんなささやかな幸せも、テレビの普及でみなと劇場の客足も急速に減っていた。その影響で、修平は支配人から解雇を言い渡される。しかし、良江は自分がもう一度働くから、無給でもいいからとみなと劇場の舞台に立てるよう、支配人に申し出ていた。しかし、舞台の修平にグループサウンズの歌を歌えとか、修平が舞台に出ると帰って行く客もいた。1970年、とうとう修平は舞台を去ることになった。この日だけは、昔なじみの客が押し寄せた。
 そうした日々を取材した香織は、久しぶりに実家に戻った。母はもう他界しており、父と二人の気まずい時を過ごすことになる。さらに、取材を重ねると修平の娘美里が下関にいることがわかる。彼女は在日朝鮮人の夫とともに焼肉屋をしており、息子もいることがわかった。彼女のところを訪ねた香織に美里は、父が韓国の済州島出身であることを話し、母の良江がみなと劇場での最後の舞台を終えてすぐに亡くなり、父もあちこちのキャバレーでの仕事を最後に行方がわからなくなり、養護施設で育ったこと話してくれた。美里は最後に父からきた手紙を見せて、私を捨てた父を許せないと言うのだった。それでも、香織は韓国居留民団の力を借り、修平が済州島にいるらしいことを聞き、韓国に渡るのだった。
 昔の描写はモノクロで描かれ、現在はカラーでという対比で、映画のなかで上映される映画も「網走番外地」や「座頭市物語」などのプログラムピクチャーが次々に上映され、修平が歌う映画の主題歌も「下町の太陽」「寒い朝」などで、リアルタイムに映画館で見た情景も思い出した。当時は、5社(東宝、松竹、東映、日活、大映)の他、新東宝、第2東映(ニュー東映)などがあり、二本立て興業でトップ俳優たちは、5社協定で自社の作品にしか出演できなかった。そして、映画の主題歌はスターたちが歌っていた。このレコードも45回転のドーナツ盤が中心で、A面B面の2曲が入りだった。こうした懐かしい昔のことを次々に思い出してしまった。
それはさておき、この作品は家族の絆、そして在日朝鮮人の人たちの置かれてきた状況をも考えさせる。特に、安修平はみなと劇場以降キャバレー回りでも素人芸ということであきられ、故郷の韓国済州島へ帰郷するのだが、娘を結果的には捨てることになってしまった胸の内はさぞ苦しかったろうと思う。やはり、日本での差別、しかも韓国でも、当時は日本語や日本の歌など受け入れようもなく、日本からの帰還者ということでの差別もあったことを思えば、貧しい生活をここでも余儀なくされたことへの思いも膨らんでしまった。ともあれ、出演者では、伊藤歩がよかったが、藤井隆も「パッチギ!2」でも存在感を示していあたが、この作品の幕間芸人という役柄はぴたりはまり役だった。それと、後年の修平役の元ザ・スパイダースの名ギターリスト井上堯之が渋い味を出していたよかった。けっこうはまった作品だ。

監督:佐々部清
出演:伊藤歩、藤井隆、鶴田真由、藤村志保、夏八木勲
2004年日本映画  上映時間115分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ボビー
 1968年6月5日、ロサンゼルスのアンバサターホテルで早朝火災報知器が作動し、宿泊客が外に非難していた。しかし、誤作動ということで皆ほっとした。いっぽう、出勤してきたボーイのホセは上司のミゲルから、今日は定時ではなく残業だと言われ、とまどっていた。実はドジャース戦のチケットをもっていて、その観戦を楽しみにしていたからだ。しかし、その日はアメリカ大統領選に向けたカリフォルニア州の予備選挙の結果が判明し、ロバート・ケネディ候補が報告会を開くため、大勢の人々が集まることになっていたからだ。ロビーにはネルソンとケーシーという、かつてこのホテルで働いていた老人たちがチェスを楽しんでいた。また厨房では、マネージャーのティモンズが従業員への扱いが不当だということで、支配人のポールから解雇通告を受けていた。そうしたなか、黒人の副料理長のロビンソンが、ミゲルの人種差別的な言葉に対して、2ケ月ほど前に暗殺されたキング牧師の言葉を引用しながら咎めた。また、ベトナムへの配属を逃れるため、高校の同級生との結婚式をあげるカップルや、今はアルコール依存気味の往年の女性歌手、ニューヨークからやってきたボビー支持の富豪夫妻など、「グランド・ホテル」さながらの人間模様が展開する。そして、予備選に勝利したボビーがホテル入りする。大歓声で迎えられ勝利宣言の後、混雑する会場から退場するさい、厨房を通ると混雑の中からいきなり銃弾がボビーをめがけ連射された。
 兄JFKの暗殺後、ベトナム戦争の泥沼化、人種差別問題、さらには環境問題にまで関心を示して大統領選に出馬した、ロバート・ケネディ。彼が暗殺されたアンバサターホテルでの様々な人々の人間模様を通して、時代を浮き彫りにする。アンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア、シャロン・ストーンなどのスターとともに監督のエミリオ・エステヴェスと父親のマーチン・シーンの親子協演や「指輪物語」のイライジャ・ウッド、「トランスフォーマー」のシア・ラブーフなども出演していて豪華なラインナップといえる。さらに、当時公開された映画「卒業」などが主題歌とともに紹介され、すっかりあの時代にタイムスリップした。思えば、あの時代、アメリカはもちろん、ヨーロッパや日本でも学生を中心にベトナム戦争反対でいっせいに立ち上がっていた。とりわけ日本では、67年10.8羽田闘争以来、学生運動も先鋭化の一途をたどっていた。こうした背景から、映画の終盤、ボビーが暗殺されてから、彼の演説がテロップで流されていた。なかなか注目すべき内容のある演説だった。一方、彼を撃った「犯人」についてもJFK同様、いまだに背景を含めた全容は解っていない。司法長官時代から、マフィアや大労組との確執、さらに人種問題への対応で反対派が多数いたことは知られている。ともあれ、彼が大統領に就任していれば、ベトナム戦争ももっと早く終わっていたに違いないと思った。

監督:エミリオ・エステヴェス
出演:アンソニー・ホプキンス 、デミ・ムーア 、シャロン・ストーン 、ハリー・ベラフォンテ
2006年米映画 上映時間120分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

善き人のためのソナタ
 ベルリンの壁崩壊から18年、現在、ドイツ首相のメルケル女史は旧東ドイツの出身だ。その壁の崩壊の5年前1984年東ドイツの東ベルリンが舞台の物語だ。国家保安省(シュタージ)のヴィーラー大尉はかつてともに学んだ秘密警察学校の同期生で、現在は文化部長になっているグルビッツ中佐に誘われて観劇をすることになった。客席にはヘムプフ国家保安大臣も来ていた。上演されたのはドライマンという劇作家の作品で主演はクリスタという女優でドライマンの恋人だった。ヴィーラーはドライマンが反体制文化人の臭いがすることに気づく。そして、ヘムプフ大臣もまたドライマンの周辺を探るようグルビッツに命じ、ヴィーラーがドライマンの家に仕掛けた盗聴マイクで24時間監視することになる。ドライマンとクリスタは同棲しており、彼らの会話もそっくり盗聴し、報告をするのだった。そうしたなかで、ヴィーラーは、はじめこそ敵対者としてドライマンをみていたが、ヘムプフ大臣がクリスタに権力を笠に着て関係を迫ったりすることも察知し、密かにドライマンに知れるよう手配する。そんななか、演出家のイェルスカがドライマンの誕生日プレゼントに「善き人のためのソナタ」というピアノソナタの楽譜を贈った。「この曲をを本気で聴いた者は悪人になれない」というメッセージとともに。ドライマンが弾くピアノに耳を傾けたヴィーラーは、少しずつ人間性を回復していく。一方、シュタージの命令で仕事をできなくされたイェルスカは失意のうちに自殺をしてしまう。彼の死を契機に、彼の追悼文を東独の体制批判として西側のメディアに発表すること決意するドライマン。そうした動きを察知しつつもヴィーラの行動は鈍くなる。
 ドイツ社会主義統一党による一党独裁政治の下おかれたシュタージによる人権侵害の限りをつくした実態を描いている。実際、ベルリンの壁崩壊で明らかになった写真に鉄格子のある部屋に押し込められていた「障害」のある子どもたち写真に衝撃をうけた記憶がある。そもそも、社会主義を変節させてしまった張本人は、ソ連のスターリンなのだがそのコピーとして、東独にもホーネッカーがいたし、人権侵害は当たり前ということだ。独身で、わびしい生活の中、党への忠誠を糧に、階級的を摘発することに生き甲斐を見いだしていたヴィーラ。家族、恋人、職場に張り巡らされたシュタージ協力者による密告社会によって、精神的に追い込まれていった人々が多くいたという。そうしたなかでヴィーラ、が人間性に目覚めていくあたりはよかった。
ちなみに、ヴィーラ役のウルリッヒ・ミューエ氏が胃ガンのため7月22日に亡くなったという。あの眼力による演技は素晴らしかった。

監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
出演 ウルリッヒ・ミューエ 、マルティナ・ゲデック 、セバスチャン・コッホ
2006年独映画 上映時間138分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

トランスフォマー
アメリカのとある町に住む高校生のサムは、曾祖父が北極を目指した冒険家であった。授業でこの話をし、遺品のメガネなどをネットオークションにかけていた。それというのも、自分の車を買い、彼女を乗せたいという願望があったのだ。しかし、数年前火星探査機「ビーグル2号」の事故があったが、その詳細はNASAが封印していた。そんななか、中東のカタールの米軍基地に以前撃墜されたはずの米軍機が低空で基地にやって来て、金属の蛇のように変身しながら、基地を攻撃してきた。それを契機に、世界各地でCDプレーヤーから、ヘリコプター、軍用車両など、いろんな機械に擬態する金属生命体が開始する。さらにエアフォースワンの機内にもトランスフォームして現れ、地球上のあらゆる情報を瞬時にハッキングする。米国防省は、ただちに対策チームを発足させる。いっぽう、サムは念願の車を手に入れ、クラスメートのカエラを家に送る途中、突然車がエンストする。しかし、車は自らの意志ががあるように勝手に動き回り、ついにトランスフォームした姿を現し、仲間も紹介する。彼らは、同じ金属生命体の悪の一団と闘い、人間、地球を守るというの。そして、彼らが探しているのがサムの曾祖父のメガネだった。やがて、悪の一団との壮絶な闘いが始まる。サムも成り行き上カエラとともにこの闘いに加わるのだった。
 宇宙戦争同様、彼らは昔から地球上にいた。という設定。変身場面が早すぎて、あまりよくわからなかった。それと、悪のトランフォーマー軍団のラインナップもわかりずらく、いったいどうなっているんだといった思いが強かった。宇宙戦争の場合、それでも彼らの弱点は説明されたが、今回は巨大金属トランフォーマー同士の闘いが主であっても、カタールからの帰国兵士集団(プリズンブレイクのスクレも出ていた)も闘い一応有効とされる武器で闘い、撃破するのだが、いまいち説明が欲しかった。昔、こどもたちがこのトランフォーマーのおもちゃで遊んでいるのを見たことがあったが、所詮お子様向きの映画だと思った。それにしては、わかりずらく、変身シーンもそんなに度肝を抜くというものでもなく、これまた宇宙戦争同様、なーんだよーという思いで一杯だった。


監督:マイケル・ベイ
出演:シャイア・ラブーフ 、タイリース・ギブソン 、ジョシュ・デュアメル 、アンソニー・アンダーソン
2007年米映画 上映時間144分

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : 映画

世界最速のインディアン
 ニュージーランド南端のインバカーギルという町に、独り暮らしをしているバート・マンロー。彼は、63歳で年金暮らしだが、1920年型インディアン・スカウトというバイクに手を加え続けていた。それというのも、若い頃からの夢で、アメリカのボンヌヴィル塩平原で開催されるスピードレースに挑戦するためだった。隣家の少年トムは、バートの手伝いをしながら、興味津々だった。バートの年金収入だけでは、収入にも限りがあり、マシンの改良も廃品を利用するなどの工夫をしていた。そんなある日、バートは心臓発作で倒れてしまう。さらに、前立腺も悪くしてしまい、この先はあまりないと思い、レースに出ようと決心を固めた。そこで、家を抵当に入れて銀行から借金し、アメリカに向け出する。運賃を安くして貰うため、コックとして働きながら、ロサンゼルスに上陸した。モーテルにやっとの思いでチェックインし、そこで働く親切な性同一性障害のフロント係ティナと親しくなる。ティナに紹介された店で中古車を超安値で買い、、ユタ州のボンヌヴィル塩平原へ向かって出発するバート。途中、親切な人々との出会いがあり、ようやくボンヌヴィルまでたどり着いた。
 しかし「スピード・ウィーク」には、事前の登録が必要だったのだ。そんな事情も知らぬまま遠くニュージーランドから来たということもあり、審査だけは受けることができた。しかし、時代遅れのポンコツ、「整備不良」と指摘され、バートまでも「年齢オーバー」と言われる始末だった。それでもあきらめず、粘り強く交渉し、ようやくテスト走行を認められた。
 初老の男が積年の夢を実現するため、がんばる姿が心地よい。時代はベトナム戦争のまっただ中の1960年代中盤。実話がベースだが、出てくる人々はただただ善人ばかり。あの頃、イージーライダーは射殺されたが、夢を追いかけたじいさんはしたたかにがんばっていたのだ。ニュージーランドも英国圏で車は左側通行で、アメリカでの右側通行に慣れないあたり、変に納得してしまった。バイクや車の排気音はあまり好きではないが、ついつい見入ってしまった。

監督 ロジャー・ドナルドソン
出演 アンソニー・ホプキンス 、クリス・ローフォード 、アーロン・マーフィ
2005年米映画 上映時間127分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

フリーダム・ライターズ
 1994年、ロス暴動直後のロサンゼルス郊外にある、公立ウィルソン高校に赴任してきた英語教師エリンは、1年生のアフリカ系、中南米系、アジア系それと唯一の白人といった生徒たちを担当することになる。しかも、生徒たちの間では人種間の対立が激しく、互いに反目しあっていた。学校側は、ロス暴動以降の差別撤廃法による生徒の受け入れをせざるを得ず、彼らが自主的に退学するのを待っているといった状態だった。実際、彼らの学力は低く、学校側でも教科書は、小学生程度のものを推薦するのだった。しかし、エリンは人は変われることを信じ、生徒たちに優しく接していた。それでも、かつて、公民権運動をしていたエリンの父も早々に他の学校に変わるようにアドバイスする。エリンの夫も仕事熱心なエリンの態度に不満を持っていた。そんなある日、生徒から「私たちのことは何も知らないくせに」という言葉がきっかけで、彼らに自由帳を配り、日記でも、これまでの生い立ち等、何でも書くようにということにした。すると、彼らのすさまじい生活の断片が見えてきた。わずか15歳の彼らが銃で狙われた経験をほとんどの生徒が体験しており、さらに、知人や親戚で殺された生徒が大半であることもわかった。ノートに書くことで、自らの生活を客観的に顧みることができたのだ。さらに、エリンがアルバイトをして生徒たちに買い与えたテキストの2冊目の「アンネの日記」をそれぞれが熱心に読みすすめていた。エリンは生徒たちを博物館に連れて行き、ナチスのホロコーストの実態を見せるとともに、収容所にいた生存者からの話を聞き、生徒たちの心は開かれていった。さらに、実在のアンネを屋根裏にかくまった女性をウィルソン高校に招待しようという声があがり、募金活動を展開した。そして、彼女の話に深く感銘するのだった。そうしたなかで、生徒たちは成長するするのだが、エリン自身は夫から離婚を切り出されてしまう。
 日本とは、違って多くの人種がいるなかで、差別と反目のなかで、実際に命の危険を感じながら、やがて人間として互いに認め合うなかで、変わっていくさまが描かれている。他の教師のように最初から差別と偏見で生徒に接するのではなく、きちんと彼らを受け止めるという姿勢がよかった。それと、日記等文章を書くという過程は、自らを客観的に省み表現力を増し、さらに読書による理解力を益すことで、人間的に成長するというところに感動した。

監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
出演:ヒラリー・スワンク 、パトリック・デンプシー 、スコット・グレン 、イメルダ・スタウントン
2007年米映画  上映時間123分

テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。