FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が命尽きるとも
 映画「クイーン」で現在のエリザベス女王を演じたヘレン・ミレンが16世紀のエリザベス1世を演じたTV作品を見た。かつて、ケィト・ブランシェット主演の「エリザベス」もあったが、その前に彼女の父親ヘンリー8世とトーマス・モアとの確執を描いた「我が命尽きるとも」は、今更ながら必見だと思った。ヘンリー8世とアン・ブーリンの物語は「1000日のアン」という映画になっている。
 16世紀ヘンリー8世の統治するイングランドで、彼のもとで国会議員を経て官僚として使えていたトーマス・モア。彼は国王からも信頼されまじめで、実直な人物だった。そしてトーマス・モアは大法官に任命された。これは最高裁判所長官と上院議会議長を兼ねたような最高の役職だった。しかし、国王ヘンリー8世は侍女アン・ブーリンとの結婚を望んでいた。しかし、カトリックの教義では離婚はできない。そこで、ローマ教皇クレメンス7世とヘンリー8世の対立が起き、カトリック信者のトーマス・モアは大法官を辞任する。すると、ヘンリー8世は国王至上法を発布し、英国教会の長として、キャサリン王妃と離婚、アン・ブーリンと結婚した。これに反対したとして、トーマス・モアは逮捕されロンドン塔に幽閉される。裁判では、王の側近のクロムウェルの策略ででっちあげられついに死刑となるのだった。
 ここに出てくるクロムウェルは、後に市民革命の主役クロムウェルの縁戚関係にあたる。さらに、やっと結婚したアン・ブーリンも生んだ子どもが女性(後のエリザベス1世)だったことも含め、ヘンリー8世の心は離れ、後に反逆罪等の罪をきせられ刑死している。ちなみにヘンリー8世と結婚して王妃としいたのが1000日ということで前述の映画が作られている。しかしヘンリー8世は、この後も妻を次々にかえ6人の王妃がいたのだ。
 さて、トーマス・モアだが、彼には有名な「ユートピア」という著作がある。マルクスもこの著作を引用して「資本論」の本源的蓄積について書いている。彼は「私は王の忠実なしもべとして死ぬ。だが、神のしもべとしての方が先だ。」 という言葉であくまでもカトリック教徒として信念の死を選んでいる。なかなか見どころが満載の映画といえる。また、舞台がテムズ河沿いで、船での交通が中心になっている。それと、アン・ブーリン役でバネッサ・レッドグレーヴがちょっと出てくるのも見逃せない。

監督:フレッド・ジンネマン
出演: ポール・スコフィールド、 スザンナ・ヨーク 、ロバート・ショー
1966年米映画  上映時間120分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

16ブロック
 ニューヨーク市警の刑事ジャックは、アルコール依存症で朝から酒瓶に手を出すという状態だった。そんな、ある日夜勤明けで署に戻ったところ、上司から簡単な仕事をやるように言われたジャック。もうへとへとで、早く酒を飲みたくて、嫌だと断るのだが、簡単な仕事だと繰り返され、やむなく引き受けた。それは、仮釈中の男が悪事を働き、拘留されている男を16ブロック離れた裁判所まで移送するというものだった。ジャックは囚人のエディを車に乗せて移動を始めた。午前10時までに裁判所にお入らなくてはならないのだが、警察を出た8時頃は朝のラッシュで車がなかなか進まない。普通に行けば10分程で着くのだが、渋滞中でいらいらが募るジャック。そんなことはお構いなしに、やたらとべらべら話しかけてくるエディ。とうとう、ジャックは車を止め、酒屋に飛び込みウィスキーを買い一口飲んで車に戻ろうとした瞬間、銃声が轟いた。ジャックがエディを撃とうとした男を撃ったのだった。さらに、トラックからもエディを狙う男がいた。何とかかわして、なじみの店に逃げ込んだジャック。署に連絡すると、手回しよく現れたのがジャックのかつての相棒のフランクとジェリーだった。ジェリーを見たエディが、急に黙り込んでしまった。すると、フランクが、実はエディが裁判所で証言をするのは、ジェリーが捜査を口実に引き起こした犯罪の目撃者としてのものだった。それは、ニューヨーク市警を覆っている悪徳警官たちには何としても阻止しなくてはならないことだった。フランクは昔のよしみでジャックに家へ帰って酒でも飲めというのだった。後は、エディをうまく処分するからと言う。しかし、ジャックは、エディを撃とうとしたジェリーの足に銃弾を撃ち込み、エディとともにその場を逃げ出す。あやうく命を助けられたエディは、「俺なんかのために何で仲間を撃ったんだ」と問うのだった。ジャックは、こうなったら何としても裁判所に連れて行くということで、歩き出すのだが、フランクの手配したニューヨーク市警の面々がジャックたちを包囲する。バスに乗り込み、裁判所まで行こうとするのだが、フランクたちがいっせいに、バスのタイヤを撃ち抜いてしまう。バスの乗客ともども狙撃隊も含めて、完全に包囲されてしまった。ジャックとエディ。9時半近く、いったん乗客が解放され警官に包囲されたなかで動きがあった。
 ブルース・ウィりスがアルコール依存症の刑事役に扮するが、途中の銃撃からそれまでのなげやりな態度から一変する。しかし、悪徳警官たちがけっこう多く警察権力を行使できる立場にいるなかでの「犯行」にしては、ちとお粗末だと思った。アナザーエンディング版もあったが、最後だけで基本はほぼ同じ。ジャックの酒浸りの生活についても、フランクとのかつての相棒としての行動なども台詞ではなく映像で見せて欲しかった。そうすれば、もう少し理解できたと思う。それとエディも、何か独特の話し方も含め、いまいち理解不能な人物。とにかく中途半端な印象しか残らなかった。

監督:リチャード・ドナー
出演 ブルース・ウィリス 、モス・デフ 、デヴィッド・モース
2006年米映画  上映時間101分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ディパーテッド
 マサチューセッツ州、ボストンのアイリシュギャングのボス、コステロは、貧しいながら目端の利きそうな同じアイルランド系の子どもコリンに目をかけ、学資を出して彼をマサチューセッツ州立警察学校に通わせていた。コステロは、コリンに警察内部の情報を流すスパイとして送り込もうとしていた。いっぽう、警察学校でトップの成績のビリーは、亡くなった父親をはじめ伯父や従兄弟が現役のアイリシュギャングでコステロの配下となっていた。そこで州警察はビリーに極秘任務として、コステロの配下となる潜入捜査官としての任務を命じるのだった。ばれれば殺されるという、危険な任務にまずは警官としての経歴を隠すため傷害事件を起こし、留置された上で、従兄弟のもとへ向かったビリー。そこで、麻薬の取引をおこない、コステロに近づくことに成功した。いっぽう、コリンも要領よく立ち回りアイリッシュギャング撲滅のための特別班に入ることができた。コリンはそうした立場を利用して、重要な警察情報をコステロに流していた。いっぽうビリーもコステロの動きを監視しながら、情報を警察に流していた。やがて、コステロも州警察も互いに自らの組織の中に「ネズミ」(内通者)がいることに気がつく。そこで、両組織ともスパイ摘発の摘発に乗り出す。ビリーは精神的に追い詰められ、任務受諾の際の条件で、精神科医のカウンセリングを受けることが条件だった。そこで、出会ったのが精神科医のマデリンだった。彼女は、最初コリンと恋仲になり同棲するのだが、コリンの権力志向と過去と向き合おうとしない態度に嫌気がさして、彼のもとから去っていた。そして、深い悩みを抱え苦悩するビリーに惹かれ、やがて結ばれるのだった。ある事件を契機に二人はお互いの正体を知るところとなる。そして迎えるエンディング。
 香港映画「インファナル・アフェア」のリメーク版。監督のマーティン・スコセッシ がデカプリオとコンビでの'02年の「ギャング・オブ・ニューヨーク」についで、アイリシュギャングを主人公にしている。周知の通りアイルランド系移民はプロテスタントで本国でも英国と宗教がらみでのIRAが抵抗運動をおこなってきた。そうした、宗教的な背景もあってかdepartedとは死者という意味だが、宗教的には「よりよい世界へ行ったことを暗示」するという意味もあるそうだ。「インファナル・アフェア」の方は仏教が深く影を落とし、内通者の心境を「生き地獄」と表現していたが、米版の方でも、アイリッシュのプロテスタントという宗教を意識して、マデリンという女医の名がマグダラのマリアを踏まえたものらしく、「ギャング・オブ・ニューヨーク」での主題も引きずっているようだ。屋上のシーン、エレベーターのシーンなど「インファナル・アフェア」と共通する場面も多々あるが、やはり別物として観た方がいいのではと思った。それにしても、ハリウッドは外国映画のリメークはもはや当たり前になり、シリーズ化も当たり前となり、オリジナリティのある新作がなかなか出てこないといった状況はいつになったら脱却できるのやら。

監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ/マット・デイモン/ジャック・ニコルソン
2006年米映画  151分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

アモーレス・ペロス
 バベルの監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの作品ということで、観た。基本的に、バベル同様時間が前後し、3組の家族の物語が交錯する。ただバベルとの違いは、国境を越えず、メキシコ国内で、しかも画面にも同時に写るシーンもあることだ。そして、これらの話の共通項は犬。そして3組を結びつけるのは、交通事故だ。
 冒頭、カーチェイスが展開され車内には、血まみれの黒い犬と二人の青年がいる。そして、この車を運転しているのがオクタビオだ。彼は、乳飲み子を抱え二人目の子を妊娠した義姉スサナに片思いをしている。それというのも、兄のラミロはスーパーのレジをしているが、そのかたわら強盗もはたらくワルで、スササにもDVをおこなっていた。そうしたなかで、オクタビオは飼っていた黒犬を闘犬としてデビューさせ大金を稼ぐのだった。いっぽう、広告業界の大物ダニエルはスペインから来たモデルのバレリアにのめり込み、二人の子どもと妻を捨て、二人でマンションに住むことになる。さらに、かつて大学で教鞭をとっていたエル・チーボは左翼運動にのめり込み、妻と子を置いて政治活動に専念し、テロ活動に関わったとして逮捕され10年の刑を経て、数匹の犬とともにゴミをあさるような生活をしていた。しかし、彼のもう一つの顔は殺し屋としても活動していた。そんな彼も、残してきた一人娘だけが気がかりで時々、家の周りに出没するのだった。そんな3組が、交錯するのは冒頭のオクタビオの運転する車がバレリアの運転する車に衝突し、その現場にエル・チーボが居合わせるのだった。そして3組ともに悲劇に見舞われるのだが。
 バベルの原点ともいえる作品で、しかもイニャリトゥ監督の母国メキシコが舞台ということでテンポ良く描かれている。バベルで家政婦役のアドリアナ・ラッザと甥役のガエル・ガルシア・ベルナルもオクタビオと母親役で出演している。バベル同様にこれまた希望というか、新たな再生の場がささやかにしか見てとれない。


監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル 、エミリオ・エチェバリア 、ゴヤ・トレード 、アルバロ・ゲレロ 、バネツア・バウチェ
2000年メキシコ映画 上映時間:153分

テーマ : DVD
ジャンル : 映画

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
 前作デッドマンズ・チェスト」からの続きなのだが、ジャックの救出のためワールド・エンドまでの海図を手に入れるために、シンガポールの海賊サオ・フェンのところにむかったターナー、エリザベス、バルボッサの一行。しかし、そこに東インド貿易会社の軍隊が現れる。彼らは、海賊に関係する者を軒並み死刑にし、海賊殲滅のためベッケット卿自ら最強船に乗って出撃してきた。そして、デイヴィ・ジョーンズのフライング・ダッチマン号をも支配下に置いていた。やっとのことで、世界の果てにたどり着き、ジャック救出へと世界の果ての海中に落ちた一行。その頃、ジャックはデイヴィ・ジョーンズの呪いの世界に一人いたが、ジャックのそっくりのクルーたちと船の上にいた。しかし、そこは海ではなく、一面の砂の海であった。あるものの力で船は砂漠地帯から海岸にたどり着きエリザベス、バルボッサらと再会する。おりしも、世界中の海賊評議会が開催されることになっていた。ジャックもそのメンバーであり、そこに参加することになった。それに参加途中のサオ・フェンは東インド軍と交戦中に戦死するのだが、乗り合わせていたエリザベスを船長に指名した。こうして、エリザベス、ジャック、バルボッサらを含めた9人のキャプテンたちの会議開かれた。そして、デイヴィ・ジョーンズの恋人だったダルマの呪いを解くことになるが、そこに現れたフライング・ダッチマンと東インド軍戦艦、ブラック・パール号の三つどもえの闘いが展開された。
 全2作の続きということで、おさらいをしなければほとんど忘れてしまった内容だが、あえて観たがただただ長いだけで、尻が痛くなってしまった。それといういのも、前作はけっこうデイヴィ・ジョーンズやバルボッサも入れての追っかけの展開が目を引いた。しかし、今度は目新しいのは、サオ・フェンだけで、しかも冒頭だけで後は見慣れた連中の物語で、エリザベスとターナーの運命も途中で暗示があり、およその見当はついてしまった。スパイーダーマン3もいまいちだったが、それに輪を掛けてだれた感じだ。しかも、まだ次回作の可能性をもちらつかせる終わり方だ。もういい。それとエンドロールの後おまけのシーンがあるのだが、けっこう多くの人が帰っていた。これも、実際上映時間が3時間近いという長丁場であり、内容があれくらいじゃ無理からぬことだと思った。

監督 ゴア・ヴァービンスキー
出演 ジョニー・デップ 、オーランド・ブルーム 、キーラ・ナイトレイ
2007年 米映画  上映時間170分

テーマ : パイレーツ・オブ・カリビアン
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。