FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
母たちの村
 西アフリカの村で、平穏な日々を過ごしているコレのところに4人の少女たちが駆け込んできた。彼女たちは「割礼の儀式」から逃れてきたのだという。全部で6人いたのだが2人は町へ逃げていったという。コレは子どもの時の「割礼」が元で2度流産をし、3人目のの出産で「帝王切開」をして娘のアムサトゥを生むことができた。それで、7年前アムサトゥの「割礼」を拒否したのであった。そうした事情を知ってコレの元に4人は逃げ込んだのだった。コレはさっそく、「モーラーデ(保護)」を宣言し、家の入り口に紐を張った。これによって、コレが終結宣言をするまでは何人たりとも、このモーラーデをやぶることはできなくなった。さっそく、「割礼」を実施する赤い衣装の女性達が子どもたちの母親達とともに、コレの家にやって来た。彼女たちは、今すぐ子どもを渡して、「割礼」をさせるようにと言う。しかし、モーラーデによって家に入ることはできない。「割礼」を受けてない人は「ビラコロ」と呼ばれ、結婚の時に差別されてきた。しかし、「割礼」そのものが衛生状態が悪い中での行為であって、逆に感染症を併発し死に至ったり、コレのように流産やいろいろな後遺症にお悩まされる女性が多くいるという。そうしたなかで、村の長老たちも出てきてコレの行動を辞めさせようとする。村長たち長老はイスラム教の教えで「割礼」が必要だと言うのだが、コレは日頃からラジオを聴いて世界中で女性の「割礼」をしているのはアフリカだけで、他のイスラム教徒の女性はそんなことをしていないことも知っている。そんな折、フランスに留学していた村長の息子が帰国した。彼は、テレビをはじめ多くの土産を持ち帰り、生活も洋風にしようとしていた。しかし、父親をはじめ親戚たちは、テレビを禁じ、あわせてコレがラジオからいろいろな情報を得ていたことから、村のラジオを全て没収してしまう。こうしたなかで、コレの夫も兄に「男の沽券に関わるとして」皆の前でコレをむち打ち、モーラーデの撤回を迫った。しかしあくまでもがんばるコレに女性達が共感を感じるのだった。ついに、「傭兵」と呼ばれる露天商の男が止めに入り鞭打ちが中止された。そして、コレの勇気に共感する姉の第一夫人を中心に村の多くの女性も立ち上がる。
 イスラム社会ということなの男尊女卑の風潮が根強く残っていて、複数のの妻が当たり前で、女性は夫や長老たち男性の前では跪かなくてはならない。こうしたなかで、古い因習の「割礼」を辞めさせることは容易なことではない。しかし、彼女たちも「割礼」によって命を落としたり、後々まで様々な後遺症が残る人もいることを知っている。そうしたなかで、女性達がきちんとした教育を受けることの必要性が訴えられていた。それに対して、男達はただただメンツとか権威をかさに暴力とラジオを没収するといった強健の発動で対抗しようとする。この「割礼」という表現は、現在では正式には「性器切除」という。映画のなかでも、最後には正式に「性器切除」と字幕でも表現されていた。厳しい環境のなかで女性達ががんばり抜くといった、けっこう感動的な内容だ。アフリカの日常をかいま見られるということでもよかった。

監督 ウスマン・センベーヌ
出演 ファトゥマタ・クリバリ 、マイムナ・エレーヌ・ジャラ 、サリマタ・トラオレ
2004年仏映画  上映時間124分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ブラッド・ダイヤモンド
 1999年アフリカのシエラレオネ共和国は内戦状態にあった。漁師のソロモン・バンディーは自慢の息子を将来は医者にしようと家族とともに平穏に暮らしていた。しかし、ある日RUFという反政府勢力に村を襲われ、多くの人たちが無益に殺害された。ソロモンは家族を守ろうとして捕まった。しかし、そのがっしりした体躯に目をつけられ、彼らのダイヤモンド採掘場へと連行された。ある日、ソロモンは大きなピンク色のダイヤ原石を見つける。監視の目をかいくぐってダイヤを隠そうとした矢先、政府軍の攻撃を受けるのだった。ソロモンはRUFに間違われて、政府軍に連行された。留置所で武器やダイヤを密売して逮捕されていた元傭兵のアーチャーはソロモンが大きなピンクのダイヤを隠したことを知った。先に留置所を出たアーチャーはソロモンも釈放するよう働きかけ、ソロモンに近づくアーチャー。ある日アーチャーは、酒場でアメリカ人の女性雑誌記者マディー・ボウエンと一緒に酒を飲みながら、話をすることに。彼女はこの国から大量のダイヤが隣国経由で闇ルートで売買され、その金で互いに武器を買いあさり内戦を激化させていることを取材していた。アーチャーが内情を知っていることを突き止め、真相を聞き出そうとするマディー。ソロモンは村に残した家族のことを気にしていた。そうしたなか、RUFの攻勢が首都にまで及び、戦火のなか避難したアーチャーとソロモンは、マディのはからいで、難民キャンプにいることを突き止めることができた。しかし、息子はRUFに連れ去られ少年兵として洗脳されていた。そこでアーチャーは密輸ダイヤの取引メモをマディーに渡し、ソロモンとともにRUFの支配下にあるピンクのダイヤの隠し場所へと向かうことに。
 この作品で描かれていた「ブラッドダイヤ」のもたらす紛争をなくそうと、2003年からダイヤモンド原石の輸入規制が実施されたという。そうした一方で、有望なダイヤの原石は希少価値を維持するため、その大半はヨーロッパにある保管庫に厳重にしまわれているという。ダイヤの原石を採取する仕事は文字通り川にみを投じての手作業であり、大変な作業だ。しかも、これで産出したダイヤによって、必ずしも経済的な繁栄がもたらされていない。かえって紛争を激化させてきた。子どもたちまで戦闘にまきこまれ、殺され傷つけられ、果ては兵士とされ新たな殺戮の担い手されている。そんななかで、少年兵士たちの恐怖心を除去させるため、酒や麻薬が使われており、ウガンダやルワンダだけでなくいまだに多くの人々の命が簡単に奪われている。こうした実情をこの作品のなかで「アフリカの赤土は多くの人々の流した血で赤く染まっている」と言わしめている。ダイヤを巡る国際的なつながりを知るということだけでも、観る価値はある。また、主演のディカプリオは髭をたくわえ、野性味をだして大熱演なのだが、元々端正な顔立ちゆえにどこか損をしているという印象を受けた。

監督 エドワード・ズウィック
出演 レオナルド・ディカプリオ 、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー
2006年米映画  上映時間143分

テーマ : “ブラッド・ダイヤモンド”
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -