FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
カナリヤ
 「さよなら、サイレント・ネイビ-」という本を読み、オウム真理教について考えていたところ、たまたまレンタルビデオ店でこの「カナリヤ」を目にしたので、借りて見た。2005年の作品ということで、おそらくは地下鉄サリン事件から10という時に公開されたということらしい。
 カルト教団「ニルヴァーナ」の施設にいた、岩瀬光一と朝子の兄弟は教団が起こした事件で、強制捜査され多くの逮捕者や指名手配がおこなわれた。その際、教団施設にいた多くの子ども達は、関西の児童相談所に保護された。光一兄弟を迎えに来た祖父が、「お前の母親は最低だ」といった一言に反発し、祖父の首をしめようとし、引き取りを拒否された。一人児童相談所に残された光一は、ある日施設から逃げだし、妹の住む東京をめざす。その途中、偶然知り合った少女由希も一緒に行くことに。二人はともに12歳。由希は母を早くに亡くし、父親とも折り合いが悪く、けっこう危ない仕事にも関わっている。何とか東京にたどり着くことはできたのだが、祖父の家は誹謗中傷の落書きだらけで、誰も住んではいなかった。途方に暮れる二人。そんな時偶然通りかかった車に、ニルヴァーナの元信者の伊沢が乗っていた。伊沢は現在は教団から離れ、行き場のない元信者たちとともに、リサイクルの仕事をしながら共同生活をしていた。光一達もそこで働きながら、祖父の家を探してもらった。時折、光一もニルヴァーナでの生活を思い出す。数年前、母は幼い光一と朝子を連れて出家し、全財産を教団に差し出し、子ども達と別々に暮らすことになった。なかなか教団になじめない光一。しかし、強権的な洗脳で、次第に教団に染まっていく光一だが、朝子は幼なすぎていっこうになじめず、ひたすら母を恋しがるのだった。そして、母はついに無差別殺人の実行犯になってしまう。現在ではすっかり、ニルヴァーナの呪縛を断ち切った伊沢が、光一の祖父の住所を教えてくれた。二人は、再び旅立つことに。
 オウム真理教の一連の事件を下敷きにした少年と少女のロードムービー。由希の話す関西弁が、世渡り上手というか、けっこう難しい局面であってもうまくコミニュケーションをとれるアイテムとしてうまく機能していると思った。現実に、あの頃オウムの施設にいた子どもたちは、今どうしているのだろうか。現在でも、まだ形をかえても教団が存続しているのだから、10年以上経っても何らかのマインドコントロールが解けない人々もいるのかもしれない。そうしたなかでも親の影響で巻き込まれた子どもたちは、どうなってしまったのかを思いを巡らせる作品だ。映画の最後に手をつなぐ位置を変えて子ども三人の旅立ちの前途はあまりに暗いのではないだろうか。

監督:塩田明彦
出演:石田法嗣、谷村美月、西島秀俊
2005年日本映画 上映時間:132分
スポンサーサイト



テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31