FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2007/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナリヤ
 「さよなら、サイレント・ネイビ-」という本を読み、オウム真理教について考えていたところ、たまたまレンタルビデオ店でこの「カナリヤ」を目にしたので、借りて見た。2005年の作品ということで、おそらくは地下鉄サリン事件から10という時に公開されたということらしい。
 カルト教団「ニルヴァーナ」の施設にいた、岩瀬光一と朝子の兄弟は教団が起こした事件で、強制捜査され多くの逮捕者や指名手配がおこなわれた。その際、教団施設にいた多くの子ども達は、関西の児童相談所に保護された。光一兄弟を迎えに来た祖父が、「お前の母親は最低だ」といった一言に反発し、祖父の首をしめようとし、引き取りを拒否された。一人児童相談所に残された光一は、ある日施設から逃げだし、妹の住む東京をめざす。その途中、偶然知り合った少女由希も一緒に行くことに。二人はともに12歳。由希は母を早くに亡くし、父親とも折り合いが悪く、けっこう危ない仕事にも関わっている。何とか東京にたどり着くことはできたのだが、祖父の家は誹謗中傷の落書きだらけで、誰も住んではいなかった。途方に暮れる二人。そんな時偶然通りかかった車に、ニルヴァーナの元信者の伊沢が乗っていた。伊沢は現在は教団から離れ、行き場のない元信者たちとともに、リサイクルの仕事をしながら共同生活をしていた。光一達もそこで働きながら、祖父の家を探してもらった。時折、光一もニルヴァーナでの生活を思い出す。数年前、母は幼い光一と朝子を連れて出家し、全財産を教団に差し出し、子ども達と別々に暮らすことになった。なかなか教団になじめない光一。しかし、強権的な洗脳で、次第に教団に染まっていく光一だが、朝子は幼なすぎていっこうになじめず、ひたすら母を恋しがるのだった。そして、母はついに無差別殺人の実行犯になってしまう。現在ではすっかり、ニルヴァーナの呪縛を断ち切った伊沢が、光一の祖父の住所を教えてくれた。二人は、再び旅立つことに。
 オウム真理教の一連の事件を下敷きにした少年と少女のロードムービー。由希の話す関西弁が、世渡り上手というか、けっこう難しい局面であってもうまくコミニュケーションをとれるアイテムとしてうまく機能していると思った。現実に、あの頃オウムの施設にいた子どもたちは、今どうしているのだろうか。現在でも、まだ形をかえても教団が存続しているのだから、10年以上経っても何らかのマインドコントロールが解けない人々もいるのかもしれない。そうしたなかでも親の影響で巻き込まれた子どもたちは、どうなってしまったのかを思いを巡らせる作品だ。映画の最後に手をつなぐ位置を変えて子ども三人の旅立ちの前途はあまりに暗いのではないだろうか。

監督:塩田明彦
出演:石田法嗣、谷村美月、西島秀俊
2005年日本映画 上映時間:132分
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

アルゼンチンババア
 石屋の涌井悟は妻が重い病気で入院中だった。毎日病院に見舞いに行くのだが、その日に限って、娘のみつこに行くようにと言いつつ石を彫っていた。病院では、母の良子の様態が急変しそのまま亡くなってしまう。しかし、悟はその知らせを聞いてそのまま、失踪してしまう。それから半年後、悟の幼なじみが町はずれにあるアルゼンチンビルのなかに涌井石材の軽トラックが止めてあるのを発見した。この家の主は通称アルゼンチンババアと呼ばれている女性だった。彼女はユリという名で、アルゼンチンからやってきて、昔はタンゴやスペイン語を教えていたのだが、現在は、一人でひっそりと暮らしている。たまに町に出ると派手な衣装と化粧で目立つ存在で、子どたちがいつしか「アルゼンチンババア」と呼ぶようになったらしい。そんな話を聞いて、みつこは一人アルゼンチンビルにむかった。ユリはみつこのことをいきなり抱きしめ、父は屋上にいるという。葬式に参列せず、納骨もまだなのになぜ家に帰ってこないのかと問いただすみつこ。しかし父は、家には帰らずここでユリのために曼荼羅を石で作るというのだ。帰って、悟の妹の早苗に報告するみつこ。早苗はスナックをやっていて、町の男達のたまり場となっていた。早苗は一計を案じ、良子の墓石を彫るよう石材をアルゼンチンビルに運び込んだ。しかし、拒否する悟。ユリは悟にタンゴを教え養蜂も教えながら、二人で暮らしていた。訪ねてくるみつこともユリは次第に仲良くなっていく。しかし、新たな事態のなかで三人は、またしても運命の糸に翻弄されてしまう。
 ミステリアスな存在としてユリが描かれている。そのためか、アルゼンチン時代に戦乱に巻き込まれたということは言われているのだが、日本に来てからの経緯があまりよくわからない。妻を愛していて、その喪失感を受け入れられないということなのだが、そこでユリとの出会いというところが描かれていない。ただ一緒にタンゴを踊るというところでの説明でいいのだろうか。また、ユリの採取した蜂蜜が媚薬効果があるというシチュエーションは、「ショコラ」を思い出してしまった。みつことの和解ということでも、想像できた結果であり、全体として感動的でもなく、ただただバンドネオンの奏でるタンゴのリズムだけが耳に残った。

監督 長尾直樹
出演 役所広司、堀北真希、鈴木京香、森下愛子
2007年日本映画 上映時間112分

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

ゆれる
 早川猛は東京で名の知れた写真家だが、母の一周忌で久しぶりに故郷の山梨に帰る。ガソリンが無くなったので、実家のガソリンスタンドで給油するのだが、そこには顔見知りの女性智恵子がいた。気づかなかったふりをしてあわてて、実家に着いたが、法要はもう始まっていた。その後、食事になり、父の勇は親戚にちやほやされる猛を非難する、それに対して言い返す猛。そんな二人の間に入ってとりなすのが、猛の兄の稔だった。母を亡くし、父と二人でガソリンスタンドを経営し炊事洗濯までこなす35歳で独身の稔だった。まじめで温厚な兄、仕事柄はでな暮らしの弟性格も対照的だった。法要の後すぐに東京に帰る予定だった猛は、幼なじみの智恵子と再会したため、実家に泊まり翌日、兄と智恵子と3人で昔よく行った渓谷に行くことになった。懐かしさと自然のなかでしゃぐ稔。彼から思いを寄せられている智恵子だが、かつて恋仲だった猛に一緒に東京へ連れて行って欲しいと密かに猛に打ち明ける。猛はカメラを持って一人で吊り橋を渡り山に入っていった。高所恐怖症の稔に、川原で待っていてと言い残し猛の後を追う智恵子。しかし、ゆれる吊り橋の途中で振り返った智恵子の後ろには稔がいた。そして、吊り橋の方に眼を向けた猛が見たのは、川に落下する智恵子の姿だった。吊り橋にしがみつく兄の元に駆けつけた猛だった。目の前で智恵子の転落を目撃し、動転している兄。しかし、ひょんなところから、事故ではなく事件として取り上げられることに。稔が智恵子を川に落としたということで、裁判になってしまった。稔の弁護人として父勇の兄である修が担当することになった。そして、足繁く留置場に通い兄と面会する猛。やがて、法廷での証言と面会での対応に変化出てくる二人。運命の判決は。
 性格も生活もまるっきり違う兄弟。実家に残った方が割を食ったという気持ちもあるのだが、それは父の勇と修の兄弟にも当てはまる。兄は、東京で弁護士事務所を開業しているが、弟の勇は山梨でガソリンスタンドを地道に経営しているという姿も対比させている。現実に吊り橋のゆれと、あわせて信じる、嫉妬、家族愛といった気持ちのゆれもまたあらわしている。なかなか、多用な見方で表現されている。

監督 西川美和
出演 オダギリジョー 、香川照之 、伊武雅刀
2006年 上映時間 119分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

バッシング
 北海道の海辺の町の古い公営住宅に暮らす、高井有子の一家は父の孝司と継母典子の三人暮らしだ。有子は、突然アルバイト先のホテルを解雇された。その理由は、有子が中東の戦時国家でボランティア活動をしていたところを武装勢力に拉致され、無事解放されて帰国したものの、身勝手な行動がああした事態を招いたのだから自己責任なのだという批判のバッシングに見舞われていたからであった。家には中傷の電話が掛かってきたり、コンビニでおでんを買うと、居合わせた若い男達がおでんをたたき落とし足で踏みつけたりする。帰宅した有子に声をかけた父も、有子がアルバイト先を一方的に解雇されたことに「やはり、あれが原因か」と言う。しかし、そう言った父にも工場の上司から退職を迫られるのであった。それというのも、会社に有子の行動を非難する電話やメールが後を絶たないということで、業務に支障をきたすというのが理由だ。30年間勤務してきたのだから何とかして欲しいと土下座をしてまで頼み込むが、聞き入れてもらえず、結局辞表を出してしまう孝司だった。有子も、出国までつき合っていた恋人と再会することにしたが、彼の口からでた言葉は、有子を一方的に避難するものだった。こうして、家族ぐるみで責められるなか、退職して酒浸りの父が飛び降り自殺をしてしまう。残された有子と典子。二人きりの葬式の後、典子が「あの人を帰して」と有子をぶってしまう。そして、初めて心を開いて話す二人だったが、有子は再び日本を出国するというのだ。
 あの、イラクでの拉致・監禁事件をモチーフにしているが、露骨で一方的なバッシングに対して、孤立無援でひたすら落ち込んでしまう主人公の姿が痛々しく、誰でもいいから日本の国の中での支援者を登場させて欲しかった。あまりに悲惨で、この国にはひどい人間しかいないのかということになってしまうではないか。ボランティアなど、金と時間に余裕のある人間のすることではないかということが映画のなかで語られている。しかし、主人公の有子は金もなく、大学受験にも敗し、日本では自己実現の方法を見いだせず、海外へ行って子どもたちとのふれあいで初めて自らの生きていることの意義を発見できたという。それはさておき、実際の事件において、いかな思想信条であろうとも、自国民が理不尽に拉致監禁されている現実に直面した場合、国はその救出に全力を傾注すべきであって、自己責任云々などとは、絶対に言ってはならなかったのだ。しかし、この国のトップの冷酷な言辞によって、被害者である人たちが、よってたかってバッシングを受けることになってしまったのだ。このことは、でっちあげた口実で戦争を仕掛け、多くの人々を殺害してきた事態を支持し続けたことともに決して忘れることはできない。
 余談になるが、この作品のDVDには劇場でのトークが入っているが、小林監督がギターを抱えていて、昔林ヒロシという名で高田渡に師事していたフォークシンガーだったことがわかた。映画の最後に流れた曲ともどもなかなか印象に残った。


監督 小林政広
出演 占部房子、田中隆三、香川照之、大塚寧々
2005年日本映画 上映時間82分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

ラスト・キング・オブ・スコットランド
 1971年1月、スコットランドの医大を卒業したニコラスは、地球儀を回し冒険と好奇心にかられて、ウガンダにある診療所で働くことになった。折りしも軍事クーデターによってオボテ政権から、英国の支援を受けたイディ・アミンが、新大統領の座についた時だった。アミンは、国民の期待を集め、広く支持されていた。診療所で働き始めたニコラスは、劣悪な環境と未だにウガンダの多くの国民が呪い師の祈祷に頼っていることを聞き愕然とする。そんな頃、アミン新大統領が診療所の近くで演説すると聞いて、興味本意で見物に行ったニコラス。アミンのカリスマ性を秘めた熱弁に聞き入ってしまい、すっかり魅了されたニコラスだった。演説会が終わった直後、アミンの護衛兵に呼び戻されたニコラス。アミンの乗った車が牛とぶつかり怪我をしてしまったという。かけつけた、ニコラスは手当をするが、瀕死の牛が暴れようとしていたのを、治療に集中できないとアミンの銃を使い、射殺してしまった。激しい気性と、手際のいい治療で、アミンはすっかりニコラスを気に入ってしまう。そして、ニコラスを主治医として厚遇し、医学以外の面でもさまざまな領域にわたってアドバイザーとして活動することになったニコラス。アミンは、前政権のオボテ派の勢力によって何度も暗殺の危機にさらされ、疑心暗鬼になっていく。そして、一部の護衛とニコラス以外を信用しなくなったアミンの行動がニコラスの耳に入ってくるようになった。それによれば、アミン政権への不平を言ったり、反対派と目されたりオボテという疑いだけで、そうした人々が姿を消すというものだった。それでも、時間がたつにつれ、公然と反対派と目された人々が殺され、遺体もそのまま捨て置かれるという事態にまでなってしまった。そうしたなかで、ニコラスも怖くなって、国に帰りたいというのだが、許してもらえず、さらに危ない事態の種をまいてしまうのだった。
 映画では、76年のエンデベ空港へハイジャックされたエールフランス機がでてくるが、実際のアミン大統領は79年に亡命するまで、政権の座についていた。彼は、30万人とも40万人ともいわれた反体制の人々を虐殺したといわれている。それで、ついたニックネームが「人食い大統領」というものだった。他人を信用できないという人間はどこにでもいるが、彼のように権力を集中して持ち、生殺与奪の権限も独裁的にもっていると、少しでも自分に逆らうという風に思われてしまえば、即命がなくなるということだ。そうした独裁者の心情をフォレスト・ウィテカーが実に見事に演じていた。彼については、以前観た「クライング・ゲーム」でも印象深かった。また、監督としても「微笑みをもう一度」などの作品がある。左右非対称の目にすごみがあり、一度みたら忘れられない顔だ。とにかく、彼の演技に尽きる作品といえよう。


監督:ケヴィン・マクドナルド
出演:フォレスト・ウィテカー/ジェームズ・マカヴォイ
2006年英・米映画 上映時間125分

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

ドリームガールズ
1962年、デトロイト・シアターの新人オーディションに駆け込みで間に合った3人組の黒人ティーンエージャートリオによる「ドリームメッツ」。会場は大歓声でつつまれたが、惜しくも優勝は逃してしまった。そんなエフィー、ローレル、ディーナの3人に声をかけたのは、カーティスという中古車販売のかたわらショービジネスにも関わっている男だった。そして、彼は、さっそくこの劇場の売れっ子ジミー・アーリーのバックコーラスで歌わないかと誘うのだった。ディーナとローレルは大喜びだが、エフィーはバックではなくメインで歌いたいと言う。しかし、スターを夢見て、何年もかけて歌や踊りのレッスンに励み、ようやく訪れたチャンスだということで、エフィーも渋々承諾する。そして、ジミー・アーリー&ドリーメッツはエフィーの弟C.Cの書いた曲で、黒人専用ラジオ局で大ヒットをとばすのだが、たちまち白人歌手に盗作されてしまった。そこで、カーティスは全財産をなげうち、大々的な売り込みを展開し、とうとう全米チャートに躍り出ることできた。やがて、カーティスの立ちあげた「レインボー・レコード」からジミーのバックから独り立ちした彼女たちは、ドリームスという名ででデビューすることに。しかし、リードボーカルをエフィーからディーナに変更するようカーティスが命じる。パワフルで歌のうまいエフィーだが、ちょっと太めということで、そこそこの歌唱力でも美人のディーナを中心に売りこもうという戦術だった。不満を露わにするエフィー。それでも、ドリームスは連続してヒット曲を出していく。やがて、そうした現状に耐えられなくなったエフィー。そこには、カーティスを巡る愛憎もあった。そして、新たな展開が。
 アメリカの60年代から70年代にかけてのショービジネスの世界が黒人アーティストという側面から描かれている。まだ、黒人への明確な差別あるなか、画面にもキング牧師の演説や「黒人暴動」等の様子が当時のニュースとして流されていた。このような時代背景も押さえておく必要があると思った。シュープリムスがモデルとなっていると言われているように、たしかにディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)のボーカルはダイアナ・ロス風だった。しかし、エフィー(ジェニファー・ハドソン)の歌は迫力満点で圧倒されてしまった。とにかく、これらの歌を聴くだけでもこの映画を観る価値は充分にある。それと、エディ・マーフィがいい味をだしていて、存在感を示していた。


監督 ビル・コンドン
出演 ジェイミー・フォックス 、ビヨンセ・ノウルズ 、エディ・マーフィ
2006年米映画  上映時間 130分

テーマ : ドリームガールズ
ジャンル : 映画

UDON うどん
 「ここには夢がない、あるのはうどんだけ」と言い残し、故郷の讃岐から単身アメリカに渡り、お笑い芸人をめざしたものの、夢破れ借金だけを抱え帰国した松井香助。そんな香助をあたたかく迎えてくれた昔の仲間や姉夫婦。しかし、父の拓富とは気まずいままだった。そして、親友の庄助の紹介でタウン誌の仕事をすることになった。そこで、香助は数あるうどん屋の隠れた名店を紹介しようとライターの宮川恭子と県内をかけずり回るのだった。こうしてできたタウン誌は爆発的に売れて、讃岐うどんブームが到来。テレビでも取りあげられ、全国から客が殺到するのだった。こうしたブームもやがて終わりが来る。そして、香助の身の回りにも変化が起こる。うどんを通して、故郷や親のことを真剣に見つめ直す香助。そして、ある決心をするのだった。
 今では、日本中で食べられるようになった讃岐うどん。映画のなかで宇高連絡船の船上で食べたうどんの思いでが語られていたが、30年程前に私も、一度だけこのうどんを食べた記憶がある。今ではもう食べることができないから、余計に郷愁をさそうのかうまかったという思いがある。それはそうと、うどん一筋の香助のおやじが、「他人様に迷惑をかけてはいけない、お天道さまが見ているから」といったせりふがある。こうしたことを言える人が減っているのが残念至極だ。うどんを食べに多くの観光客が来るのはいいのだが、駐車違反やゴミのポイ捨てといったマナーを守れないといった連中も意図的に描かれていたと思う。実際、四国のお遍路道にも、ゴミがいっぱい捨てられているという報道もあった。それはさておき、うどんを媒介とした父子愛と友情、さらに恋愛と笑いもあるなかなかおもしろい作品だ。ただ、ユースケと小西真奈美のせりふが香川弁ではないというのはどうしてなのだろうか。

監督 本広克行
出演 ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、鈴木京香、トータス松本、小日向文世
2006年日本映画 上映時間134分

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。