FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あん
 酒場で働いていた千太郎は、酔っ払いの客の喧嘩を仲裁しようとして、逆に自らが暴力を振い、傷害罪で刑務所に入っていた。出所後、世話になった人が経営していたどら焼き屋「どら春」を引退すにあたって、後をまかされていた。近くに学校もあり、何とかやれていた。ある春の日、店に高齢の女性が貼ってあった「アルバイト募集」の紙を見て「雇ってもらえないか」と訪ねてきた。千太郎はけっこうきつい仕事だから無理だと断り、どら焼きを1個渡した。しかし、その女性は数日後、自分が作った「あん」を持参して食べてみてと言う。そのあんを食べて、千太郎は驚いた。とてもおいしいのだ。そこで、千太郎は、これだと思い、彼女を雇うことにする。その女性は吉井徳江といい、「あん」作りに専念することになった。というのは、徳江は病気で指が変形していて、接客は無理だと判断したからだ。徳江は、千太郎にあんの作り方を一から伝授する。それは、あずきの持っているうまみをやさしく引き出すというものだった。このあんの評判はよく、売上げも順調に伸びていった。この店の常連の中学生ワカナは母子家庭で、経済的に厳しい状態に置かれていた。そのため、「どら春」に級友と寄り、どら焼きを食べワカナだけを残し、他は塾に行くのだった。ワカナは帰宅する際、どら焼きの皮の失敗作を貰っていた。ある日千太郎は、店のオーナーから徳江がハンセン病ではないかという噂があるので、辞めてもらって欲しいというものだった。こうして、店を辞めた徳江だった。ある日、ワカナがマンションで飼っていたカナリアを持ってどら春を訪ねてきた。そして、千太郎に徳江の元に一緒に行って欲しいと頼むのだった。残された徳江の住所は、ハンセン病の元療養所だった。そこで、すっかり老け込んだ徳江と親友の佳子が迎えてくれた。二人は療養所で和菓子作りをしていたのだ。ワカナは徳江にカナリヤを飼って欲しいと頼み、二人は帰宅した。その後、療養所を訪ねた千太郎とワカナは徳江が亡くなっていた。徳江は千太郎に、カセットテープに声の便りが残されていた。
 どりあん助川の原作を数年前に読み、これはいいと思った。今回これを河瀬直美監督によって映画化された。原作同様ハンセン病に対する偏見と元患者たちのやるせない状況が描かれている。キャストも樹木希林と孫の内田伽羅、さらには浅田美代子が「時間ですよ」以来の樹木との共演ということも思い起こされた。それはさておき、日本では法律で、ハンセン病患者は強制隔離され、療養所に収監されてきた。戦後の1947年にはプロミンという特効薬が使われ、患者は完治したものの、1996年までいわゆる「らい予防法」は存続していた。こうしたなかで、厳しい差別の結果元患者は名前を変えたり、療養所をでても家族が受け入れてくれないなどの差別存在した。こうした現実を踏まえてのこの作品は、これまでの邦画の伝統を踏まえ、低予算であっても、きちんとした主題を訴えていて評価できよう。前回述べたように、現在多くの邦画の酷い状況とは一線を画す作品だと思う。
 

監督:河瀬直美
出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子

2015年日、仏、独映画                     上映時間:113分
スポンサーサイト
進撃の巨人 前・後編
 かつて、突然巨人たちが出現し、人類の大半は食われてしまう。このため、文明は崩壊しまし、残った人類は高い壁を三重に築き、その内側で暮らし始めた。一番内側は富裕層が、二番目は商工地区、三番目は農業地区となっていた。
幼い頃両親を亡くしたエレンは、職場を転々としていた。親友のアルミンは家業の農業を継ごうとしていた。エレンの恋人ミカサはあてもなく過ごしていた。ある日、3人は丘の上に登り、不発弾を眺めていた。すると、不発弾に海をバックにしたビキニ姿の女性が描かれていた。3人は、海が実在すること知り、壁に登って外の世界を見てみよう試みる。しかし、壁を守るソウダに制止されてしまう。すると、突如壁から巨人が顔を出し、壁の一部を壊してしまう。すると、そこから大勢の巨人が侵入してきた。そして大勢の人間が巨人に食われてしまった。エレンはミカサと逃げたが、一人取り残された赤ん坊を助けようとしたミカサは姿を消してしまった。2年後生き残った人々は、調査隊を結成し巨人との戦いにのりだす。エレンとアルミンも調査隊に入った。隊にはジャンや、力持ちのサンナギ、子持ちの女性のヒアナなどがいた。訓練を終えた調査隊は、夜間に出発した。休憩時間中に赤ん坊の声を聞いたヒアナが、廃墟に入るとそれは巨人の赤ん坊だった。すると、巨人たちが現れるが、そこにシキシマとミカサが現れて、次々に巨人を倒していった。ミカサとの再会を喜ぶエレンだったが、ミカサは腹に巨人に食われた大きな傷跡があり、シキシマと親密そうだった。アルミンは大食いの美女サシャと仲良くなる。調査団長クバルは、残っていた爆薬をトラックに積み込み壁の穴を塞ごうとしようとしていた。しかし、トラックは何者かに奪われ、爆発してしまう。周りを囲まれた調査隊は行き場を失い、エレンは巨人と闘うことを決意する。そして、アルミンが巨人に食べられようとするところを助けるが、エレンはは巨人に食われてしまう。そして、今度はミカサが危機に陥っていたところ、エレンを食べた巨人から別の巨人が現れ、巨人を次々と倒していった。
この巨人こそエレンの姿を変えたものだった。
 続編のエンド・オブ・ザワールドではエレンの小さかった頃のエピソードが描かれ、父親からある注射を打たれた後、秘密機関に襲われる。その時、エレンを助けたのがソウダだった。そうした過去を持っていたこともあってか、巨人に変身したエレンはクバルに「お前は巨人か人間かと責められる」。危うく殺されそうになったエレンを助けようとしたソウダが殺されてしまう。すると、鎧型の巨人が現れ、クバルたち政府軍を一掃してしまう。そして、エルミン、ミカサ、ハンジたちはかろうじて逃げ出した。一人エレンだけは鎧型巨人に連れて行かれた。エレンが目を覚ますと、そこは白い部屋だった。そこに現れたシキシマが巨人の謎について語った。それによると、巨人は人間が作り出した人間だという。それは、兵器として作られたが、巨人になれなかった者が自ら壁の中に籠もったという。そして、わずかな支配者たちだけが巨人の秘密を握り、今回の巨人騒動も政府による自作自演だった。そして、シキシマは政府の支配から解放しようと革命を起こそうとしていた。シキシマから革命のためには現在の人間の犠牲もやむを得ないという主張に対抗してエレンはシキシマと対決する。すると、シキシマが鎧型巨人に変身した。エレンも巨人に変身して二人は闘う。こうして、死力戦が展開する。
 原作は知らないが、あえて映画化し、しかも最近の邦画で流行の前後編と2作に分けての公開なのだが、2作あわせて185分なので、初めから1本にまとめることも可能だったろう。CGや特撮については、初めから期待していないのでとやかく言うつもりはない。ただ、キャストというか演技人のひどさはどうしょうもない。こんな程度の映画では、情けなさはどうしようもない。現在の邦画はテレビのリメイクとか本作同様コミックの映画化が主流となっている。しかも、ジャニーズやAKB、エクザイルなどが主役といったものばかりで、最初から興味もわかないものばかり。とは言え、お隣の韓国でもけっこうコミックやリメイクものがあるが、アクションものは日本より迫力もあり見応え十分な作品がけっこうある。せめて、日本でももっとがんばって欲しいという思いで一杯だ。本作も情けないということしか残らない。


監督:樋口真嗣
出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼

2015年日本映画                   前編98分、後編87分
予告犯
 ネットの生中継で新聞紙の仮面を付けた男が「明日の予告を教えてやる」と言い、これから起きる事件を予告する。最初は、集団食中毒を起こした会社に対する制裁だった。次はファーストフード店の厨房で不衛生な行為をし、それを動画共有サイトにアップした。この店員の新聞紙の仮面に拉致され制裁を加えられ、その模様も中継された。これに対して、警視庁サイバー対策課のキャリア捜査官吉野絵里香は新聞紙の仮面を付けている彼らを「シンブンシ」と呼び発信元を探すよう命じた。すると、あるネットカフェが浮かび上がった。ここに捜査を集中すると、怪しい容疑者が浮かび上がった。その利用者は「ネルソン・カトー・リカルテ」という名を使用していた。この名を使った予告犯たちは、いずれも格差社会のなか、まともな働き口から排除されていた。彼らのリーダー格の奥田は、元プログラマーだった。彼は派遣で働き、正社員にするという約束が反故にされ、仕事を辞めてしまう。こうして、闇の口入れ屋によって、山奥にある違法な廃棄物処分場に住み込みで4人の若者が投入された。奥田はプログラマーだったことから「ゲイツ」と呼ばれ、元ロッカーの「カンサイ」、元引きこもりの「ノビタ」、太った「メタボ」たちだった。そしてもう一人ネルソン・カトー・リカルテというフィリッピンから自分の父親の日本人を探しにきた若い男だった。彼は渡航費用を得るために片方の腎臓を売っていた。そのため、彼は過酷な労働で死んでしまう。現場監督はカトーの遺体を埋めてしまえというのだ。この対応に思わずメタボが監督を殴ってしまう。その場にいた他のメンバーも日頃の酷い扱いもあり、次々に殴り監督を撲殺してしまった。この後、ロッカーが持っていた青酸カリで皆で自殺しようということなった。そこで、奥田が言い出したのは、カトーが父親捜しに来た国の人間として、彼の思いに応えてやってから死んでもいいのでは、ということだった。そこで始めたのが、予告犯の一連の行動だった。そして予告犯の行動を突き止めた吉野たちのチームだった。こうして、奥田の目論見が明らかになる。それは、ネット中継のなか青酸カリを飲むのだった。そこに駆けつけたのが、吉野だった。
 この作品では、生田斗真が光っていた。グラスホッパーでの中途半端なキャラクターということもあり酷かった。本作では、格差のなかスポイルされた若者たちが一矢報いるというのは、よかった。ただ、戸田恵梨香演ずるキャリア警官がいじめと貧困から東大卒キャリアになったという設定だが、現在の格差はそうした人物を生まないというあたりを出していて、これも面白かった。
 

監督:中村義洋
出演:生田斗真、戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々

2015年日本映画            上映時間:119分
グラスポッパー
 ハロウィンで混雑する渋谷のスクランブル交差点。そこに、薬物を服用した男が運転する車が突っ込んできた。多くの死傷者がでた。その中に中学教師・鈴木の婚約者もいた。そのショックで学校を辞め渋谷のスクランブル交差点に佇む鈴木。通行人にぶつかりひざまずいた彼に、彼女を殺した犯人は「フロイライン」を探れというメモを誰かが落としていった。さっそく、この「フロイライン」に潜り込んだ鈴木。この会社は表向きは、痩せる薬などを売っているが、裏では巧妙に仕掛けた薬物入りのものを売っている。その黒幕は寺原という男で裏社会でも知られた男だ。もう車椅子での移動を余儀なくされた老人で、彼の長男が次のボスを受け継ぐことになっていた。この寺原親子こそ、薬物中毒の男を使いスクランブル交差点に車を突入させた張本人だった。鈴木は、毎日パンフレット片手に、やせ薬の売り込みをやっているが、なかなか売れない。ある日、かつての教え子だという少女が鈴木に声を掛けてきた。すると、そこに鈴木の教育係の「フロイライン」の比与子が駆け寄り、少女を無理矢理、事務所に連れ込む。そして、試飲ということで何本かの飲み物を飲ませる。すると、そこに入れられた薬物のせいで、眠りこんでしまう。鈴木は「フロイライン」の怖さを実感する。すると、比与子のスマホに連絡が入り、寺原ジュニアがもうすぐ事務所に着くという。あわてて比与子は、鈴木を伴って外にでる。ちょうど、交差点の向こうにジュニアの姿があり、信号待ちをしている。その時、ジュニアの背を押す男の姿が見え、ジュニアは走ってきたワゴン車に轢かれて即死する。比与子の命令で鈴木はジュニアを押した男の後を追う。息子の死を知った寺原はすぐに運転していた男を捕まえて、殺してしまった。そして押し屋と言われる殺し屋の居所を突き止めるため、鈴木の行方を探させた。鈴木は、この押し屋こと槿(アサガオ)の家を突き止めた。しかし、自分の探していた婚約者の仇を殺した男のことを寺原に教えることは出来ないと考えた。しかし、彼の持っていたスマホで居所が突き止められ、深夜のファミレスに比与子の率いる寺原の手下に囲まれてしまう。何とかそこから逃げだした鈴木。一方、クジラよ呼ばれる殺し屋はターゲットを催眠術にかけるように自殺に追い込む。さらに、岩西という仲介業者とともに殺人を請け負っているセミという若者はナイフを使い、瞬く間に殺人をおこなう。彼に岩西を介してクジラを殺すよう、寺原から依頼が入っていた。岩西は、セミに連絡しクジラを殺すように依頼する。一方、クジラはこれまで寺原からの殺しの依頼を受けてきたが、寺原から消されようとしていることに気がついた。鈴木は、押し屋のアサガオの一家を助けようと画策するが、結局比与子たちに捕まってしまう。監禁された鈴木に手を下そうとと寺原が車椅子でやって来た。そこに、クジラとセミもやって来る。こうしたなか、先に監禁されていた鈴木の教え子と名乗る少女も起き上がり、自力で縛られていた縄を解き、寺原に立ち向かう。こうして、寺原を巡り、クジラ、セミ、少女たちが比与子らボディガードたちと死闘を演じる。
 予告編も、アニメ原作の邦画が目白押し状態だ。本作品も、ジャニーズ事務所の若者がセミを演じていた。どうして、こんなジャニーズやエグザイル、女性陣ではAKBなどを使ったアニメ原作の邦画が氾濫しているのだろうか。どれほどの支持があるのかわからないが、こんな映画に若者の客が来るのだろうか。こんな状況では、日本の映画界の先行きが思いやられる。本作も主演の生田斗真の優柔不断で、何の展望もないままに「フロイライン」に潜入するところから、よくわからない。それに、原作にはない教え子と称する少女も、いまいち疑問が湧く。これまで、伊坂幸太郎原作の映画は、けっこう面白かった。しかし、この作品はダメだった。つまらない邦画のなかに入れざるをえない。
 

 
監督:瀧本智行
出演:生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、波瑠、菜々緒、村上淳、宇崎竜童、吉岡秀隆、石橋蓮司

2015年日本映画               上映時間:119分
龍三と七人の子分たち
  元ヤクザの高橋龍三は全身の入れ墨が見え隠れするランニングシャツで、日課の木刀の素振りをおこなっていた。現在は、息子夫婦と孫の4人暮らしだ。息子たちは休暇で泊まりがけの旅行に出かけ、龍三が留守番をすることになった。すると、電話で息子の会社の上司を名乗る男から、息子が不祥事を起こしすぐに金が必要だという。とりあえず、家中の金目のものをかき集め指定された場所に行く。そこで、龍三が持ってきたかつての組のバッジや天皇即位記念硬貨などを出すが、相手の男は取り合わない。それではと、龍三がヤッパを抜き指を詰めてけじめをつけると言い出す。そこに、龍三の弟分のマサが通りかかり、これは「オレオレ詐欺」ではないかと言う。慌てて男は逃げて行ってしまった。そこで、龍三とマサはかつてのシマを一廻りすると、そこには寸借詐欺からまだ足を洗っていない「はばかりのモキチ」の姿を見つけた。3人は龍三の家で酒を飲むが、帰宅した息子から、出て行ってくれと言われる。仕方なくマサの公団団地に転がり込むことする。そして、3人は「オレオレ詐欺」ばかりではなく、かつてのシマ内で弱者を食い物にしている、暴走族上がりの京浜連合の存在を知る。そこで、彼らを放逐するために、かつての顔なじみを年賀状を手がかりに、集合をかけることにする。集まったのは早撃ちのマック、ステッキのイチゾウ、五寸釘のヒデ、カミソリのタカらの面々だった。皆高齢で、かつての得意の武器も手が震えたり、足下もおぼつかなかった。久しぶりに顔を合わせ、皆で酒を飲みながら彼らで、一家を構えようということになった。そこで、これまでの犯罪歴を点数で換算し龍三が親分、マサが若頭となった。さっそく固めの杯を交わした。そんな折、マサの部屋に京浜連合の関係者が高級布団の売り込みにやって来た。しかし、部屋には龍三以下かつてのヤクザがたむろしており、京浜連合傘下の男は結局ふとんを置いて出て行った。ある日、大きな会社の前で食品偽装疑惑を追及するデモの集団がいた。その抗議デモの先頭には神風のヤスという龍三の顔見知りがいた。そこで、ヤスに街宣車ぐらい必要だとハッパをかけた龍三は息子のミニバンにそれらしいことを書いてスピーカーから大きな声でがなり始めた。しかし、会社側の交渉役として龍三の息子が出てきた。そこで初めて、息子の会社であることを知った龍三はどさくさ紛れに会社側から金をせしめようとした京浜連合を追い出し、龍三が街宣を止めさせると約束し、会社から100万円を受け取った。しかし、それは競馬ですぐに使い果たしてしまった。こうして京浜連合との対立を深め、ついにクラブで働いているモキチの孫娘をさらって来いと京浜連合のボス・西が命じる。それを知ったモキチは単身京浜連合の本部に乗り込む。しかし、逆にモキチは返り討ちに遭って殺されてしまう。龍三たち一龍会は、モキチの仇をとろうと準備にかかる。神風のヤスとカミソリのタカはセスナを奪って空から京浜連合を襲うことにする。後は正面から京浜連合に殴り込むことにして、モキチの遺体とともに霊柩車を奪って京浜連合のビルに向かった。ところが、神風のヤスはセスナに乗って舞い上がり、海に向かい米航空母艦を目にして鬼畜米英を叫び、空母に着艦してしまった。仕方なく龍三たちは、京浜連合に殴り込む。最後は、バスとベンツのカーアクションが繰り広げられた。
 前作のアウトレイジ1、2とは違い、どちらかというと、「みんな〜やってるか!」の系譜でドタバタコメディだ。多少レベルを下げての暴力シーンもあるが、何か中途半端でつまらない。お笑い出身の監督しては「みんな〜やってるか!」も含め、コメディは何故か面白くない。


監督:北野 武
出演:藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭

2015年日本映画                  上映時間:111分
プロフィール

skdfg

Author:skdfg
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索
Amazon

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。